カバー写真やプロフィール写真など、各SNSごとに使用できる画像のサイズは決まっています。
それぞれのSNSに適したサイズにリサイズしてアップロードしなければ、見た目が崩れてしまいます。

しかし、一枚の画像を複数のSNSで使用したい場合、その都度リサイズするのは時間も手間もかかってしまいます。

今回は、その手間を省く無料のWebサービス「LANDSCAPE」をご紹介します。
インターネット環境と使用したい画像さえあれば、誰でも一瞬でリサイズすることができます。
気になる方はぜひ使用してみてください。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebook広告でつかう画像サイズと文字量
動物画像が豊富なフリー画像サイト7選
ブラウザ上から簡単に画像のリサイズができるbulkresizephotosは本気でオススメ!

LANDSCAPEとは

LANDSCAPE.png
http://sproutsocial.com/landscape

LANDSCAPEとは、一枚の画像を複数のSNSの画像サイズに一度でリサイズすることができるWebサービスです。
対応しているSNSは、Twitter・Facebook・インスタグラム・LinkedInGoogle+・Pinterest・Youtubeです。

例えば、Facebookのカバー写真をTwitterのカバー写真としても使用したい場合、通常であれば都度リサイズする必要があります。
リサイズの工程は意外と手間がかかる場合が多く、すべてのSNSのプロフィール写真を統一しようとすると無駄に時間を取られてしまいます。

LANDSCAPEを使用すれば、最大でも2分程度(筆者は最短47秒、最長2分でした)で、各SNSに適した画像サイズに仕上げることができます。

使用方法

step1.

1.png
LANDSCAPEにアクセスし、画面中央の「Drop your images here or upload」部分に画像をアップロードします。
ドラッグアンドドロップで枠内に画像を入れ込むか、メッセージ部分をクリックして画像をアップロードしてください。

step2.

2.png
画像をアップロードしたら、使用するSNSを選択します。
ここでは、Twitterを選択するとします。
選択したら「NEXT」をクリックしてください。
なお、複数のSNSを選択することも可能です。
選択したSNSは、上画像のように緑色の枠がつきます。

step3.

3.png
続いて、どこで画像を使用するのかを選択します。
プロフィール、ヘッダーなど選択することができますので、該当のものを選択してください。
ここでは、プロフィール写真を選択します。
なお、ここでも複数選択することができますので、例えばプロフィール写真とカバー写真を同じにしたい場合など、2つを選択することができます。
選択したら「NEXT」をクリックしてください。

step4.

4.png
画像の大きさを調整します。
画像下に表示されているバー(画像赤枠部分)で、丸印をマウスでつかんで横にスライドすると、画像の大きさが変更します。
任意の大きさに調整してください。

調整したら「DOWNLOAD」をクリックしてください。
自動で画像がダウンロードされ、これでリサイズ完了です。
画像はzip形式でダウンロードされますので、解凍して使用してください。

まとめ

SNSごとにしっかり画像をリサイズすることで、画像のクオリティを一定に保つことができます。
一枚の画像を各SNSで統一して使用すれば、同一人物のアカウントであることをすぐに把握することができますので、アカウントのブランディングにも役立ちます。

便利なサービスですので、ブックマークして使用することをオススメします。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Facebook広告でつかう画像サイズと文字量
動物画像が豊富なフリー画像サイト7選
ブラウザ上から簡単に画像のリサイズができるbulkresizephotosは本気でオススメ!

このニュースに関連するカリキュラム

Facebook広告でつかう画像サイズと文字量

Facebook広告でつかう画像サイズと文字量

Facebook広告は簡単につくれます。いっぽうで、画像や文章には工夫が必要となります。とくに画像はサイズや文字量なども注意し、ターゲットごとに配信画像を変えるなど、活用したいものです。