イラストSNSとして圧倒的知名度を誇るピクシブ。その事業領域はネットにとどまらず現在も広がり続けています。

<目次>
・ピクシブとは
・こんなこともやってる!ピクシブの事業
・ピクシブ以外で会社経営も
・まとめ

ピクシブ(pixiv)とは

ピクシブ

開始1週間で会員1万超え、現在は1000万超え

2007年9月にサービスを開始したピクシブ(pixiv)。なんと開始から3日で登録ユーザー数が2,000人を超えるという快挙をなします。1万人超えるまでわずか1週間という人気ぶりを誇りました。

2014年2月の発表では、月間ページビュー数が約37億、総投稿数が4,000万作品を超え、ユーザー数も1,000万を超えたという巨大サイトに成長しています。

なお、課金の裏ワザとして、iOSアプリでpixivプレミアム4ヶ月チケットですと1600円というお得な課金も用意されてます(通常月額料金は540円)。

サーバーを自社構築、創業当時、台座はベニヤ板!

ピクシブの創業当時は、Web制作やシステム構築を受託する開発企業でした。その後、イラスト好きでエンジニアである上谷隆宏氏が中心になって立ち上げたイラストSNSがピクシブでした。そのSNSはすぐに好評を博し今日につながります。※代表取締役社長は片桐孝憲さんです。

ベニアサーバー

ベニヤ板とDCのハイブリッド! pixivインフラの今 - @IT
【20代の不格好経験】見切り発車で会社を立ち上げたが、仕事は来ず。食うや食わずの貧乏生活に~ピクシブ代表取締役社長 片桐孝憲さん - リクナビNEXTジャーナル

現在では多くのWebサービスがデータセンターで運用することが増えています。しかしピクシブは当時、サーバーを自社で構築し、しかも台座はベニア板という独自路線を進みます。その楽しそうな様子が話題になり、当時からイラスト好きのみならず、コンピュータマニアからも注目されるようなっていきました。

当時の設計をリスペクトした謹製モデルもプロダクトとして存在するようです。
丸若屋 謹製 Super Box Series pixiv B-28 型機

それぞれのジャンルで幅広く対応

ピクシブは、現在イラストによる交流の活性化を、全方位で展開しています。

ピクシブの展開

リアルではイベントや出版を手がけ、ネットではイラストコンテストやさまざまな企画などを展開します。また、収益も広告と有料会員による収益モデルを中心に成長しているようです(非公開)。

事業紹介 | ピクシブ株式会社

運営は常に注目を集めています

どこまでネタなのかわかりませんが、主力収益とみられる月額会費は、経営に非常に大きな存在といえる事件がありました。一部のサービスを無料化したとき、有料会員が減ってしまった悲しみを社長が吐露したのです。それも大きく話題となりました。

pixiv、改行機能を無料会員にも開放したよー → 有料会員減りすぎで涙目状態にp(ixi)v 社長「本当に悲しい……」 - ねとらぼ

なお、ピクシブはTwitterを広報活動にいち早く取り入れた企業としても知られています。ユーザーとの距離の近さが魅力の一つとも言えます。

ピクシブ問題

しかしその近さからピクシブ問題と言われるほどに、摩擦や衝突をも抱えることもありました。。

pixiv問題 (ぴくしぶもんだい)とは【ピクシブ百科事典】

利用規約改変、著作権、タグ、個人情報流出など、さまざまなトラブルを経験しています。しかし、そのたびに迅速に対応し柔軟に対応してきた姿勢は、多くのWeb関係者につねに注目を集めていました。