Google広告認定資格を利用するメリット

Google広告認定資格を利用するメリットとして、下記の点が挙げられます。

  • 自身にGoogle広告の専門知識があることをアピールできる
  • 所属する代理店がGoogle Partnerバッジを取得する際にサポートできる
  • 就職、転職の際に履歴書に記載できる

自身にGoogle広告の専門知識があることをアピールできる

Google広告認定資格を利用することで、自身にGoogle広告の専門知識があることをアピールすることができます。営業先での商談や顧客と面談する際に、認定資格を提示すれば広告運用の仕事獲得につなげることも可能です。

所属する代理店がGoogle Partnerバッジを取得する際にサポートできる

Google広告認定資格を保有することで、所属する代理店がGoogle Partnerバッジを取得する際にサポートを行うことができます。Google Partnerバッジに関しては後ほど詳細を解説しますが、簡単に言うとGoogle広告の正規代理店である証明のことです。

広告代理店がGoogle広告の正規代理店になるためには、広告代理店にGoogle広告認定資格を保有しているメンバーが1名以上いる必要があります。自身がGoogle認定資格を保有することで、自社の代理店が認定代理店になるきっかけを作ることが可能になります。

就職、転職の際に履歴書に記載できる

就職や転職時に使用する履歴書にGoogle広告認定資格を記載することができます。Google広告認定資格を保有していれば、Google広告運用の即戦力としてアピールすることが可能です。入社してから資格を取るのも悪くはありませんが、入社前の段階で資格を保有していた方が、周りの求職者に差を付けられます。

Google広告認定資格を取得するには

次に、Google広告認定資格を取得するまでの手順、資格取得のためのおすすめの学習方法を確認していきましょう。

受験までの手順

Google広告認定試験はWeb上で受験することができます。受験に必要なのはGoogleアカウントのみです。まだGoogleアカウントを保有していない方は、受験前に作成しておきましょう。試験を受験するには、まずGoogle広告のホームページへアクセスします。その後、スキルショップページから受験したい資格を選択します。

試験時間は75分間で、選択形式問題が50問ほど出題されます。80%以上正解できれば合格です。試験に落ちてしまった場合でも、24時間後に再受験することができるので、繰り返しチャレンジすることが可能です。

おすすめの学習方法

Google広告認定試験の学習では、Google広告検定の公式ヘルプを活用するのがおすすめです。ヘルプの内容が非常に充実しており、ヘルプの内容を覚えれば認定試験の合格レベルに十分達せます。

Google広告認定資格試験を受験されない方でも、公式ヘルプの内容は広告運用で役立ちます。社内の広告運用研修で利用するのもおすすめです。書籍や学習アプリを利用するのも良いですが、まずはGoogle広告の公式ヘルプの内容を覚えることから学習をスタートしてみると良いでしょう。

Google広告認定資格を維持する方法

Google広告認定資格は取得から1年間有効です。期限が切れた後は、再度各サービス分野の理解度テストを受験する必要があります。再受験をパスできないと、Google広告認定資格を提示することができません。無断で掲載を継続すると、資格詐称となるので注意してください。

1回試験に合格したからといって勉強を止めてしまうと、再試験に受からない可能性もあります。日常的に広告運用業務に取り組んでいる場合は問題ありませんが、特段業務に関わらない場合は、勉強を継続することをおすすめします。

▼「リスティング広告はじめてガイド」はこちら

リスティング広告はじめてガイド

リスティング広告はじめてガイド

リスティング広告の概要からメリット・デメリットをわかりやすく解説