最近では、街角の小さなお店もFacebookを駆使して、コミュニケーションや集客に活用するといったことが多く見受けられるようになっています。
Facebooは人と人だけでなく、人と企業がつながるプラットフォームとしてビジネスにも浸透してきた証拠といえるでしょう。

一方で、周りが始めたからマネしてみたけど、Facebookページの開設から1~2投稿して放置してしまっている。なにを投稿していいのか分からないという方も少なくありません。
今回は、投稿内容について悩んだ人が参考にできる投稿例をまとめました。
業種的に投稿する内容に華がないから諦めているという方にとっても、投稿のヒントになると思いますので、参考にしてみてください。

1. 商品の誕生秘話・裏話に関する投稿

ポカリスエット

Facebookページhttps://www.facebook.com/pocarisweat.jp

商品が誕生するきっかけとなった誕生秘話や裏話に関する投稿は、「ここでしか聞けない」希少性のある情報です。
こういった話題がユーザーに親近感を与え、ホームページとの差別化ができるコンテンツとして新たな価値を見いだすことができます。

ポカリスエット

2. ユーザー参加型の投稿

コカ・コーラ

Facebookページhttps://www.facebook.com/cocacolapark

商品を使った簡単な意見交換ができる投稿を行い、自然にユーザーとのコミュニケーションを図る投稿です。
商品の紹介はもちろん、参加してもらう人が多ければ多いほど拡散(リーチ)に繋がります。
投稿内容は、気軽に答えられる内容であるほどいいでしょう。

コカ・コーラ

3. 美しさに共感できる投稿

ANA JAPAN

Facebookページhttps://www.facebook.com/ana.japan

Facebookページの共感を生むコンテンツの代表として挙げられるのが、「美しさ」です。広告業界においても3Bの法則(美しさ・美女(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast))に代表される美しさは人の目を惹き、共感や好感を生み出しやすいと言われています。その証拠として、ANA.JAPANの投稿に対するユーザーの行動は、自分の撮影した美しい写真を投稿しており、共感していることが見て取れます。

ANA JAPAN

4. 季節性・時事性のある投稿

ケンタッキーフライドチキン

Facebookページhttps://www.facebook.com/KFC.JP

季節や時事性のある事柄に合わせた投稿ほど、万人に共通する話題として受け入れやすい投稿になります。
特に、この投稿は、人間の心理季節(人間が心の中で感じる季節で、現実の季節より1~2ヶ月早く感じる心理)を意識して、秋の季節から連想(冬⇒クリスマス⇒チキン)できる商品を紹介していることが考えられます。

ケンタッキーフライドチキン

5. 日常にとけこむ投稿

スターバックスコーヒー

Facebookページhttps://www.facebook.com/StarbucksJapan

自社の商品を、よりキレイに美しく撮るだけでなくその状況がイメージできるように工夫を行うことで、商品を受け入れてもらう投稿も重要です。
スターバックスコーヒーの投稿では、公園にありそうなベンチで商品を撮影することで「お出かけの際に購入してコーヒーを飲む自分」といったイメージができます。

スターバックスコーヒー

6. 商品に対するこだわりや信頼が分かる投稿

土屋鞄製作所

Facebookページhttps://www.facebook.com/tsuchiyakaban

商品の製造工程や、そこに関わる人が見えることでこだわりや信頼が芽生えさすことができます。
以前、こちらの投稿でも紹介した土屋鞄製作所では、職人の一人一人がどんな人でどのようにして商品を作り上げているのかをFacebook通して紹介しています。

土屋鞄製作所

参考記事:すぐに参考にすべきコンテンツマーケティング活用事例8選

7. シズル感のある投稿

サッポロビール

Facebookページhttps://www.facebook.com/sapporobeer

デザインの業界でも精通するシズル感を意識した写真投稿が、ユーザーの欲求に訴えかける投稿になります。
サッポロビールの投稿を見てみると、ビールに合う食材と紹介し、非常にそそられますね!その投稿に反応し、自分が飲んでいるビールを写真で投稿しているユーザーもいるほどです。

サッポロビール

8. マスコットキャラを使った投稿

伊藤ハム

Facebookページhttps://www.facebook.com/itoham

Facebookページ限定のマスコットキャラを作る企業が多くなっています。マスコットキャラに扮して投稿することで、ユーザーに受け入れやすい内容に感じてもらうことができます。
伊藤ハムのマスコットキャラのハム係長もその一つです。投稿内容を見ると企業に対するコメントではなく、ハム係長に対するコメントが多く見受けられ、1つ1つの投稿に真摯に返答することでユーザー自身も特別感も得られます。

伊藤ハム

9. ユーザーが役立つ投稿

森永乳業

Facebookページhttps://www.facebook.com/hagukumi.morinagamilk

ユーザーの抱く悩みや課題に対して、役立つ情報を提供することで自然にいいね!やシェアを促すことができる投稿です。さらに、森永乳業のママとパパの子育てサポーターはぐくみでは、赤ちゃんの写真も掲載し、前述でご紹介した3Bの法則も取り入れています。

森永乳業

10. 番外編!一見、地味なイメージでも表現次第で変わる

コールマンジャパン

Facebookページhttps://www.facebook.com/ColemanJapan

Facebookページでどんな投稿をしていいのか分からないという悩みの1つに、「業界的に合わない」といったことが多く見受けられます。
しかし、アウトドア用品のコールマンジャパンはスターバックスコーヒーで紹介したように、自社のアウトドア用品を利用イメージができる写真撮影でユーザーからの反応を得ています。

コールマンジャパン

まとめ

いかがでしたでしょうか?
各社、様々な工夫をしFacebookの投稿を行っています。共通して言えることは、どのようにしてユーザーと自然なコミュニケーションが取れるかです。
自社の商品を売りたいがために、宣伝めいた投稿をしてはユーザーはアクションしてくれません。また、投稿する内容がないと思う方は、自社の商品の強みがなにで、どんな特徴があるかを一度整理してみてください。自分たちにとって当たり前のことが、ユーザーにとっては知らないことであったり、興味がある内容だったりします。
特に、3Bの法則(美しさ・美女(Beauty)、赤ちゃん(Baby)、動物(Beast))は取り入れやすいのでオススメです。

Facebookページ(フェイスブックページ)カリキュラム
https://ferret-plus.com/curriculums/facebook
近頃、大企業から街角の小さなお店まで幅広く活用しているのがフェイスブックページです。フェイスブックページ開設から運用の際に重要な反響を得やすい投稿のポイントをご説明します。無料で手軽に始められるフェイスブックページは、こちらから始めましょう。