ホームページに掲載する画像、どのようにサイズ調整していますか?

画像サイズが合っていない場合、画像が小さいと粗くなったり、思うような表示にならなかったりします。
IllustratorやPhotoshopのような画像編集ソフトでサイズを変えることもできますが、複数の写真を一度に変換したいときにはあまり適していません。

そのような時に便利なのが、リサイズツールです。
ネット上では一度に複数のサイズ変換を行えたり、定形サイズに当てはめて手軽に画像加工を行えたりするリサイズツールが公開されています。

今回は、画像のサイズ変換に役にたつ7つのリサイズツールをご紹介します。
ホームページを作成する際に画像のサイズがバラバラだと、見た目にも統一感が失われてしまいます。
リサイズツールを活用して、統一したサイズで画像の掲載ができるようにしておきましょう。

ネット上で利用できる「ブラウザ型」

リサイズツールを提供しているホームページから、そのまま画像変換を行えるものです。
ソフトをダウンロードすることなく利用できるのがメリットです。

一方ではブラウザにアップロードするツールの場合、ファイルのサイズ制限があります。
もともとサイズの大きいファイルだと対応できない場合もあるので気をつけましょう。

1.Bluk Resize Photos

Bulk_Resize_Photos.png
https://bulkresizephotos.com/

加工したい画像を選択またはドロップするだけで手軽にサイズ変更ができるツールです。
サイズは元画像に対するパーセンテージや、pixelでの指定が可能です。

画像のアップロードを行わずにパソコン上で処理するため、複数の画像であっても非常に早い速度で変換できるのが特徴です。

基本設定からサイズの指定が行えるだけでなく、詳細設定から以下のような設定も行えます。

・JPEGとPNGのどちらのファイルに変換するか
・画質をどこまで下げるか
・背景色をどのように変えるか

英語表記のため、慣れないうちは使いづらいかもしれません。
画面自体はシンプルな構成なので、注意書きやアイコンを見ながら利用しましょう。

参考:
無料&インストールなしで画像のリサイズや画質変更が一括で可能な「Bulk Resize Photos」

2.BUNNER KOUBOU

画像縮小拡大・サイズ変換変更___画像加工編集サイト・フリーソフト:無料写真加工ならバナー工房.png
http://www.bannerkoubou.com/photoeditor/scaling

ホームページに画像をアップロードする形式のリサイズツールです。
10MBまでの画像を加工できます。

アップロード時点で横幅の最大値を選択し、アップロード後に縦幅と横幅が指定できます。
SNSのプロフィール画像やバナーのような定形サイズへの加工もできるので、Webの管理を行っている方には便利でしょう。

3.Image Resizer

Webで画像を縮小___Image_Resizer.png
http://resize.7zone.org/

JPEG、GIF 、PNG形式のみ対応していて、10MBまでの画像を加工できます。
横幅・縦幅の指定のほかWebやアイコンとして使われがちな画像サイズを選択して変換することもできます。

アップロードしたファイル形式から別の形式への変換はできないので注意しましょう。

ダウンロードする必要がある「ソフトウェア型」

ブラウザ上で操作を行うブラウザ型とは異なり、ダウンロードを行う必要がある「ソフトウェア型」のツールをご紹介します。
利用の際には各ソフトを立ち上げて操作します。

4.リサイズ超簡単!pro

リサイズ超簡単!.png
http://my.reset.jp/triton/RCKP.htm

サイズ変換と同時にJPEG、PNG、BMPといったファイル形式の変換も行えるツールです。
フォルダを作成すれば、複数の画像を一度に変換することもできます。
現在Windowsのみ対応しています。

参考:
画像を一瞬でリサイズできる無料ツール「リサイズ超簡単!pro」の使い方

5.縮小専用AIR

縮小専用AIR___i_section.net.png
http://labo.i-section.net/shukusen-air/

画像サイズだけでなく、ファイルのサイズを指定して変換が行えるツールです。
ファイル名の設定もできるので、変換後のファイル管理にも役に立ちます。

サイズ変換を行うだけでなく、モノクロ調にしたり、ポラロイド風にしたりと、画像の雰囲気そのものを変えることもできます。

6.Caesium

Caesium___Free_Image_Compression_Tool.png
https://saerasoft.com/caesium/

複数の画像を一度にサイズ変更できるツールです。
Windows向けのみ提供されているので、Macなどの他のOSには対応していません。

同サイトでは、5MBまでのファイルが対象のブラウザで利用できるツールも配信されています。
アップロードされたファイルは5分間という短い時間しかサーバーに保管されません。

7.Multisize Resizer

Multisize_Resizer___画像を複数サイズに一括リサイズ.png
http://mrsz.tsukuenoue.com/

1枚の画像を複数のサイズへと一括変換できるツールです。
利用時には、AdobeAIRが事前にインストールされている必要があります。

SNS向けやホームページ向けなど、同じ画像を複数のサイズで展開することが多い人にとって重宝するでしょう。

まとめ

画像のサイズを変えられるリサイズツールには大きく分けて、ネット上で処理が行える「ブラウザ型」とパソコンにダウンロードして利用する「ソフトウェア型」があります。
ブラウザ型はソフトをインストールすることなく利用でき、手軽に利用したい人にとって便利です。ソフトウェア型はファイル名の指定やファイル形式の変換など、ブラウザ型よりも比較的多くの機能を利用できるのがメリットと言えるでしょう。

自社で利用する際にはブラウザ型とソフトウェア型の違いを意識するだけでなく、下記のような点に注意しましょう。

・どのファイル形式(JPEG、PNG、GIFなど)に対応しているか
・自分が利用している端末やブラウザに対応しているか
・サイズ変換だけでなく、ファイル形式の変換も可能かどうか
・パーセンテージやpixelなど、サイズの変換はどのように指定できるか。

ネット上では多くのリサイズツールが提供されています。
利用にあたっては、それぞれのサービスのプライバシーポリシー利用規約を読み、「商用で利用できるのか」「加工した画像の著作権はどこに属しているのか」などを確認してから利用するようにしましょう。