Webサイトを立ち上げたい場合、コストをかけずに手軽に構築したいというニーズは多々あります。このような場合、簡単に静的サイトを作ることができるNetlifyに興味を思っている方も多いのではないでしょうか。Netlifyを使う際にWebサイトの管理が便利になるCMSがあればとても便利です。

そこで、Netlify CMSは手軽に利用できるオープンソースのCMSとしておすすめですが、日本語で書かれた情報が少ないなど、まだ詳しくは知らないという方も多いのではないのでしょうか。

今回は、Netlify CMSをテーマに特徴や導入検討するときに気をつけるなどをご紹介することにしました。Netlify CMSに興味を持っていた方や静的なWebサイトに使用するCMSを検討していた方はぜひ参考にしてください。

Netlify CMSとは?

Netlify CMSとは、静的なWebサイトのホスティングサービスであるNetlifyで使用できるオープンソースのCMSのことです。

静的なWebサイトWordPressなどの動的なCMSと比べてあまり洗練されていなかったことを背景に、NetlifyがNetlify CMSという名称のヘッドレスCMSを開発しました。Netlify CMSを利用すれば、テキストの編集やドラッグ&ドロップによる画像アップロード、リアルタイムなプレビューなどができるUIが使えるようになり、ほかのCMSと同様にわかりやすさと操作性に優れたサイト管理が可能になります。

インストールは簡単であるため、導入のハードルが低くく、比較的スタートしやすいでしょう。また、Netlify CMSには、テンプレートが用意されており、好きなものを選択するだけでスムーズにWebサイトを開設できるので便利です。
もちろん必ずしもテンプレートの中からテーマを選ばなくてもサイトは構築できます。Webサイトブログなど、Netlify CMSを活用して効率よく管理しましょう。

Netlify CMSの特徴

Netlify CMSの特徴についてご紹介します。Netlifyが提供するCMSならではの特徴も含め魅力を把握しましょう。

Webサイト構築がスピーディーにできる

静的なサイトジェネレーターは、技術者でなければ構築が難しいという問題がありました。
ホスティングサービスのNetlifyでNetlify CMSを使い、Hugo ( go )や Gatsby (react)の静的サイトジェネレーターを使うだけでスピーディーにWebサイト構築が可能になります。テンプレートとして用意されているテーマを使えばデザイン性に優れたサイトが簡単に手に入るのです。

複数人でサイト管理ができる

管理画面が使えるようになり、これまでの静的サイトジェネレーターが弱かったとされる複数人でのサイト管理がしやすくなります。権限を制御するといった設定も可能です。

無料で使える

Netlify CMSはNetlifyの付加サービスのような存在であり、CMS自体の利用に課金設定はされていません。
そのため、Netlifyの無料プランを利用していれば、Netlify CMSも利用できることになります。

UIデザインがシンプルで使い勝手がよい

UIのデザインはとてもすっきりとした印象であり、誰にでもわかりやすいのが大きな特徴の一つと言えます。それだけではなく、投稿画面のフィールドをカスタマイズし、自分の使いやすいようにすることも可能です。
英語表記ではあるものの公式リファレンスがあり参考にできます。

Netlifyと連動すればとても効率的に使える

Netlify CMSはNetlifyが開発したCMSということもあり、これらを組み合わせて利用することで効率よく利用できます。投稿画面で編集した内容を保存するとNetlifyにより自動でビルドし公開できるなど連動ならではの動きが可能です。
静的サイトにNetlifyを使うのなら、ヘッドレスCMSはNetlify CMSとするのがよいでしょう。

Markdown記法に対応している

効率的にコンテンツの作成ができるMarkdown記法に対応しています。Markdown記法は文章の構造を明確に記述でき、簡単で覚えやすいという特徴を持ちながら、そのままHTMLに変換して表示できるという記法のことです。
文字の装飾などの作業がかかる手間が省けるのでコンテンツ制作のスピードアップに貢献します。