Ferretでは毎日3~5本の記事を更新しており、その都度FacebookとTwitterで記事更新をお知らせしています。
基本的に、朝・昼・夕方の時間帯に投稿を行うのですが、投稿時間を変則的にし、どの時間帯が一番見られやすいのかを検証してみました。

今回は、約1ヶ月かけてSNS投稿を行ってきた中で、ターゲットユーザーへのリーチ率の高かった時間帯を公開します。SNS運用にお悩みの方はぜひご参考にしてみてください。

まずはターゲットユーザーの行動パターンを分析する

投稿内容を見てもらうには、ユーザーがFacebookを使用している時間帯に投稿する必要があります。
つまり、ターゲットユーザーの普段の行動パターンを予測したうえで、投稿時間のおおよそのあたりを付けていくようにしましょう。
Facebookページの場合、ファンの大まかなセグメントと、オンラインになっている時間帯を把握することができるので、そのデータを元に分析します。

※今回のデータは全てFerretのFacebookページの数値になります。

Facebookページに20~50代の男性がメインターゲット

***

オンラインになっている時間帯は朝6時から12時頃までが高い数値

***

Ferretが想定しているターゲット像も踏まえたうえで、Facebookページにいいね!をしてくれているファンは会社勤めの男性が多いと考え、そのような方たちに見てもらいやすい時間帯を考慮した結果、下記の時間帯をメインに投稿することとなりました。

通勤時間帯:6:00~8:00
ランチタイム:11:00~13:00
帰宅時間帯:17:00~18:00

その中で実験的に時間をずらしてみた投稿を行いつつ、リーチ数を検証してみたところ、ある特徴が出てきました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

リーチ数が伸びやすいのは夜。特に20~23時の時間帯

***
***

夜の時間帯の投稿リーチ数が伸びる確率が非常に高くなっています。
特に、20~23時頃に投稿したものはほぼ全て、平均より高いリーチ数を獲得しています。

ターゲットとしている方たちは電車等での移動時間、ランチタイムのちょっとした空き時間にFacebookを閲覧する、という行動パターンを想定していましたが、遅い時間帯でも予想以上に多くの方が閲覧していたようです。

また、遅い時間帯だと他のFacebookページの投稿が少なくなる傾向にあるため、20~23時という時間帯はユーザーのタイムラインに流れやすくなるためにリーチ数が増えた、という見方もできます。
(Facebookは、Facebookページの情報全てをユーザーのタイムラインに流しているわけではありません。Facebookページから発信される情報が多い場合は独自のアルゴリズム(※)によって取捨選択されたうえでユーザーのタイムラインに届けられます。)

※参考:投稿のオーガニックリーチの減少についてFacebookが公式に回答

まとめ

今回、投稿時間を変則的にすることでリーチ率の高い時間帯を見つけることができましたが、Ferretのターゲットを分析したうえで行動を予測し、それに則った投稿を続けているだけではつかめなかった特徴でもあります。

ターゲットユーザーの分析を行うことはとても重要です。特にFacebookはファンの大まかな傾向を知ることができるので、Facebookインサイトのデータはしっかり把握しまよう。また、本当にファンに届けやすい時間帯はどこなのか、常に実験しながら検証していく姿勢も重要です。

Facebookは予約投稿ができるので、遅い時間帯にリアルタイムに投稿するのが難しい方は、そちらを利用するとよいのではないでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebookとは
Facebookページの作成方法
Facebookページ「一般情報」の設定

このニュースに関連するカリキュラム

FerretにはFacebookを基礎から学べるカリキュラムが充実しています。この機会にあなたもFacebookを学んでみませんか。