スマートフォンの爆発的な普及により、カメラはいつでも身近にあります。咄嗟に「撮りたい」という衝動に駆られたとしても、手のひらにあるスマートフォンを起動させて、その瞬間を撮影することが可能です。

きっと多くの方が偶然居合わせたスクープシーンや、大切な思い出の場面で、そのような気持ちになったことがあるのではないでしょうか。その撮影した写真・動画を通じて、フォロワーと世界観や価値観を視覚的に共有するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の一つが「インスタグラム」です。

参考:
インスタグラム【instagram】|ferretマーケティング用語辞典
  
現在、インスタグラムは全世界で5億人を越えるMAU(月間アクティブユーザー数)が存在し、オシャレに敏感な若年層を中心にユーザーを抱えています。そういった点で、インスタグラムは、ほかのSNSの文字による表現よりも直感的で使いやすく、ブランドや自社の価値観の演出が可能なSNSアプリです。

最近では有名人のインスタグラムがテレビでも頻繁に取り上げられ、企業としてもアカウントを運用することで自社へのロイヤリティを育成しやすいツールとして活用されてきています。

今回は企業のプロモーションとして使われはじめているインスタグラムを活用し、収益に結び付けた事例を紹介します。その中で、クリエイターやWeb担当者が身につけるべきインスタグラムの基礎知識や、プロカメラマンを使わなくても効果的で魅力的な写真が撮影できる方法について解説していきます。
  

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

インスタグラムの基本知識

c_tanaka04_019b.jpg

最初にインスタグラムにおける一番重要なことは「画像」です。
文章と違って写真や動画は表現したい内容を瞬時に伝えるものだからです。

訪問した時に映る画面(ファーストビュー)にインパクトや魅力がないと、即座に離脱してしまいます。1秒以下の一瞬で情報を伝えることが重要なのです。
いくら撮っている被写体が良いものでも、何の工夫もなく単純に撮影した画像では目に留まることもなく、次の写真に移動してしまいます。特にスマートフォンやタブレットからの閲覧では顕著です。

ほとんどの場合、ユーザーは気になる部分だけ見て、興味がないところはスキップしているはずです。
インスタグラムは、ほかのSNSと比較してもスクロール速度が速いので訪問者が興味を失った部分は一気に飛ばされてしまいます。この見飛ばしへの対策は、インスタグラムを有効に機能させる上で避けてはとおれない施策なのです。

では、どのような画像が「いいね!」を多く獲得するのでしょうか?

その手法を解説する前にどんな画像がダメなのかを押さえておきましょう。
  

【成功事例】 撮影法改善で「いいね!」数が500%UP

c_tanaka04_020b.jpg

そこで今回は、最近インスタグラム運営を始めた、アパレル業を営むD社の例を参考に説明していきます。

D社は新たなサービスブランドを立上げたばかりで、その認知度を早急にUPさせ、確立したいと考えており、そのためこれまでチャレンジしてこなかったSNSを活用してその課題解決を図ることにしました。インスタグラム運用が初めてだったD社は、まだ専任者を充てることができず、企画、撮影、投稿……など通常の事務業務と兼務で週3回の投稿を実施しています。

果たして、どのような課題を抱えて、どのように改善することで、いいね!数をアップさせたのでしょうか。

D社が抱えていた課題
1.	目的が明確ではなく、兼務の担当者の独断と偏見でカメラ撮影を行っていた
2.	カメラは自分のスマホを使っていて、撮影に関する知識・経験がほぼ皆無 
3.	専任者でないため「撮影」「投稿」以前に、ターゲットを明確にできていなかった。

  
そこで、D社のある担当者は簡単なルールを担当者間で設定することにして、その上で知り合いのプロカメラマンから教えてもらった撮影方法とその際の注意点をチームで徹底して撮影することに。

ここからは、その撮影方法と注意点について解説していきます。
  

カメラ撮影の実技 -課題編-

1. ブレぼけ(手ぶれ)

c_tanaka04_001.jpg

▲ 慌てて撮影した写真に見えてしまうため、インスタグラムで絶対使わないこと。丁寧さが大切
   ### 2. 被写体が小さすぎる ![c_tanaka04_002.jpg](https://ferret.akamaized.net/images/5899516a7f58a809c9000186/original.jpg?1486442858)
▲ 水に浮かぶ黄色い人形が全く不明確。きちんと撮影した意図がわかるように工夫する
   ### 3. 被写体が水平でない(水平は静、斜めは動を強調) ![c_tanaka04_003.jpg](https://ferret.akamaized.net/images/589952a3fafbd87c60000172/original.jpg?1486443169)
▲ これも慌てて撮影してしたため画像が斜めに。建物撮影の場合は水平性に気をつけること
   ### 4. 構図が単調 ![c_tanaka04_004.jpg](https://ferret.akamaized.net/images/589952a27f58a809c9000189/original.jpg?1486443169)
▲ 構図が曖昧なため、インパクトが薄い写真となっている。撮影時、構図は重要
   ### 5. 撮影の目的が不明確 ![c_tanaka04_005.jpg](https://ferret.akamaized.net/images/589952a1781b87372100016b/original.jpg?1486443169)
▲ 何を伝えたいのか不明な写真。紅葉で風が強い表現が薄い
  

きちんと構図や目的等を整理できていない状態で撮影すると、先述のような写真になりがちです。

ただ、これではインスタグラムに画像を投稿しても閲覧者に全く響かず、記憶に残らないまま次の画像へと気持ちが移ってしまいます。まさにD社はそのような状況が続いていました。つまりは、自社ブランドを構築するどころかマイナスイメージになってしまいかねない状況だったということです。

