「選択麻痺」「分析麻痺」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

簡潔にいえば、ユーザーの選択肢が多すぎて決断ができず、結果的に思考停止状態に陥ってしまうことです。マーケティングの世界では、そうした状況のことを「選択麻痺」や「分析麻痺」という言葉で説明します。

2000年に、心理学者のマーク・レッパー博士とシーナ・レンガー博士が、食料品店に来店する客に、次のような実験を行いました。

ジャムが陳列してある2つの棚のうち、一つの棚は24種類のジャムが陳列してあり、その代わりにこちらの棚で買えば1ドル値引きするキャンペーンを行いました。
もう一つの棚は、6種類のジャムだけが陳列してありました。もちろん割引はありません。しかし、最終的に、より少ない選択肢の陳列棚から購入するお客さんのほうが多いという結果となりました。

実は、商品の購買を促進するランディングページにも、こうした選択麻痺を引き起こす要素はたくさんあります。
もしランディングページにたくさんの選択肢があったら、コンバージョン率を下げるだけではなく、求めている商品を購入できなかったユーザーのチャンスも奪うことになります。

今回は、「選択麻痺」を回避して、コンバージョン率をあげるための、斬新で見落としがちな3つのポイントを解説していきます。

1. 目的をたった一つに絞る

target.jpeg

ランディングページにおいて、ユーザーのストレスが最もたまりやすいことは何でしょうか。
それはWeb制作者の目的とユーザーのニーズの「不一致」です。

この不一致はなぜ起こるのでしょうか。
それは、ランディングページの最終的な目的が全くもって不明瞭なので、来訪者が簡単に離脱してしまうような"魅力のないランディングページになっている"からです。

もちろん、こうした不一致は、ランディングページ上に選択肢がたくさんあり過ぎるというのも原因の一つになっています。そうなると、先ほどのジャムの実験のように、ユーザーはどれを選べばいいのかわからなくなり、購入するのを諦めてしまうのです。

この不一致はコンバージョン率を下げる原因となるので、あなたの行うことは、ランディングページを「できるだけシンプルにすること」です。ランディングページでは、できるだけ選択肢を取り除いてください

□ ナビゲーションメニューは設置してはいけません。
□ コンバージョンボタン(Call to actionボタン)は1種類だけ設置してください。
□ コンタクトフォームや連絡先はできるだけ掲載してはいけません。

unbounce.jpg

カナダのランディングページ制作会社Unbounceは、どうすればWeb制作者の目的とユーザーのニーズの「不一致」を回避させられるかを解説しています。Unbounceが製作した「ランディングページ・コンバージョンコース」では、ゴールに必要のないものは一切取り除き、コースの中身を読みたいと思っているユーザーのほとんどが「ここをクリックしてコースを始める」というコンバージョンボタンを押すのに成功しています。

ランディングページで本当に成果を出したいのであれば、コンバージョンボタンは1種類に絞り、不要な情報は一切取り除いて、ユーザーの行動を喚起することに集中してください。