Twitterは多くの人が使うツールであるとともに、集客をおこなうビジネスツールとしての側面も注目されています。実際に多くの人に評価されるコンテンツを絡めてプロモーションしていくことで、想像を大きく超えた成果を上げている企業もあります。

SNSの運用は一見簡単そうに見えて奥が深いものです。始めてみたはいいもののどのような運用をすればいいのか分からないことも多々あるでしょう。方向性を探ることや、需要にマッチしたツイートをすることなど、多くの作業が待ち構えています。

ツイートを多くすることでアカウントコンテンツを充実させることはできますが、その結果として多くの作業時間がとられるでしょう。そこで効率的な運用を可能にするツイートの予約投稿。外部ツールかTwitter広告に登録しておかないと使用できなかった機能が、公式に実装されたのでビジネスでの活用メリットも含めて紹介します。

Twitter(ツイッター)公式で予約投稿が可能に

Twitterの予約投稿について紹介していきます。SNS運用を効率化するために必須の機能となっているので、本記事を通して取り入れてもらえれば幸いです。

投稿スケジュールを気にすることなく投稿できる

予約投稿を活用すると、投稿スケジュールを気にすることなく、SNS運用をおこなうことが可能です。時間に追われることなくツイートを管理できるので、作業の効率化が図れるでしょう。

Twitterの運営においてツイート数は重要な要素となります。というのもアカウントを認知してもらうためには、高い頻度でツイートを見られることが必要だからです。そこでたくさんのツイートをするのですが、同じ時間に数ツイートまとめてするのは賢くありません。

もし投稿した時間にTwitterを開いているユーザーが少なかったらどうでしょう。せっかくのツイートも効果を発揮せずに終わってしまいます。投稿時間と投稿頻度は常に隣り合わせということです。

しかし時間を変えて1日にたくさんツイートをするのは大変な労力。SNSが本業ではない以上、挫折してしまう要因となってしまいます。そこでまとめてツイートを保存して、適切な時間に投稿してもらう。クオリティを保ちつつ、楽な運用を叶えてくれるのです。

参考:予約ツイート

今まで外部ツールかTwitter(ツイッター)広告に登録する必要があった

今まで予約投稿機能を使おうとしたら外部ツールかTwitter広告に登録する必要がありました。

予約投稿は、ビジネス用途のユーザー以外にも必要とされていた機能です。よりTwitterを使うときの精神的なハードルを下げることが期待できます。

多くのユーザーTwitterに触る機会が増えてれば、結果として自身のアカウントが伸びるチャンスも増えるでしょう。ぜひ予約投稿をいち早くマスターして、SNSの波に乗ってみてください。

Twitter(ツイッター)を予約投稿する方法

Twitterを予約投稿してみましょうといわれたところで、使い方がわからなければ活用できません。ここからはキャプチャ写真を活用しながら、やり方を見ていきましょう。

Twitterホームでツイートしたい文章を書く

image3.png

まずはTwitterを使用したことがあればわかると思いますが、ツイートの本文を書いていきます。ビジネス用途でTwitterを活用するということであれば、サービスに関する内容のツイートなどを打ち込んでみましょう。

ツイート内容を書き込むことができれば最初のステップは完了です。

ツイート欄の予約投稿のアイコンをクリック

image4.png

本文を書き終わったらすぐにツイートをしたくなる気持ちもあるかもしれませんが、その前に予約投稿の設定をしていきます。予約投稿の設定はツイート欄にあるボタンから可能です。投稿をしたい時間と日付を設定すると設定が完了します。

投稿日時はツイートを効果的に発信するための重要な要素です。投稿内容とフォロワーの属性に合った時間を選定してみてください。

image1.png

予約した投稿は一覧でチェック

image2.png

投稿予約後にツイート内容を再び確認したいという場合も、一覧で表示することが可能です。変更がある際に、ツイートを探すのもこれで容易になります。ツイートを選択してまた予約投稿の流れを踏めば、再度投稿の設定も可能です。

投稿を取り消ししたいといった場合もまとめて削除可能できるので、管理も簡単にできる設計となっています。