Web制作をはじめ、クライアントの抱える問題を引き出す際、必要となるのがヒアリングシートです。
最低限、聞いておくべきことをヒアリングシートにまとめておくだけで聞き忘れ防止だけでなく、クライアントの希望・要望を正確に聞き出すことができます。

特にヒアリングシートをはじめて作る際、何を聞けば良いのか分からない、ということ経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。
その場合は、ヒアリングシートのテンプレートが公開されているので、そちらをベースに活用してみましょう。

目的別で活用できるヒアリングシートをまとめていますので、是非ダウンロードしてみてください。

Webサイト制作用テンプレート

1.Webサイト制作用ヒアリングシートテンプレート

Webサイト制作用ヒアリングシートテンプレート
http://www.mtecweb.com/blog/?p=466
一般的なホームページを制作しようと思ったときに使いやすいテンプレートです。

クライアント情報、基本情報、サイトについての情報をまとめることができるようになっています。
特にメモを取る内容が多くなりがちな箇所は、記入欄を大きめにしています。Excel版、PDF版の2種類を利用することが可能です。

2.無料チェックシート付き!Web制作の初回ヒヤリングで確認したい項目リスト

無料チェックシート付き!Web制作の初回ヒヤリングで確認したい項目リスト
https://www.misoca.jp/blog/checklist_for_first_hearing_in_web_site_consulting
ホームページ制作で事前に確認しておくべき内容をまとめたテンプレートです。

フリーランス活動をしていた筆者が、実際に初回ヒアリングで聞いていた項目を集約した、実用性の高いものとなっています。
配布形式はExcelとなっていますので、テンプレートをベースにしてオリジナルの項目を付け加えたりすることもできます。

3. ヒアリングシート

ヒアリングシート
http://www.bizocean.jp/doc/detail/517814/
ホームページ制作の依頼を受けた時にやりとりで使えるテンプレートです。

少ない項目でクライアントの基本情報をメインに書けるざっくりとした内容となっています。
サイトの具体的な希望といった情報を書く項目はありませんので、依頼情報をとりあえずまとめたいという時にオススメです。

4.005ホームページは憧れの存在!?【後編】 - ヒアリングシート(無料)の活用とサイト制作後の運用ポイント

005ホームページは憧れの存在!?【後編】 - ヒアリングシート(無料)の活用とサイト制作後の運用ポイント
http://makepo.jp/content/column/restaurant-marketing/2015-03-19.html
ホームページ制作で使える無料のヒアリングシートを公開している上、活用方法、運用段階で必要なことまでまとめた記事です。
ヒアリングシートの使い方がよくわからない、うまく使いこなせていないという方には参考になる情報が満載です。

初心者の方は、記事を読みながらシートを実際に使ってみることをオススメします。

5.WEBサイト制作前やデザイン制作時に欠かせないヒアリングシートを作り直してみた

WEBサイト制作前やデザイン制作時に欠かせないヒアリングシートを作り直してみた
http://www.asparagus.jp/blog/web_hearing_sheet/
ホームページのデザイン制作をする時のヒアリングにしっかり使えるテンプレートです。

デザインテイスト、サイトカラー、フォントイメージといった具体的な内容を盛り込んでおり、デザインの枠組みをスムーズに作るサポートをしてくれます。
実際にヒアリングシートを普段使う企業が作り直したものなので、無駄のないテンプレートとなっています。

6.ウェブデザインヒアリングシート

ウェブデザインヒアリングシート
http://gihyo.jp/design/serial/01/digital-brand-management/0009

クライアントのニーズをしっかりと割り出すことを目的とした、テンプレートの配布、ヒアリングのステップをまとめた記事です。
ステークホルダー、ターゲット特性、競合ブランド/商品、ブランド/商品について、プロジェクトゴールの5ステップで聞きながらシートに書き込むことができます。

記事もあわせて読んでおくと、シートを有効活用することができます。

7.ヒアリングシートテンプレート

ヒアリングシートテンプレート
http://commte.net/blog/archives/4977
メール問い合わせ返信用テンプレート、ヒアリングシートをあわせて公開している記事です。

ホームページ制作依頼を受けたときに最低限聞いておきたい情報をまとめています。
コーポレートサイト、ECサイトの依頼を受けたときの問い合わせに活用することができます。

面接用テンプレート

8.面接ヒアリングシート 面接(ビジネス) 無料テンプレートダウンロード(ホウフリンク)

面接ヒアリングシート 面接(ビジネス) 無料テンプレートダウンロード(ホウフリンク)
https://www.hofu.link/products/myphp1.php?&no1=1&no2=1&tno=1&pg=1
面接で聞いておくべき内容をおさえたテンプレートです。

志望動機、入社後楽しみなこと、勤務希望日数といった一般的な項目が一通り入っています。
応募区分を丸で簡単にチェックできるリストがあるほか、シート下部に面接官の心得も記載してあり実用的な内容です。

9.面接ヒアリングシート 面接(ビジネス) 無料テンプレートダウンロード(ホウフリンク)

面接ヒアリングシート 面接(ビジネス) 無料テンプレートダウンロード(ホウフリンク)
https://www.hofu.link/products/myphp1.php?&no1=1&no2=1&tno=3&pg=1
記入項目が充実している、面接向けヒアリングシートテンプレートです。

募集を知った経緯、離職・応募理由、経験といった面接で聞いておきたい質問から、車の免許、免許資格、転職の可否、勤務や労働条件の希望などの確認しておくべき項目までフルにまとまっています。
順に質問しながら使いやすいのも特徴的です。

