定期的に提出しなければならないGoogleアナリティクスのレポート。膨大なデータを裁きながら、ExcelやPowerPointを駆使して作っても、「わかりづらい」とダメだしをもらったり、データを見るのが苦手な人には全く見てもらえなかったり……という方も少なくないでしょう。

そのような時は、Googleが提供しているBIツール「Googleデータポータル」で自動化すれば、簡単にGoogleアナリティクスやGoogleスプレッドシートと連携できて、分かりやすいレポートが作成ができます。

GoogleのBIツールとは

BIとはビジネスインテリジェンスの略で、企業などの組織のデータを、収集、蓄積、分析、報告することで、経営の意思決定に役立てる手法や技術のことです。

ビジネスインテリジェンスを実現するために、データを収集し、加工し、分かりやすくするソフトウェアをBIツールと言います。その中でもGoogleが提供しているBIツールが「Googleデータポータル(旧Googleデータスタジオ)」です。

Googleデータポータルの特徴

まずGoogleデータポータルの一番の特徴は、有料のツールと引けを取らない機能を持ちながら、全てを無料で使用できることです。

簡単な編集だけで、リアルタイムの計測データを1ページにまとめられるので、レポート作成やデータ分析にかかっていた時間を削減でき、作業効率が格段に向上します。その上、Google広告、YouTubeアナリティクス、Google Search Console、などのGoogleアプリとの連携も可能です。

Googleデータポータルのメリット

ここからは、Googleデータポータルのメリットを3つご紹介します。

Googleアナリティクスと連携できる

GoogleデータポータルはGoogleアカウントさえあれば、新規登録の必要もなく、その場で即利用できます。

GoogleデータポータルとGoogleアナリティクスは同じGoogle提供のサービスということもあり、難しい設定なしで連携可能です。

簡単にレポートを作成できて、以降は手間いらず

例えば、自社サイトのGoogleアナリティクスのデータを他の部署の人と共有している場合、使い慣れていない人はデータを見ることができないため、レポートを作成する必要があります。

そのレポートを表計算ソフトやパワーポイントで作成する際、以下のような作業が必要になり、膨大な時間と手間が発生するということも少なくないでしょう。

  • データをダウンロードする。
  • データを整えてグラフや表を作成する

一方で、Googleデータポータルは一度レポートの形を整えれば、後はレポート作りを自動化してくれるため、次回からは全く手間がかかりません。

レポートをチームで共有できる

Googleデータポータルは、データの共有も簡単です。他のGoogleアプリのデータと同じように、ファイルを共有設定してURLを貼り付けるだけで、すぐに共有できます