全世界に多くのユーザーが存在するSNSであるTwitter。毎日膨大な数のつぶやきが投稿され、見知らぬ誰かの投稿がタイムラインに流れてきます。この拡散性に注目して企業がTwitter運用をするケースが増えてきました。

Twitterでの運用がうまく進めば、集客ツールやブランディングツールとして強い効果を発揮します。しかしTwitterで結果を出すのは想像以上に難しく、何を基準に行動すればいいのか分からないケースがほとんどです。

そこで活用できるのがTwitterの分析ツール。自社や競合のツイートやアカウントを分析し、データをもとに運用をしていくためのツールです。今回はそんな分析ツールについて紹介します。おすすめのツールもいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)の分析ツールとは

Twitterの分析ツールとは何か。Twitterを効率的に伸ばしていくためには、投稿するツイートの内容がユーザーに合うかどうかを検証していく必要があります。自分ですべての情報を整理して運用していくのはかなり大変な作業です。

分析ツールは自分や他者のアカウント運営をデータとしてまとめてくれます。ツールをもとにツイートを分析して改善を繰り返すことで、よりエンゲージメントの高いアカウント運用につながるでしょう。

分析ツールを使うメリット

では分析ツールを活用したTwitter運営のメリットについて見ていきます。ツールの導入でTwitter運用がより効率的なものに変わっていくでしょう。3つの視点で解説するので参考にしてみてください。

SNS運用の問題点をデータで分析

SNSを運用するとわかると思いますが、ツイートを投稿しても思ったような反応がくることはほとんどありません。どのようなツイートをすればいいのか模索していく過程で、分析ツールは役立ちます。

Twitterで投稿したツイートを分析ツールを使ってみると、どのツイートがユーザーの反応を得られているのかチェック可能です。反応がいいものをさらに深堀して、要素を抜き出すなどしてみると、次のツイートの改善につながるでしょう。

自己分析ツールとして有効に機能する側面からも、分析ツールの使用は得策といえます。アカウント全体の方向性を定めるためにも、ぜひ活用してみましょう。

ライバルアカウントとの違いを明確化

Twitterだけではなく、何かを始めるとなれば競合の存在は無視できません。ライバルアカウントについての情報を分析できるツールも存在しているので、自社より伸びている競合がいた場合に、そのエッセンスを学ぶことが可能です。

競合がどのようにTwitterを伸ばしているのかを研究することも、SNS攻略には重要になります。その作業を効率化して、はやく確実にアカウントを成長させるツールと考えましょう。

ライバルアカウントを分析し、自社のアカウント運営ノウハウがたまるのであれば徐々に敵はいなくなるはずです。分析ツールは、ブランディングと差別化のためにも効果的に機能してくれます。

バズるツイートを研究できる

SNSではバズるコンテンツがあります。その媒体によってテイストは異なりますが、話題性の高いものを発信することができれば、アカウントの成長と認知を進めることが可能です。特に拡散力の高いTwitterでは効果絶大といえます。

バズるツイートをするためにはまず、どのようなツイートが評価されているのかを見るのが一番です。感情に訴えかけるのか、それとも有益でためになるのか、お得な情報が得られるのかなど、さまざまな視点から発信できます。

全体のトレンドを把握するといった使い方でも、有意義な使い方ができるので、活用して自社アカウントの注目度を高めましょう。

Facebook広告に興味のある方はこちらもチェック

Facebook広告に興味のある方はこちらもチェック

配信に必要な情報や費用を解説します。