10.面接ヒアリングシート(面談シート・面接チェックシート)の見本・サンプル

面接ヒアリングシート(面談シート・面接チェックシート)の見本・サンプル
http://template.k-solution.info/2007/03/01_excel_1_18.html
エクセルで作成した、カスタマイズしやすい面接用ヒアリングシートテンプレートです。

履歴書に通常入っている項目は省いたシンプルな内容となっていますので、そのままでもスムーズに使えます。
もちろん、欲しい項目があった場合のカスタマイズも簡単です。同じページでワード形式のテンプレートも配布しています。

11.面接ヒアリングシート

面接ヒアリングシート
http://kaishaseikatsu.biz/format/saiyou/mensetsu/mensetsuhearing1.html
採用面接で便利なテンプレートです。

次回面接担当者への引き継ぎ欄があるのが特徴的で、聞き漏らしを防げるだけでなく、引き継ぎもしやすい内容です。
また、提出書類のチェック欄があるのもユニークです。記入形式の項目がほとんどですので、気になる点を書き入れやすくなっています。

複数回の面接をおこなう企業には特にオススメしたいシートとなっています。

営業用テンプレート

12.ヒアリングシートの例

ヒアリングシートの例
https://www.skillots.com/contents/help_e/knowhow_hearing
販促物制作の相談を想定したヒアリングシートテンプレートです。案件の目的をしっかりと聞き出しまとめることができるよう、記入項目が充実しています。
支給できる資料のメモ、依頼先を選んだ理由・期待することを書く欄もありますので、案件をスムーズに進めるのにも役立ちます。

Excel、PDF形式の2タイプを配布していますのでそのまま印刷することも、カスタマイズすることも可能です。

13.Excelで作るA41枚のヒヤリングシート

Excelで作るA41枚のヒヤリングシート
http://www.bizocean.jp/doc/detail/516778/
現状のビジネスについての分析欄を大きくとっており、自由な記入が可能なヒアリングシートです。

長文はもちろん、グラフを挿入できるほど余裕があるのがポイントです。
また、Excel形式となっていますので好みの形式にカスタマイズすることもできます。

あらゆる営業活動、ビジネスに幅広く使えるシートです。

14.ヒアリングシート(営業)

ヒアリングシート(営業)
http://www.bizclip.jp/tpl?c[]=117&f=1&bs=
Excel形式の営業向けヒアリングシートテンプレートです。

ヒアリング目的、背景、顧客の課題・解決策、競合比較といった項目に加え、受注予定や金額、必須質問事項まで揃っています。
また、ヒアリング後の行動スケジュール、上司コメントの記入欄がありますので、その後のアクションにつながるシートとなっています。

社内用、その他のテンプレート

15.「ヒアリングシート」を上手に活用しよう。 | 社内報担当者のための情報サイト SHAHOO!(シャホー!)

「ヒアリングシート」を上手に活用しよう。 | 社内報担当者のための情報サイト SHAHOO!(シャホー!)
http://shahoo.jp/series/lesson/lesson12.html
社内報担当者向け情報を発信する「SHAHOO!」の提供です。

社内報づくりで欠かせない取材で活躍する、便利なヒアリングシートサンプルを公開しています。事前に取材相手に基礎項目を書いてもらうことで、短時間の取材でも密度の濃いものにすることができます。
取材で話がブレてしまうことがある、聞きたい質問が聞けないことがあるという方にオススメです。

16.気になることヒアリングシート(新人・先輩用)PDFファイル

気になることヒアリングシート(新人・先輩用)PDFファイル
http://www.insource.co.jp/download/download_top.html
会社の先輩、後輩が思いや考えを引き出す際に使えるヒアリングシートです。
お互いが思う気になる職場での言動を書いて使用します。

記入欄は基本行動、業務スキル、その他の3枠で比較的自由度が高いのが特徴です。

17.ガイドラインヒアリングシートを作成する雛形テンプレート

ガイドラインヒアリングシートを作成する雛形テンプレート
http://www.item1616.com/word/jinji-hyouka-01.html
ガイドラインヒアリングシートの簡単なテンプレートです。

人事制度改革を考えている時に使うことができます。
グレードの基本イメージ、グレードに求められる能力・行動などを抽出して書き出すことで、これまでの資格制度を見直し、新しいグレード設定をすることが可能です。

ファイルは使いやすいWord形式となっています。

18.[汎用]ヒアリング・メモ【1AR011】

[汎用]ヒアリング・メモ【1AR011】
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20060402/234142/
汎用性の高い、ワンシートのテンプレートです。

様々な案件の情報整理に欠かせない、必須項目に絞って収録していますのであらゆるビジネス案件に対応することができます。
すっきりとしてデザイン性も高く、横型になっているのも特徴です。

ファイル形式はpptです。

まとめ

以上、用途別ヒアリングシートのテンプレートをまとめてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

カスタマイズできる形式のものも多いので、テンプレートをベースに自分なりにアレンジすればより活用することができます。
打ち合わせの時間を有効に使って必要な情報を聞き出すためにも、一度ヒアリングシートを導入してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

新しい時代の資金調達方法「クラウドファンディング」について理解できる記事4選
資金調達の新たな手段!クラウドファンディングサービス19選
ビジネスを行う上で知っておきたい基礎知識5選

このニュースにおすすめのカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラムを体系立てて学びましょう。