WordPressは世界で一番使われているCMSです。
様々な人がそれぞれの目的に合わせたテンプレートを公開してくれており、無料で使うことが出来ます。

今回はそれらのテンプレートの中から、目的別にそれぞれ1つずつピックアップしました。

SEOに強いテーマをお探しなら「Xeory Base」

Xeory_Base.png
Xeory Base
Xeory Baseは、「バズ部」を運営するWeb制作会社の株式会社ルーシーが無料で提供しているWordPressテーマです。

こちらのテーマはシンプルなデザインですが、CTA(記事下に配置する問い合わせなどへの動線)の機能など、必要な機能は漏れなく搭載されています。

また、Xeory Baseの管理画面にはSEOマニュアルが搭載されています。
ですので、わからないことがあってもネットで調べる手間が省けますし、バズ部がどのような考えに基づいてSEOの設計を行っているかを垣間見ることができます。

CSS(ホームページの共通デザインを設定できるファイル)などの構成ファイルも非常に読みやすく作られています。
初めてWordPressのテンプレートを触る人でも、少し勉強をすれば自分好みにカスタマイズしやすくなっています。

シンプルなテーマをお探しなら「The Bootstrap」

The_Bootstrap_—_無料の_WordPress_テーマ.png
The Bootstrap
本来「Bootstrap(ブートストラップ)」というのは、Twitter社が開発した「CSSフレームワーク」というホームページデザインを定義するプログラムのテンプレートを指します。

この「Bootstrap」を使用して作られたテンプレートが、今回紹介する「The Bootstrap」です。

このテンプレートはスマートフォンから見た時もデザインが崩れない「レスポンシブデザイン」に対応しています。
シンプルな作りですが、「検索窓」、「グローバルナビゲーション」、「最新記事」などのブログに必要なコンテンツが見やすい形式で配置されています。

また、サイドバーの背景色がそれ以外の背景色と異なった作りになっています。
これによって、サイドバー内のコンテンツごとに背景色の区分けがされており、どこまでがひと固まりのコンテンツなのかを把握しやすくなっています。

なお、こちらのテーマは商業向けというよりは個人のブログにオススメのテーマです。
商業向けのサイトを作るのであれば、次のテーマがおすすめです。

企業サイト向けのテーマなら「Xeory Extension」

Xeory_Extension.jpeg
Xeory_Extension
最初のテンプレートを提供している株式会社ルーシーが作成した企業サイト用テンプレート「Xeory Extension」です。
こちらのテンプレートは、Xeory Baseと違って管理画面上から変更できる箇所が多くあります。

具体的に言うと、管理画面上からサイドバーの数の変更や色の変更といったカスタマイズが可能です。
なお、Xeory Base と同様に各記事の下にCTAの設定が可能となっています。

よって、ブログに書く内容・紹介する商品によって表示させるCTAを変更することが出来るのです。

これにより、複数商品を取り扱っていたとしてもそれぞれの商品に最適な文言で問い合わせまで誘導することが可能です。
自社の製品に関係するキーワードブログなどのコンテンツを作成し、どのような誘導文が一番効果的かを確かめてみましょう。

まとめ

WordPressのテンプレートは無数にありますが、どれを選べばいいかわからない方は、一旦以下の基準に沿って選んでもいいでしょう。

・SEOを強化したいなら Xeory Base
・シンプルなものなら The Bootstrap
・企業サイト向けなら Xeory Extension

便利なテンプレートは多数出ていますが、公式テーマ以外の中にはわざと問題が起きるようなコードを仕込んでいるテンプレートも存在しています。
よって、できるだけリスクを回避したい方は、最初のうちはWordPressの管理画面から検索できる公式テーマを使用されることをオススメします。