ホームページのロゴ、バナーや、ランディングページの作成時、デザインの発注について悩まれたとことはありませんか?
ホームページ全体のデザインを依頼する時とは違い、細々としたデザインを依頼した時にわざわざデザイン会社や制作会社に依頼するのは時間もお金も無駄になってしまうケースがあります。

そんな時に活用するべきなのですがクラウドソーシングです。
クラウドソーシングは比較的安価に発注可能で、デザイナーと直接やりとりできるため仕事をスピーディーに進めることができます。

今回は、ホームページのデザインの仕事を請け負えるクラウドソーシングサービスをまとめました。

デザイン周りの発注お困りの方は是非チェックしてみてください。

Webデザイン全般の依頼が可能

Webデザインだけでなく、ホームページ制作やシステム開発、記事作成等Web関連の作業は大体依頼できます。ホームページ周りでどうしても人手が足りない時のかけこみ寺として利用できそうです。

1.クラウドワークス

CW
http://crowdworks.jp/

2.ランサーズ

***
http://www.lancers.jp/

3.Job-Hub

***
https://jobhub.jp/

4.フリーストック

***
http://www.freestock.jp/

5.クラウディア

***
http://www.craudia.com/

6.クリ博オンラインワーク

***
https://www.onlinework.jp/

7.プロファインダー

***
http://www.profinder.asia/

8.クリエイティブキャンプ

***
http://crecam.com/

デザイン特化型クラウドサービス

デザイン特化型のクラウドサービスです。ロゴに特化していたり、バナー制作専門で請け負ったりと依頼内容を限定しているサービスが多く、専門性の高さで他サービスとの住み分けを図っています。
同時に、デザイナー側にもサービス提供内容が伝わりやすいためその分野が得意なスタッフが集まりやすいというメリットがあります。

9.ロゴJPコンクール

***
http://compe.logo.jp/concour/

10.みんなのクリエイティブエージェンシー

***
https://c-team.jp/

11.CREADS

***
http://www.creads.jp/

12.クラウドゲート

***
http://www.crowdgate.net/

13.CREAMi

***
http://creami.jp/

14.デザインクルー

***
http://www.designclue.co/

まとめ

今回紹介したサービスは、内容や料金帯、特色や得意なジャンルなどが異なります。
各サービスを比較したうえで、自社に合うものを選びましょう。
ただクラウドソーシングの特徴として、必ずしもプロのデザイナーが依頼を担当するわけではありません。通常の外注費用に比べて値段が安価な分、クオリティについては保証できない部分もあるため、本当にクラウドサービスで依頼して問題なさそうな依頼内容か、検討するようにしましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