このように、手軽に写真(画像)を投稿できることが逆にマイナスに働かないためにも、アマチュアでもプロ同然の写真撮影ができるようになる必要があります。

以上のことを踏まえ、ここからはインスタグラム用の写真・動画撮影時に、知っておくだけで・心得ておくだけであたかもプロのように上手に撮影できる『簡単なテクニック』をご紹介します。
  

カメラ撮影の実技 -改善編-

プロのカメラマンを使わなくても、マーケティング担当者でもプロっぽく撮れて「いいね!」を増やすことができる撮影法が下記になります。

4つのポイントを実践するだけでプロ並みの撮影ができるはずです。まずは試してみてください。
  

1. カメラをしっかり固定して撮る!(ブレ防止)

基本中の基本です。手ぶれ補正付きのカメラでもしっかりと固定して撮影しましょう。

c_tanaka04_006.jpg

2. 背景をぼかして撮る!

カメラのモードは絞り優先モードにして、強調したい被写体が際立たせます。

c_tanaka04_007.jpg

仮に、絞り優先モードなどの機能がないカメラでは、撮影後のPhotoshopなどの画像処理ソフトを使って背景範囲をぼかしましょう。
  

3. 構図は三分割手法で撮る!

写体をど真ん中に置いた写真はどうしても単調で、つまらない写真になってしまいます。

c_tanaka04_008.jpg

画面を縦横に三分割して、線がクロスした部分に被写体を配置して撮影します。
  

4. 物建の写真は角を撮る!

オセロゲームのように、写真撮影において"角"は大切です。
建物や尖った物は鋭角な角を強調することで質感が強調された写真になります。
  
c_tanaka04_013.jpg

以上、改善編の1~4のポイントをきちんと行うことによって劇的に画像のクオリティーが向上します。
実際にD社は、ユーザーの目線に立ち、具体的にどのような画像を投稿するのかという部分を精査したことも大きな変化ではありますが、プラスαとして先述のようなポイントを実践してきました。

その結果、投稿する写真画像のわずかなブレボケと構図を改善するだけで、D社は「いいね!」数や「フォロワー」数をたった1ヵ月で前月比で5倍にまで引き上げることに成功しました。
  

写真加工アプリを活用して、さらに「いいね!」数をアップさせる

続いて、ここからは先述で紹介した撮影手法だけではなく、ひと工夫するだけで、もっと「いいね!」数を増やすことができる方法について解説していきます。

それは文字を入れる写真加工アプリです。

低品質の写真画像でも文字を入れ込むだけでメッセージのインパクトや丁寧な手造り感を醸成し、好感度の高いインスタグラムに変身できます。

その中でオススメのアプリを3つご紹介します。
  

1. PERSTEXT(パーステキスト)

c_tanaka04_016.jpg

PERSTEXT(パーステキスト)は、写真に奥行き感のあるパース文字を挿入できる写真加工アプリです。
使い方も直感的で誰でも簡単に文字を意のままに挿入できます。試してみてはいかがでしょうか。
素敵なインスタグラムに変身することでしょう。

決まった被写体をただ撮るのではなく、1枚の写真の中に意識的に盛り込みたいメッセージを考えて撮ることで、多くの人の共感を得る写真になります。
  

2. Layout from Instagram

c_tanaka04_017e.jpg

こちらは、写真のレイアウトを自在にできるインスタグラムが提供しているアプリです。
写真をリミックスしたり、ユニークなレイアウトでコラージュ的な写真を作ることができます。コラージュアプリといっても、複数枚の写真をただ組み合わせるだけではなく、真を回転させたり、ミラーのように反転させたりすることできます。操作は直感的で簡単です。

プロモーション的な使い方としては、お店紹介など1枚の写真の中に外観、内装、料理など一見で紹介する場合に有効でしょう。

そして編集が完了したら、いつものようにインスタグラムでシェアしましょう。
「#layout」というハッシュタグを付けると、レイアウトアプリを使っている人が見てくれるので、たくさんの「いいね!」を増やすことができます。
  

3. ArtEffect(アートエフェクト)

c_tanaka04_018d.jpg

▲ ノーマル

c_tanaka04_018b.jpg

▲ Grand Canal

c_tanaka04_018c.jpg

▲ White City

このアプリを使うと画家が描いたようなオシャレな加工をすることができます。
アートフィルターは新しいヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ風など50以上の芸術スタイルが表現できます。

プロモーション的な使い方としては、投稿者が「今日はピカソな気分で投稿してみた」のようなマンネリした写真投稿に、ちょっとしたスパイスを加える形で使用してみてはいかがでしょうか。
  

まとめ

今回のインスタグラムの施策で必ず気を付けて欲しいことは、写真をとおして「何を顧客に伝えるか」ということです。

目的が明確になると自ずと撮影時の構図や何を背景にするか、など様々な部分がハッキリしますし、より良い撮影につながります。
きっと写真をとおして、投稿者の想い(投稿に対する真剣さや丁寧さ)が伝わってくるはずです。

自分だったらどんな写真に魅力を感じ「いいね!」をするか、フォロワーになるか、ということをイメージして撮影してみましょう。
  

参照:
Webマーケティング事例|ferret
http://ascii.jp/elem/000/001/103/1103261/
https://colorful-instagram.com/how-to-take-nice-pictures
http://appllio.com/iphone-photo-image-editor-marvelous-apps

参考書籍:
「頼られるWeb担当者になる!ネットプロモーション教本」
「実践 Instagramビジュアルマーケティング