キーワード検索によるサイトへの流入はWEBサイトを運営する上で重要な集客につながり、どのサービス担当者もSEO検索エンジン最適化)に取り組んでいます。SEOを制することが集客増加の鍵と言えるでしょう。この記事では、求人や不動産など大規模なデータベース系のロングテールキーワードSEO対策について解説します。

ロングテールキーワードとは

img-01.jpg
参考:ブログウォッチャー

ロングテールキーワードとは、検索エンジン上で検索されるキーワードの中でも検索数が少なく、ニッチな情報を求めている方が調べるキーワードを指します。

例えば「バイト」というキーワードは、含まれる意味合いが抽象的で幅広いのに対して、「居酒屋 バイト オープニング」という”尾ひれ”のワードがくっついているキーワードは検索意図が明確です。これらをロングテールキーワード(スモールワード)と呼びます。

SEO対策すべきキーワードは、下記のように検索ボリュームによって大きく3つの種類に分けられます。

キーワードの種類 特徴 SEO対策をするメリット
ビッグキーワード 上位表示にはドメインパワーやメディアの影響力が必要 検索からの流入数を急激に増加させられる
ミドルキーワード 他社コンテンツとの競争が激しい 検索からの流入数を増加させられる
ロングテールキーワード 上位を獲得しやすい、ニッチな情報が求められる ユーザーのニーズが明確でマッチしやすく、CVにつながる

「バイト」「居酒屋」などの検索ボリュームの多いキーワードをビッグキーワードと言い、ボリュームが多い分競合も多く、上位表示を狙うのが難しくなります。一方「ロングテールキーワード」は検索ボリュームに比例して流入も少なくなりますが、上位を獲得しやすいワードと言えます。検索ワードも絞られるためユーザーニーズとマッチしやすくCV(コンバージョン)が上がりやすいことがメリットです。

逆にデメリットは検索ボリュームが少ないため、より多くのキーワード対策が必要になります。一つ一つの流入の少なさを数で補完するイメージです。

このように対策するキーワードの検索ボリュームにより特徴やメリットが異なるため、運営しているサイトがどのゾーンに注力するかを戦略的に行うことがSEO対策では重要なのです。

ロングテールキーワードの対策は、一定の数が必要なためデータベース系のWebサイトが向いていると言われていますが、どのようなサイトなのかを詳しく紹介します。

求人、不動産、ECサイト…データベース系のサイトとは

データベースWebサイトとは、以下のようなジャンル(業種)のWebサイトです。

  • 人材(バイト、転職、派遣)
  • 不動産(賃貸、一戸建て、マンション、注文住宅)
  • 通販関連
  • 旅行やツアー・ホテルの検索サイト
  • 中古車の検索サイト
  • 施設(塾・学校・式場など)の検索サイト
  • 動画・ニュースコンテンツサイト

特徴的なのは「渋谷駅 アルバイト 週一」「新宿駅 アルバイト 週一」「Tシャツ メンズ 白」「Tシャツ レディース 白」などのように場所や色などを掛け合わせることで複数のページを作ることができることです。これらのジャンルは、扱うサービスの特徴からコンテンツの数が膨大になりやすく、必然的に拾うべきロングテールキーワードの数も大きくなります。

全てのキーワードに人力で対応していては、全体的な戦略の立案・実行やサイトの分析・改善に手が回せません。しかし、効果的なWebマーケティングをおこなうには、CVRの高いロングテールキーワードのSEO対策は必須になるのです。

データベース系のサイトはロングテールキーワード対策を行いたいが、現実的なリソースや手法がわからないといったことからジレンマを抱えやすく、次のような課題が見えてきます。

データベース系サイト運用者が抱える課題

データベース系サイトは、以下の3つの課題が生じやすく、SEO担当者の悩みのタネとなっていることが多いです。

  • 膨大なキーワード量への対策に行き詰っている
  • 重複ページや低質ページへの対応ができていない
  • SEO担当者が忙しすぎて手が回らない

この3つのポイントは、データベース系サイトのSEO担当者が抱えやすい悩みであり、サイトの成果を最大化するために解消すべき課題でもあります。それぞれの課題を詳しく見ていきます。

