新たなビジネスの展開や新たな商材(サービス)の販売などを検討する際、市場にリリースする前にさまざまな角度から分析を行う必要があります。「STP(エスティーピー)分析」は、特にマーケティング初心者の方であれば、まず押さえておきたいものの一つです。

今回は、STP分析についての基礎と、STP分析を行うメリットや注意点、分析を行う際に参考にしたい指標例などを紹介します。身近な商品やサービスに当てはめて、実際に分析を行う練習を始めてみましょう。

ferretも使ってみた競合分析ができるツールって?

ferretも使ってみた競合分析ができるツールって?

簡単に3C分析・競合分析ができるDockpitでできることを資料で見てみる

STP(エスティーピー)分析とは

STP分析とは、セグメンテーション(市場細分化)、ターゲティング(狙う市場の決定)、ポジショニング(自社の立ち位置の明確化)の3つの英単語の頭文字をとって名付けられた分析法。 マーケティング論で知られるフィリップ・コトラーが提唱したフレームワークで、業種や商材などを問わず活用できます。

新たにビジネスを展開するにあたって、自社そのものや販売する商品・サービスなどの立ち位置を明確にすることは必要不可欠。ビジネスを取り巻く環境を理解してどのような立ち位置を取るかによって、その後の戦略はもちろん、大きな利益を得られるかどうかまで影響を及ぼすからです。

STP分析では、セグメンテーションで市場の全体像を把握し、ターゲティングでその中から狙うべき市場を決定し、ポジショニングで競合他社との位置関係を決定します。

ここで常に意識したいポイントは「ユーザー目線」。ユーザーの行動を客観的に把握し、それに応じた事業展開を行うことが、STP分析をより有意義にする秘訣です。

マーケターにおすすめの資料『STP分析とは?』をダウンロード

マーケターにおすすめの資料『STP分析とは?』をダウンロード

STP分析の資料を手元に置いていつでもおさらいできるようにしましょう。