ferretでは、マーケティング業務に役立つ資料を随時公開しています。

この記事では、生成AIに関するおすすめの記事・資料をピックアップして紹介します。ぜひ、日々の業務にお役立てください。

おすすめの資料・記事

  1. 生成AIでどう変わる?リスティングの未来
  2. ChatGPTを活用した動画制作
  3. ChatGPTをマーケティング施策で活用する方法
  4. GoogleのAI検索「SGE」の登場でSEOは不要になるのか
  5. ChatGPTはSEO施策や分析業務に活用できるのか
  6. AIが作ったものは誰のもの?著作権侵害のリスクを抑えるための注意点
  7. 明日から業務効率化!GASやChatGPT、ブラウザ拡張機能の活用法

生成AIでどう変わる?リスティング広告の未来(資料)

生成AI技術が発展した最近では、リスティング広告にAI機能が実装され始めています。広告運用がAIによって自動化していく中で、「マーケターや広告運用担当者の仕事はどう変わるのだろうか」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そのような疑問に答える情報として、この資料ではGoogle広告に実装されたAI機能の概要や、今後の広告運用で注力すべきポイントが解説されています。

AIによる広告の最適化は、完全に自動で行われるというわけではありません。AIが学習するための情報として、広告アカウントの設計やLPに含まれるデータなどが使用されます。そのため、自社のマーケティング目標や商材の特徴をAIに正しく学習させるための設定が必要です。

この資料でGoogle広告の生成AI機能アカウント設計のポイントLP作りのポイントなどを把握し、AI時代の広告運用に備えましょう。

●資料の主なトピック

  • Google Marketing Live2023で発表されたGoogle広告の生成AI機能
  • 今後予想されるGoogle広告の生成AI機能
  • 生成AI実装後に重要となるLP作りのポイント
  • 生成AI実装後に重要となる広告アカウント設計のポイント
生成AIでどう変わる?リスティング広告の未来

生成AIでどう変わる?リスティング広告の未来

リスティング広告へのAI実装に向けて今注力すべきポイントを解説します

ChatGPTを活用した動画制作(資料)

代表的な生成AIのひとつであるChatGPTは、動画制作の効率化にも役立てることが可能です。この資料では、動画の企画や編集、配信などに役立つChatGPTの活用法が紹介されています。

ChatGPTは主にテキスト形式のデータを出力するAIのため、現時点では動画自体を直接生成することはできません。しかし、「自社の商品を効果的に販促するために、どのような動画を作るのが良いか」や「動画における適切なフォントサイズを教えてください」といった質問を入力し、制作を効率化することは可能です。

この資料でChatGPTの特徴活用のポイント動画制作に役立つChatGPTへの質問例などを学び、制作時間の短縮や動画のクオリティ向上に役立ててください。

●資料の主なトピック

  • ChatGPTでできること
  • ChatGPTを利用するメリット・デメリット
  • ChatGTPを活用する3つのポイント
  • 動画の企画や構成を作るためのChatGPTへの質問例
  • 動画の編集や配信を効率化するChatGPTへの質問例
ChatGPTを活用した動画制作

ChatGPTを活用した動画制作

動画の企画や編集、配信に役立つChatGPTへの質問例を紹介します

ChatGPTをマーケティング施策で活用する方法(資料)

日々マーケティング施策に取り組む中で、「もっと業務を効率化したい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

ChatGPTを活用すると、マーケティングに関する業務の一部を自動化し、効率的に施策を進めることが可能です。この資料では、ChatGPTをマーケティング施策に活用する際のポイントや、具体的なプロンプトなどが学べます。

プロンプトとは、生成AIに指示をするためのテキストのことです。ChatGPTから的確な回答を得るためには、プロンプトを詳細に記述する必要があります。

この資料でプロンプトに入れるべき要素ChatGPTを使用する際の注意点などを学び、マーケティング施策の効率化に取り組みましょう。

●資料の主なトピック

  • ChatGPTの概要
  • マーケティング施策でChatGPTを使えるシーン
  • ChatGPTのプロンプトに入れるべき要素
  • ChatGPTを利用する際の注意点
  • 広告文を作成するプロンプト例
  • 記事コンテンツを作成するプロンプト例
  • メルマガを作成するプロンプト例
  • セミナーのアイデア出しやアンケート項目を作成するプロンプト例
ChatGPTをマーケティング施策で活用する方法

ChatGPTをマーケティング施策で活用する方法

ChatGPTをマーケ施策に活用するポイントやプロンプト例を紹介します

GoogleのAI検索「SGE」の登場でSEOは不要になるのか(記事)

2023年5月に、Google検索結果に生成AIを使った情報が提示される新機能「SGE(Search Generative Experience)」が発表され、注目を集めました。この記事では、SGEの概要や、今後のSEOに対する影響などが解説されています。

SGEが登場すると、検索エンジン自体の仕様やユーザーの検索行動などが変わるため、適切な対応が必要です。この記事でSGEによる検索結果ページの変化今後必要な対策を把握し、生成AIがもたらす検索エンジンへの影響に備えましょう。

●記事の主なトピック

  • SGEの概要と注目される理由
  • SEGによって変化すること
  • SEOに対してSGEが与える影響
  • SGE対策としてやるべきこと
GoogleのAI検索「SGE」の登場でSEOは不要になるのか?SEO会社が考えていること