膨大なキーワード量への対策に行き詰まっている

データベース系のWebサイトは掲載するコンテンツの数が膨大なので、通常のWebサイトと比べて対策すべきロングテールキーワードの数が多くなります。

そのため、コンテンツの質や量を適切に管理したり、十分なSEO対策を進めたりする余裕が生まれにくいのです。結果として、ロングテールキーワードの対策に追われるあまり、十分なSEO対策に着手できていないという現状があります。

重複ぺージや低質ページへの対応ができていない

img-02.jpg
※図1

img-09.jpg
※図2

重複ページとは※図1のようにタイトルだけ違い、コンテンツの中身がほぼ同じ内容になっているページ、低質ページとは※図2のような検索結果が0件になるなど、内容が薄い(質が低い)ページのことです。

重複ページや低質ページGoogleから評価されないだけでなく、重複ページ、低質ページが多ければ多いほどサイト全体の評価も低くなってしまうので、この問題はサイト運営者の大きな悩みと言えます。

SEO担当者が忙しすぎてロングテールに手が回らない

サイト担当者は、先述した2つの悩み以外にも、様々な業務に工数を削られます。「ロングテールキーワード対策をやりたいけどできない…」というのがサイト担当者の本音です。

SEO対策で成果を上げるには、既存のコンテンツユーザー導線を分析して、検証と改善を繰り返すなど、未来に向けた作業が必要ですが、着手できないままだと、せっかくコンテンツが充実しているWebサイトでも、成果が上がりにくくなってしまいます。

こうした課題を解決するためにも、データベース系サイトのロングテールキーワード対策には「心強い味方」が必要ではないでしょうか。

自動でロングテール対策ページを準備できる「キーワードマッチ」

ロングテールキーワード対策の課題を解決するためには、サポートしてくれるツールを導入するのも一つの方法です。

自動でキーワードやページを準備し、重複・低質ページ問題も解決してくれる心強い味方が「キーワードマッチ」です。次からはキーワードマッチについて解説します。

キーワードマッチができること

img-03.jpg
参考:ブログウォッチャー

キーワードマッチは、十分なSEO対策ができていないデータベース系のWebサイトに導入してほしいサポートツールです。

ページのクオリティ(重複・低質)を自動チェックしながら、ロングテールキーワードに対して、1つずつ対策ページを準備することが出来ます。

キーワードマッチがこうした作業をサポートしてくれるのでSEO担当者の工数が削減され、既存コンテンツの検証・改善といった未来のための作業に集中できるのです。

どんなキーワードを対策しているか?

キーワードマッチを活用すると、膨大なロングテールキーワードに対応するコンテンツを作成してくれます。例えば、以下のようなキーワードのページが生成されるのです。

img-05.jpg
参考:ブログウォッチャー

上図はほんの一例ですが、例えば駅だけでも全国に9,000件以上もあり、駅×キーワードの掛け合わせを行うことで何万、何十万件ものページが出来上がります。これらを人力で管理、分析するには多くのコストや工数がかかります。

キーワードマッチを活用することで、自動的にこれらのキーワードにマッチしたコンテンツを生成できるので、時間的コストを抑えながら流入・CVの増加やより本質的なSEO対策の戦略に時間を割くことができるメリットが得られるのです。

キーワードマッチの機能

キーワードマッチには多くの機能が搭載されていますが、ここで特筆すべき4つの機能について紹介します。

レコメンド機能

キーワードにマッチする商材が不足しているときに、ユーザーが求めているであろう商材を自動的にピックアップし、おすすめする機能です。

例えば「キーワードに一致している商材が少ない場合は部分一致している商材をおすすめする」と設定しておけば、自動的にニーズを満たした商材を表示してくれます。取りこぼしていたユーザーのニーズを拾い上げて、売上を増加させられます。

