コロナ禍により数々のオンライン会議ツールが普及しましたが、Zoomに次いで注目されているのがGoogle Meet(グーグルミート)です。Googleが出したサービスとあり、ほかのGoogleサービスとの親和性が高いのがうれしいポイント。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回はオンライン会議ツールを利用する方に向けて、Google Meetの特徴や機能、メリット・デメリット、Zoomとの違いについて解説します。

Google Meet(グーグルミート)とは

shutterstock_1719371716.jpg

Google Meet

Google Meetは、Googleオンライン会議サービスで、コロナ禍のリモートワークで普及したツールのひとつです。Google ハングアウトの上位サービスとしてリリースされました。

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

Googleの法人向けソリューション「G Suite」のサービスとして提供していたGoogleハングアウトがGoogle Meetに進化し、無料開放されるようになったのです。

従来のGoogle(グーグル)ハングアウトとの違いは?

まず、Google ハングアウトもGoogleオンライン会議サービスですが、今後は提供を終了してGoogle Meet とGoogle チャットへ移行する予定です。そのため、これからGoogleオンライン会議サービスを利用するならGoogle Meetを選んだほうがいいでしょう。

参加者のアカウントの有無

そのうえでGoogle MeetとGoogle ハングアウトとの違いを説明します。Google ハングアウトではミーティング参加者全員のGoogleアカウントが必須だったのに対し、Google Meetは主催者のみアカウントが必須で、参加者は不要です。

人数制限

さらに参加者数はGoogleハングアウトのだと25人ですが、Google Meetでは無料でも100人まで、有料であればプランに応じて100人以上が参加できます。

録画可否

録画ができるのはGoogle Meetのみ。参加者アカウントの有無や人数制限も含め、全体的にGoogle Meetのほうが優位性が高いです。

接続時間の上限

一方で、Google ハングアウトは接続時間の制限がありませんが、Google Meetの無料版だと60分までです。ここはGoogle ハングアウトのほうが優れています。