営業代行のメリット

営業代行は、自社の営業業務をすべて任せることができます。その際のメリットについて見ていきましょう。

営業業務の教育・監督が不要

すでに営業業務のノウハウを持っているチームが営業代行を行うため、人材の教育が不要です。そのため、人材教育にかかる費用や時間が不要になります。

営業業務ごと委託するため、マネージャーや管理職が業務を監督する必要がありません。その分、ほかの業務に時間を割くことができます。

営業戦略やマネージメントなどを担当するケースもある

営業代行のなかには、単に営業業務を引き受けるだけではなく、営業戦略やマネージメントといった上級工程を担当するケースもあります。自社の営業力が弱く、根本的に改善したいといった場合は、とても頼りになります。

難易度の高い営業業務をこなしてくれる

自社の商品やサービスが、専門性が高かったりニッチなものだったりした場合、通常の営業力ではなかなか成果が上がらない場合があります。

しかし、営業代行は営業のプロ集団です。難しい営業に対するノウハウを持っているため、自社だけではできなかった営業業務をこなしてくれる可能性が高くなります

営業の仕組みをゼロから構築したい場合にサポートしてくれる

営業代行は、営業業務を全部引き受けてくれるサービスです。そのため、自社の営業業務を根本的に改善したい場合や、営業をゼロから立ち上げたいという場合でも対応してくれます。

特に、スタートアップなどで営業部門をゼロから立ち上げたいという場合、営業代行を活用することでスピーディに営業の体制を整えることができます

営業代行の注意点

営業力を短期間で増強できる営業代行ですが、利用する上での注意点も存在します。

費用がかさむ場合がある

営業代行の料金体系はいくつかありますが、もっとも多いのが成果報酬です。そのため、大きな成果があった場合、多額の報酬が発生する可能性があります。

特に、営業代行の規模が大きく(=代行チームの人数が多く)なればなるほど、成果報酬も大きくなるので注意しましょう。

受注が必ず決まるわけではない

営業代行を使い営業業務を行っても、必ずしも受注につながるとは限りません。その場合でも、営業代行に関する固定費は発生します。そもそも営業という業務は、絶対成果が上がるというものではないため、これに関しては致し方ない部分もあります。

一定期間、営業代行をお願いしても思ったような成果が上がらない場合は、違う営業代行サービスに変えてみるなどの措置が必要になります。

営業代行で営業力の改善を

営業代行は、スタートアップなどで自社に営業部門を作れない場合や、営業を担当する人材を用意することができない場合、既存の営業システムを改善したい場合などに有効なサービスです。

一方で、自社の営業力を増強したいという場合は、営業代行よりも営業派遣のほうが適しています。まずは自社の営業力を分析し、どのようにしたいのかを判断してから、営業代行なり営業委託なりを検討するのがいいでしょう。