コンテンツ制作を行う際、軸となるキーワードを選定するためにどのような情報を参考にしているでしょうか。

キーワードプランナーで検索ボリュームを取得したり、Googleトレンドでキーワードトレンド推移を確認したりするのが一般的ですが、同様に検索エンジンのサジェスト機能も参考にするべき項目です。
ただ、サジェストで表示されるキーワードを確認するのに、いちいち検索窓に入力していくのは非常に時間がかかり非効率です。

今回は、サジェストキーワードを一括でダウンロードできるツールをご紹介します。

サジェストとは?

検索エンジンなどで検索キーワードを入力した時(あるいはキーワードを入力し終わる前に)、そのキーワードと一緒に検索される確率が高い単語が自動的に表示される機能を「サジェスト」と呼び、表示キーワードを「サジェストキーワード」と呼びます。

サジェストについての詳しい解説はこちら
進化し続けるGoogleのサジェスト機能(オートコンプリート)をの基礎を理解しよう

サジェストキーワードの選定基準は「検索ボリューム」「検索ユーザーの居住地・使用言語」「ユーザーが直前に検索したキーワード」が影響すると明言されていますが、パーソナライズが進む今は個々人のデータを反映させたサジェストキーワードになっていると見られています。

サジェストキーワードDLツール

サジェストキーワード一括ダウンロードツール

Googleサジェストから検索ワード候補を一括ダウンロード『グーグルサジェスト_キーワード一括DLツール』.png
サジェストキーワード一括ダウンロードツール
サジェストキーワードを一度に確認できるツールです。
表示されたキーワードCSV形式でダウンロードすることも可能です。
サジェストキーワードはかなりの頻度で入れ替わるため、定期的にサジェストキーワードをチェックしてデータとして蓄積することで、どのようなキーワードが常駐しているのかが把握できます。

同シリーズでYahoo!、Bing、YouTube、Amazonのサジェストキーワードも取得可能です。

参考
ヤフーサジェスト キーワード一括DLツール
ビングサジェスト キーワード一括DLツール
アマゾンサジェスト キーワード一括DLツール
ユーチューブサジェスト キーワード一括DLツール

goodkeyword

goodkeyword___Google_Bing_Yahoo関連キーワードツール.png
goodkeyword
goodkeywordの場合、サジェストキーワードCSV形式でのダウンロードはできませんが、その代わりキーワードを一度にコピーできる機能がついているため、テキストエディタやスプレッドシートにそのまま貼り付けることができます。

「ferret」の関連キーワード___goodkeyword.png
Google トレンドのデータも確認できるため、キーワードの流行度も同時に確認できます。

まとめ

コンテンツを作成する時、まずはユーザーニーズをイメージし、そのニーズに対してどのような解答を出せばいいのかというところからスタートしましょう。
ユーザーが抱えるニーズを探しだす手段はいくつか存在しますが、それらに記載されていることが全て正解というわけではありません。

検索ボリュームやサジェストキーワード、Yahoo!知恵袋などの質問サイトで調査を行うほか、自社ユーザーに向けてのアンケートや座談会など様々な手段を適宜利用し、潜在的なニーズがどこにあるのかを探りましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策キーワードの重要性を理解しよう

SEO対策キーワードの重要性を理解しよう

SEOを行うとき、どういうキーワードで上位表示を目指すのか、という本質を考えることがとても重要です。一方で、そのキーワードを考えるということは、ユーザーのニーズや問題解決を考える、ということにもつながります。課題解決したい人が検索し、それに答えられるホームページであれば、おのずと見つけられやすくなる、というわけです。