GoogleのAI検索「SGE」の登場でSEOは不要になるのか?SEO会社が考えていること

Googleが2023年5に発表した検索機能SGE(Search Generative Experience)は、これからの検索体験を大きく変える可能性を秘めています。SGEの概要とともに、SEOに与える影響と対策について解説します。

ChatGPTはSEO施策や分析業務に活用できるのか(記事)

SEOに関する業務を行う中で、アイデア出しや分析に時間がかかって困っているという方もいるのではないでしょうか。この記事では、ChatGPTを使ってSEO施策のスピードと質を高める方法が学べます。

ChatGPTでは、SEOコンテンツのアイデア出しだけでなく、分析作業などを自動化するプログラムコードの作成も可能です。高度な知識やスキルがなくても、情報収集やデータの加工などを自動化するプログラムを簡単に作成できます。

この記事でSEO施策に役立つChatGPTの使い方プロンプトの具体例SEOにChatGPTを使用する際の注意点などを学び、業務を効率化しましょう。

●記事の主なトピック

  • SEOコンテンツのアイデア出しにChatGPTを活用する例
  • SEOの分析業務へのChatGPT活用例
  • キーワードの平均順位別にグループ分けするプロンプト例
  • ページ内の特定のテキストを抽出するプロンプト例
話題沸騰のChatGPTはSEO施策や分析業務に活用できるのか?

話題沸騰のChatGPTはSEO施策や分析業務に活用できるのか?

爆発的に普及し、話題沸騰となっている対話型AIのChatGPT。文章の要約や生成、対話形式での質問による答えの類推に優れており、様々な業務への活用が模索されています。 そんなChatGPTをSEO担当者が施策や自身の業務にどう活用できるのか、活用するうえで押さえておくことは何かを解説します。

AIが作ったものは誰のもの?著作権侵害のリスクを抑えるための注意点(記事)

AIで生成したテキストや画像などを使用する際は、著作権侵害のリスクに注意が必要です。この記事では、AIが生成したものの著作権や気を付けるべきポイントについて、弁護士が解説しています。

生成AIはまだ普及してから日が浅く、著作権侵害にあたるかの判断基準が明確になっていない部分も存在します。そのため、生成AIを業務で使用する場合は、著作権を侵害してしまうリスクができるだけ小さくなるような対応が必要です。

この記事で著作権の基本的な考え方AI生成物の著作権に関する現状実際に訴訟が起きたケースなどを学び、AIを活用する際の参考にしてください。

●記事の主なトピック

  • AIが生成したものの著作権に関する現状
  • AI生成物が他者の著作権を侵害するリスク
  • 生成AIを使用する担当者が気を付けるべきポイント
  • 生成AIで著作権に関する訴訟が起きたケース
  • AIに関する今後の法整備の展望
AIが作ったものは誰のもの?著作権侵害のリスクを抑えるための注意点 弁護士が解説!マーケ担当者が知っておきたい法律知識

AIが作ったものは誰のもの?著作権侵害のリスクを抑えるための注意点 弁護士が解説!マーケ担当者が知っておきたい法律知識

生成AIを使う際は、他者の著作権を侵害していないかどうかに注意が必要です。現状の著作権法における生成AIの扱いや安全に活用するための注意点などについて、法律事務所ZeLo・外国法共同事業の島内洋人弁護士に伺いました。

明日から業務効率化!GASやChatGPT、ブラウザ拡張機能の活用法(記事)

様々なプロジェクトを兼務するひとりマーケターにとって、業務効率化は重要な取り組みです。しかし、忙しい日々の中で、どのように業務を効率化すればよいか考える時間がなかなか取れないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ChatGPTや無料ツールなどを使ってすぐに取り組める業務効率化のテクニックがまとめられています。

例えば、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントの操作を自動化できる「GAS(Google Apps Script)」を使うと、データ分析やレポート作成、CMSへの記事入稿などの作業を効率化できます。記事ではChatGPTでGASのコードを作るプロンプト例も紹介されているため、真似するだけで簡単に試してみることが可能です。

ChatGPTやGASのほか、ブラウザの拡張機能タスク管理のテクニックツールを使いこなすためのポイントなども学べます。取り入れられそうなツールやノウハウを見つけ、ぜひ業務効率化に取り組んでみてください。

●記事の主なトピック

  • GASとChatGPTを使った業務効率化の方法
  • ブラウザの拡張機能を利用した業務効率化テクニック
  • 日報によるタスク管理で業務を改善するコツ
  • 業務効率化ツールを使いこなすためのポイント
明日から業務効率化!GASやChatGPT、ブラウザ拡張機能の活用法【ひとりマーケターお悩み解決・前編】

明日から業務効率化!GASやChatGPT、ブラウザ拡張機能の活用法【ひとりマーケターお悩み解決・前編】

GASやスプレッドシート、ChatGPT、ブラウザの拡張機能を使うと、コストをかけずに様々なマーケティング業務を効率化できます。ひとりマーケターに役立つ業務効率化テクニックについてナイル株式会社大澤心咲氏に伺いました。

ferretのお役立ち資料一覧

img_お役立ち資料一覧.png

ferretではマーケティングに関する資料300以上ダウンロードすることができます。
各分野のさらに専門的な資料もございますので、ぜひご活用ください。