表記ゆれ検索機能

検索されたキーワードと完全に一致していなくても、同じ意味を持つ商材を自動的に選択して表示する機能です。例えば、「Web」というキーワードを「IT」や「ネット」と同義の言葉だと認識して、「Web」と検索されたときに「IT」「ネット」というキーワードが含まれている商材を自動的に表示できます。

バナー・HTML出し分け機能

キーワードに合わせて表示するバナーHTMLを切り替えられる機能です。キーワードごとに、画面に表示するエリアリンクも変更することができるので、使い勝手の良い機能と言えます。

パンくず構造化機能

ロングテールキーワードによって自動的にパンくず構造を生成し、コンテンツの構造化をサポートする機能です。コンテンツの構造化や内部リンクSEO対策の一環としても重要なポイントですが、コンテンツの数が増えてくると手を回せなくなってしまいやすいのです。コンテンツ数が多くなりやすいデータベースWebサイトには必須の機能と言えるでしょう。

キーワードマッチの導入事例

img-06.jpg
参考:ブログウォッチャー

キーワードマッチは100以上のサイトで導入されており、そのうち90%以上のサイトが継続して年間契約を結んでいます。成果が実感できている証拠と言えるでしょう。

すでにキーワードマッチを導入して成果を上げている「アルバイトメディア」と「通販メディア」の事例を紹介します。

アルバイトメディアの事例

img-07.jpg
参考:ブログウォッチャー

アルバイトメディアは、キーワードマッチを導入したことで検索流入のユーザー数が30%アップしました。加えて、コンテンツを作成してくれる機能によって、インデックスされたコンテンツの数も100万を超えています。

ロングテールキーワードの中でも、3語以上が組み合わされたニッチなものや時期によって検索数が変動する時期キーワード、イベントキーワードなどを対策したことで、CVにつながりやすいユーザーを獲得できています。

通販メディアの事例

img-08.jpg
参考:ブログウォッチャー

自社ブランドの衣類を販売する中堅ファッションサイトでもキーワードマッチが活用されています。こちらのサイトでは、キーワードマッチによって流入したユーザー数は月間20万人増加、月間売上も1,000万円以上増加しました。

アパレルという商材の特徴上、ユーザーはサイズ、色などの細かなニーズを持っています。これらをロングテールキーワードとして拾い上げたことで、大きな成果が上げられたと考えられます。また、卒業式や入社式といったイベントごとのページを作成したことで、TPOに合わせた服の販売につながり、売上額が増加したと言えるでしょう。

キーワードマッチでロングテールキーワード対策を!

ロングテールキーワードはCVに直結しやすいキーワードなので、Webからの集客や売上アップを目指すのであれば適切な対策をおこなうべきです。ロングテールキーワードからユーザーのニーズを的確に読み取り、ニーズに応えるコンテンツを制作できれば、高い確率でCVに繋げられます。

しかし、データベース系のWebサイトが拾うべきロングテールキーワードは膨大な数になってしまうため、人力のSEO対策には限界があります。ロングテールキーワード対策がおざなりになってしまうと、多くの流入やCVを取りこぼしてしまうのです。

キーワードマッチのように、ロングテールキーワードのSEO対策に特化したツールを導入すれば、コストや時間を削減したままオーガニック流入数やCV数を増加させられます。

一方で、ロングテールキーワードの数が多くないジャンルであれば、キーワードマッチのようにコンテンツを自動生成してくれるツールは必要ないでしょう。むしろ、ひとつひとつのコンテンツの質を高めて、コンテンツの上位表示やCVRの向上を目指すほうが効率的です。

キーワードマッチは「拾いたいロングテールキーワードがあるのにコンテンツ制作に手が回せない」というサービスにおすすめしたい、サイト担当者に手をかけさせないツールです。CVが取れる確率を上げ、幅広いニーズに適切に応えるためにも、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。