Google広告認定資格とGoogle Partnerの違い

Google広告認定資格とよく混同されがちなのが、Google Partnerです。Google Partnerとは広告代理店に対して認定される「Google広告正規代理店」の証明です。正規代理店になると、「Google Partnerバッジ」をサイトに掲載することが可能になります。

Google Partnerは個人に対して付与される認定ではありません。個人がGoogle広告の運用スキルを持っている証明には、Google広告認定資格が利用されます。

広告代理店の中にGoogle広告認定資格の保有者がいることをアピールする代理店も少なくありませんが、広告認定資格の保有者が在籍しているからと言って、Google広告の正規代理店であるとは限りません。正規代理店であるかは、Google Partnerとして認定されているか否かで判断する必要があるので注意してください。

Google広告の認定資格でWebマーケターとしてのキャリアを強化

Google広告認定資格を保有することで、自身のGoogle広告の運用スキルや知識をアピールすることができます。Web広告業界で働きたいと考えている人に打ってつけの資格なので、積極的に検討してみましょう。

Google広告の認定資格は、試験に合格することで取得可能です。試験はWeb上で受けることが可能なので、日中仕事で忙しい方でも無理なくチャレンジできます。Google広告の公式ヘルプを通じて勉強することができ、書籍などを購入しなくても十分合格レベルに到達できるので、まずは公式ヘルプを利用して勉強してみてください。

▼「リスティング広告はじめてガイド」はこちら

リスティング広告はじめてガイド

リスティング広告はじめてガイド

リスティング広告の概要からメリット・デメリットをわかりやすく解説

関連記事

Google(グーグル)広告「キーワードプランナー」の使い方!導入から実践までを徹底解説

Google(グーグル)広告「キーワードプランナー」の使い方!導入から実践までを徹底解説

Webコンテンツ制作で一度は聞いたことがあるキーワードプランナー。役立つツールであることは浸透していますが、使い方はご存知でしょうか?意外と理解されていないGoogle広告のキーワードプランナーについて導入から実践までを解説していきます。

Google(グーグル)広告の料金はどう決める?仕組みや相場を解説

Google(グーグル)広告の料金はどう決める?仕組みや相場を解説

Google広告の公式サイトに、広告料金は出稿時に自分の予算の範囲内で自由に決められる、といった主旨の説明があります。しかし、広告出稿に関して全くの初心者である場合、どのように料金を決めるのが適切なのか相場が分からないものです。この記事では、リスティング広告初心者向けに、Google広告の料金に関する基本的な考え方を解説します。