シネマグラフという言葉をご存知でしょうか。
見るとクセになってしまうデザインでユーザーの目をひくことから、最近では様々なホームページなどで活用されている表現技法の一つです。

今回は、Photoshopを使用しなくてもシネマグラフを作成することができるツール5選をご紹介します。
シネマグラフの作成は難しく感じてしまいがちですが、ツールを活用すれば誰でも簡単に作成できるようになります。
これまでシネマグラフの作成に躊躇していた方も、ぜひ本記事を参考に作成してみてください。

シネマグラフとは

シネマグラフとは、一見静止画のように見える画像の一部に動きが取り入れられている、GIFアニメーションのことです。
すこし変わった表現方法として、近年人気が出ています。

ferret内の以下の記事でも、シネマグラフを取り入れたWebデザインをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
ついつい見続けてしまう!シネマグラフを取り入れたWebデザイン24選|ferret

シネマグラフの作成ができるツール5選

1.Cliplets

Cliplets.png
http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/clipletsdesktop/

Microsoftが提供している、シネマグラフ作成ソフトです。
Windows7以降に対応しているパソコンのみで使用可能です。
あらかじめ10秒以内の動画を撮影し、ソフトに取り込みます。

なお、10秒以上の動画については、ソフト内で動画内からシネマグラフに使用する部分を指定する必要があります。
動画の読み込みが終了したら、背景にしたい部分(静止画にしたい部分)とアニメーションとして動かしたいエリアを指定すれば完了です。

PhotoshopのようなUIですが、シンプルな作りになっていますので、初心者の方でも簡単に使用することができます。

2.GIMP

GIMP.png
http://www.gimp.org/downloads/

高度な編集機能を搭載していることで有名な、GIMPでもシネマグラフの作成が可能です。Windows・Macのどちらにも対応しています。

ただし、GIMPには動画を読み込む機能が搭載されていません。そこであらかじめ、撮影した動画の中からシネマグラフに使用したい場面を、jpgまたはpng形式で静止画として切り出す必要があります。

その後、切り出した画像をGIMPで読み込んで加工し、シネマグラフとして書き出すという3つの工程を踏んで作成します。
こちらもPhotoshopのようなUIですが、工程数が多いことや多機能がゆえにすこし複雑な作りになっています。

Photoshopを使い慣れたデザイナーの方などにはより高性能なGIMPをオススメしますが、初心者の方は使い慣れるまですこし時間がかかる場合があります。

参考:
無料で使える「GIMP」で画像編集を効率化しよう!

3.Cinemagraph Pro

Cinemagraph_Pro.png
https://itunes.apple.com/jp/app/cinemagraph-pro/id777874532?mt=12
App Store

こちらはアップル製品(Macパソコン、iPhone、iPad)で使用することができる、シネマグラフ作成アプリです。
シネマグラフを作成することに特化したアプリになっています。

まずあらかじめ動画を撮影し、アプリで読み込みます。
シネマグラフとして使用したい範囲を指定してください。

動画にはフィルター(エフェクト)をかけて全体をセピア色にしたりモノクロにしたりなどの加工も可能です。
その後、動かしたい部分を指定すれば完了です。

直感的に使用できるシンプルなUIであることに加え、iPhoneでも利用できますのでスマートフォン上でもシネマグラフを作成できる点が特徴です。
Apple勢品を使用している方には、こちらのアプリがオススメです。

4.motiongraph

motiongraph.png
Google Play

SONYが提供している、Android端末のスマートフォンアプリでシネマグラフを作成することができるアプリです。アプリ内で動画を撮影することができ、ホワイトバランスや露出補正、シーンの検出など細かい設定が可能です。

さらにスマートフォンでの動画撮影時は手ブレが起きやすいですが、このアプリでは手ブレ軽減機能が搭載されていますので、より完成度の高いシネマグラフを作成することができます。

さらに再生速度の変更やループの逆回転など、様々な機能が搭載されています。
SONYが誇る画像処理技術が搭載されている点も特徴ですので、Android端末を利用している方にはこちらのアプリがオススメです。

なお、2016年3月15日までは作成したシネマグラフをそのまま共有できる機能も搭載されていましたが、現在はこちらの機能のみサービスが終了しています。

5.DailyCinema

DailyCinema.png
App Store

iPhoneでシネマグラフを作成することができるアプリです。
あらかじめ撮影した動画をアプリ内で読み込み、アニメーションとして動かしたい部分をペンでこするだけでシネマグラフを作成することができます。
セピアやモノクロなどのフィルターをかけて加工することも可能です。

作成したシネマグラフはそのままスマートフォンのカメラロール内に保存されますので、SNSなどで投稿する際も特別な操作は必要ありません。
非常に簡単な操作でシネマグラフの作成ができますので、iPhoneを使用している方にはオススメです。

まとめ

作品を見るとわかりますが、シネマグラフで作成されたものは非常に目をひきます。
そのため、これまでとは異なるプロモーション方法を検討している方にはオススメしたい技法の一つです。

作成したシネマグラフは、企業のホームページなどでの使用はもちろん、インスタグラムやTwitter、FacebookなどのSNSへの投稿にも適しています。
今回ご紹介したツールは、どれもPhotoshopを使用しなくても簡単に作成できるものばかりです。
まずはインストールして一度シネマグラフを作成してみてはいかがでしょうか。