Twitterアカウントを運用していると、場合によってはアカウントを引き継いだり、削除したりする必要が出てきます。

アカウントの引き継ぎ・削除は正しく行わないと、メールアドレスの流出や乗っ取りなどの被害に遭う恐れがあります。

また、誤ってアカウントを削除してしまった場合のために、アカウントの復活方法も知っておくべきです。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、Twitterアカウントの引き継ぎを行う際に知っておきたいこと・アカウントの削除方法・削除したアカウントの復活方法についてご紹介します。

頻繁に使用することはありませんが、Twitterを利用する上での知識として知っておくべきことです。

必ず一読するようにしましょう。

Twitterアカウントを引き継ぐ

Twitterでは、アカウントの引き継ぎ(譲渡)は禁じられていません。
しかし、アカウントの売買を含む金銭的なやりとりが発生する場合は、認められません。

参考:
Terms of Service | Twitter

例えば企業アカウントを運営していて、担当者が退職する場合に後任の担当者へアカウントを引き継ぐ、ということは可能です。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

アカウントを引き継ぐ際に注意すること

Twitterアカウントを引き継いだ際は、特に以下の2点に注意が必要です。

1.ツイート内容

アカウントを引き継いで後任の担当者が運用する場合、これまでとは雰囲気の異なるツイート内容になりやすいです。

特にアナウンスすることなくツイート内容などアカウントの雰囲気が変わると、急激にフォロワー数が減少する場合があります。

アカウントを引き継いだ際は、一定期間担当者が変更になった旨をお知らせするツイートを固定ツイートとして表示しておくことをオススメします。

2.アカウントの権限

前任の担当者は、アカウントへログインするためのメールアドレス・パスワードを知っています。
現在の運用者以外がアカウントへログインできる状態は、アカウントの乗っ取りなどが起きやすくなります。

アカウントを引き継いだら、必ずメールアドレス・パスワードを変更し、最低限の人数のみログイン情報を把握している状態にしましょう。