本記事で学ぶ内容

・Facebook広告の画像作成のポイントが理解できる。
・Facebookの広告文の作り方が理解できる。
・Facebook広告で禁じられていることが理解できる。

Facebook広告では守らなくてはならない決まりごとがあります。

他の広告同様に広告である以上、は当たり前のことといえます。Facebook広告ならではの順守事項もありますので、本記事では、Facebook広告の、とくに画像の作り方や文章における注意点を解説します。

ガイドラインには必ず目を通すなど、広告づくりに関わる人はすべてお読みください。

※ 本解説は2014年10月10日時点での画面や内容です。ご注意ください。

Facebook広告の画像の作り方

Facebook広告において、画像はとても重要です。Facebookという名前のとおり、Facebookはもともとも大学内のソーシャルネットワークとして発展しました。そのとき顔写真の掲載がとても重要だったそうです。

つまり、Facebookでも写真は、よく見られるような画面デザインだったりレイアウトになっています。ですので、魅力的な広告画像を使うことが、重要な戦術となるわけです。

クリック率や注目度にも影響しますので、以下に注意点をかかげます。

推奨画像サイズは1200x444ピクセル

Facebookでは、デスクトップ向けかモバイル向けかなど、掲載場所が複数あります。また、デスクトップにおいては、昨今では大きなディスプレイなどもあり、ある程度大きいサイズの画像を推奨されています。

Facebook広告の画像と文章

Facebookページのカバー画像をそのサイズで作うことがもっとも無難です。そのまま使えて効率的です。最低でも横幅600ピクセルのものを用意しましょう。

600x225ピクセル未満の画像をアップロードしても使えることは使えます。しかし、横に広がった大きなサムネイルではなく、正方形の小さいサムネイルになってしまいます。これでは注目度が下がってしまう可能性が高いので、注意しましょう。

ターゲット(オーディエンス)ごとに見せたい画像を変えることもできます。見せたいユーザー属性にあった画像を用意できれば、より注目も集まるでしょう。

無料の画像ライブラリからも選べる

Facebook広告に適した画像がない場合は、無料の画像ライブラリから選べます。

Facebook広告作成画面で、図のように「ライブラリを閲覧」をクリックし、「ストック画像」を選びます。そして、広告をイメージするキーワードを入力しますと、ふさわしい画像を検索してくれます。

Facebook広告の画像は無料ライブラリからも選べる

そのなかで使えそうな画像があればクリックして選択します。

すぐに、画面下のプレビュー画面に表示されますので、Facebook広告文にあっているかなどを確認できます。

画像を自分でつくる場合の注意

画像処理ソフトなどで推奨サイズの画像をつくってアップロードすることも可能です。

ただし、その場合注意が必要です。Facebook広告では、「画像の20%をこえるテキストを使うことはできません。」と示されています。

>>広告のプレビューと編集 | Facebookヘルプセンター

いくらアピールしたくとも以下の図ですと、画像に対して文字量が20%をこえています。これでは審査に通らないので、注意しましょう。

Facebook画像作成の注意

Facebook広告の文字数

文字数は全角で、タイトルが25文字、文章が90文字です。文章は90文字とはいえ、あまりにも多いと、画像とのバランスが難しくなります。完結でシンプルな画像のほうが良い成果がでる傾向があるそうです。いろいろと試行錯誤してみましょう。

また、広告である以上ガイドラインにしたがう必要があります。

>>Facebook広告ガイドライン

成人向け商品や出会い系サービスなど、非合法なサービスや不快感を与えるような広告は、厳格に禁じられていますので、上記ガイドラインには必ず目を通しましょう。

ここがポイント

・Facebook広告の画像は1200x444ピクセルでつくる。
・文字数は全角で、タイトルが25文字、文章が90文字。
・ガイドラインには必ず目を通す。