顧客データや売上データなど、自社が持つ様々な情報をビジネスに活用したい場合、ETLツールが役立ちます。また、データベースやファイル形式が異なるケースであっても、ETLツールを使うことで分析の効率化が可能です。

この記事では、ETLの概要やおすすめのETLツールについて解説します。自社に合うETLツールを探している方はぜひ参考にしてください。

ETLツールとともに活用されるケースが多いBIツールについてもチェックしてみる

ETLツールとともに活用されるケースが多いBIツールについてもチェックしてみる

BIツール選びのポイントや、そのポイントに沿った各社ツールの比較などを、BIツール導入を検討する方へ向けてお届けします。

ETLとは?機能や導入時のポイント

ETLツールには、様々なデータベースに格納された情報を分析しやすい状態にする機能が備わっています。ただし、導入にはメリットだけでなく注意点もあるため、ETLの特徴について正しく把握しておくことが大切です。

以下では、ETLの主な機能や導入時のポイントについて解説します。

ETLはデータの抽出・加工・格納を行うツール

ETLツールによって可能なデータの処理は次の3つです。

抽出(Extract)

一般的に、企業が扱うデータは専用のデータベースに保存されているものと、ExcelファイルやCSVファイルとして保存されているものが混在しています。複数の箇所に散らばっているデータから、分析に必要なデータを自動的に抽出することがETLツールの機能です。

加工(Transform)

抽出されたデータは、ETLツールによって分析しやすい形式に加工されます。重複データやエラーデータを排除したり、データを種類別に分類したりすることで、データ分析やレポート作成の準備が可能です。

格納(Load)

ETLツールによって抽出・加工が行われた情報は、データを保存するためのシステムに格納されます。

これら3つの処理によって、データ分析の準備を整えることがETLツールの主な機能です。

ETLツールを導入するメリットと注意点

ETLツールを導入するメリットとして、社内で扱うデータが膨大であっても、効率よく分析できることが挙げられます。多くのETLツールには大量のデータを高速処理する機能が備わっているため、扱う情報量にかかわらずスムーズな分析が可能です。

また、データ分析に必要な処理を自動化できる点も、ETLツールのメリットとして挙げられます。ETLツールを導入すると、ビジネスに関するデータを手作業で分類したり、加工したりする手間がかかりません。

ただし、社内に蓄積されているデータが少ない場合は、ETLツールを導入しても業務効率はあまり変わらないでしょう。そのため、ETLツール導入にかかる手間やコストと、得られるメリットを比較検討する必要があります。

さらに、導入後の運用体制をあらかじめ決めておくことも、ETLツールを導入する際に注意するべきポイントです。運用や分析を行う担当者や、どのような分析を行うかなどをあらかじめ決めたうえでETLツールを導入しましょう。