読書は、実務経験だけでは得られない知識を得るのに有効な手段です。しかし、「ビジネス」という枠組みだけでも毎年膨大な書籍が出版されており、何を読んだらいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。また、仕事があるため読書に使える時間が限られている方もいるかもしれません。

そのような方には、普遍的なビジネススキルが学べる古典的な名著がオススメです。

20年以上前に初版が発売され重版や改定が行われ続けている名著には、長く読まれる理由があります。

今回は、自己啓発、マネジメント理論/組織戦略、マーケティング理論が学べる書籍15冊を厳選し、まとめました。学びたいスキルに合わせて、下記の書籍を参考に新たな知識習得に励んでみてはいかがでしょうか。
  

自己啓発に役立つ名著4選

1. 7つの習慣|スティーブン・R・コヴィー

business-books.001.jpeg
http://amzn.asia/gsy8MYE

"7つの習慣"は、普遍的な「成功」の原則を7種類の習慣としてまとめた自己啓発書です。その習慣とは、「私的成功」「公的成功」の2つに分類して考えます。

例えば、私的成功は「主体性を持つこと」「生活や仕事においてゴールを思い描く」など、自分自身に関わる習慣を指します。

公的成功は「Win-Winの関係を考える」「シナジーを作り出す」など対人関係に関わる習慣を指します。一見すると“当たり前”に感じる項目ですが、仕事において積極的に取り入れる習慣と言えるでしょう。
  

2. 道をひらく|松下幸之助

business-books.002.jpeg
http://amzn.asia/3gPZR4N

"道をひらく"は、Panasonic(旧 松下電気器具製作所)を創業した松下幸之助氏の著書です。松下氏自身の経験を記した短編集です。

この本では、「素直に生きること」「謙虚であること」など、松下氏が感じた働く上での心構えを知ることができます。また、「(人が相互に)与え合うことで世の中は成り立つ」のように、商売を行う上で「得る」よりも「与える」ことの重要性についても言及しています。
  

3. 論語と算盤|渋沢栄一

business-books.003.jpeg
http://amzn.asia/9lvCRJk

"論語と算盤"は、東京証券取引所や第一国立銀行の設立に携わった実業家、渋沢栄一氏の著書です。道徳や倫理観を説いた孔子の『論語』と、経済やお金儲け(算盤)の関係性を記した本です。

「道徳」と「お金儲け」と聞くと、相反する価値観のようにも見えますが、「義理があるからこそ商売が成り立つ」と、双方を一致させる重要性を述べています。目上の人を敬うこと、相手のためを思って行動することなど、論語の道徳観をビジネスに応用した書籍です。
  

4. 思考は現実化する|ナポレオン・ヒル

business-books.004.jpeg
http://amzn.asia/iw11M1T

"思考は現実化する"は、成功者へのインタビューから導き出した思考と実践方法を法則にした書籍です。日常的に実践できる普遍的な要素がまとめられています。

「成功したい」という願望や目標を、具体的に行動できるレベルのイメージに落とし込み、実行に移すというのが大きな流れです。実行する上で、目標の再確認や他者との協力、行動の改善を行います。漠然とした思考を具体的な目標にむけて「どう動くか」のスキルが学べるでしょう。