ferret編集部:2015年10月21日に公開された記事を再編集しています。

企業で運営するオウンドメディアはもちろん、個人のブログにおいてもGoogleAdSenseを利用している方は多いのではないでしょうか。
法人・個人問わず幅広く利用される広告配信サービスGoogleAdSenseですが、運用における厳格な規約があり、違反してしまうとアカウントが凍結されてしまう恐れがあります。

今回ご紹介する行為は明確な規約違反ですので、利用している方は正しい知識を身に付けて安全なGoogleAdSense運用を行いましょう。

AdSense プログラム ポリシー

運用前に知っておきたいGoogleAdSenseの規約違反7例

1. 自分で広告をクリック

GoogleAdSense運用の初心者がやってしまいがちな規約違反が「自分でのクリック」です。
特にアクセスが少ないサイト開設直後は、少しでもGoogleAdSenseの広告収入を増やしたいと自分でクリックしようと考えるひとが少なくありません。
ですが、当然ながらこういった行為はGoogleから厳しく監視されています。

1、2回の誤クリックであれば、そのクリック分の報酬がカウントされないだけですみますが、何度も繰り返してしまうとGoogleAdSenseのアカウント凍結になる可能性があります。
くれぐれも自分でGoogleAdSenseをクリックするのは止めましょう。

2. 他人に広告クリックを依頼

自分でなければ大丈夫だろうと、他人にクリックを依頼しようと考える方もいますが、これも同様に規約違反になります。
その他、サイト内に「GoogleAdSenseをクリックしてください」という依頼文を記載するのも規約違反になってしまいます。

これら違反行為は、提供元であるGoogleには全て管理されているので、いつかは露見してしまうでしょう。
まっとうな運用を心がけることをオススメします。

3. GoogleAdSenseコードの改変

中級者以上が犯してしまう可能性のある規約違反で、基本的にGoogleAdSenseコードは改変してはいけません。
特に配置ユニットのサイズは、変更せずに予め用意されているものを使用してください。
一部、レスポンシブ広告ユニットなどは許可された改変もありますが、それ以外の改変は原則禁止です。

正確に広告が表示されなくなるばかりか、アカウント凍結の可能性すらありますので、GoogleAdSenseコードは触らないようにしましょう。

4.別のアプリケーションにGoogleAdSenseを組み込む

こちらもコードの改変に重複する部分でもありますが、他のアプリケーションにGoogleAdSenseを組み込むのも規約違反になることがあります。
具体的には、FLASHなどのアプリケーションの中にGoogleAdSenseコードを組み込む場合などです。
あくまでも用意されたコードをそのまま使うというのが原則です。

5. Googleのウェブマスター向けガイドラインに抵触している

GoogleAdSenseを設置したサイトに対し、キーワードスタッフィングをはじめとするGoogleウェブマスター向けガイドライン違反行為もGoogleAdSenseの規約違反になる可能性があります。
検索順位を意図的に操作する行為は、Googleウェブマスター向けガイドラインに抵触する行為としてSEOにおいてもペナルティが課されます。

GoogleAdSenseも同様に違反行為とされても不思議ではありません。
アクセス数が激減するだけでなく、AdSenseまで凍結されては手の打ちようがなくなってしまうので、スパム判定を受けそうな行為は控えましょう。

6. トラフィックエクスチェンジの利用

まれにアクセス数アップのために、トラフィックチェンジを活用しているかたもいますが、トラフィックチェンジとGoogleAdSenseの併用は禁止されています。
理由としては、トラフィックチェンジでの表示によって無効なクリックや広告の表示が増える可能性があるからです。

当然ですが、類似のサービスとしてクリックエクスチェンジなども禁止とされていますので、GoogleAdSenseを活用する場合には使用しないようにしてください。

7. アナリティクスのスクリーンショットを公開する

最近急増しているのが、運営するサイトのアクセス数や収益報告をサイト上で公開している人のGoogleAdSenseアカウントが凍結される事例です。
例えば、アクセス解析ツールGoogleアナリティクスからのアクセスデータをスクリーンショットなどで公開していたり、GoogleAdSenseの収益報告をするコンテンツが該当しているようです。

Googleから違反通知が届くようですが明確な理由が今のところ公式に発表されていません。
いずれにしてもアカウント凍結のリスクが考えられるため、これらの行為は避けましょう。

参考記事:2015夏。アドセンス停止されました。今回のアドセンス祭りの気になるポイントと対策例。

まとめ

今回ご紹介したGoogleAdSense運用の禁止行為は、利用する方であれば事前に知っておくべき情報です。
「これくらいなら大丈夫だろう」と軽い気持ちで違反してしまうことが多いようですが、これら違反行為は簡単に発見されてしまいますので、くれぐれも違反しないように気をつけましょう。

仮に情報を発信するためのサイトであれば、なおさら中長期的に見たGoogleAdSenseの利用価値は高いものですので、あえてリスクを取る必要はないのです。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。