リスティング広告を効果的に運用するためには、戦略的な知識やノウハウが必要です。その方法のひとつに外注することが挙げられます。この記事ではリスティング広告運用を外注するメリットについて解説します。

今回紹介する内容の一部は、PDF資料「【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット」から抜粋しています。全てのデータが見たい方は、以下のリンクよりダウンロードをしてください。

▼これからリスティング広告運用の外注を検討している方はこちら

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

サイト制作会社・広告代理店様がリスティング広告運用業務を代理店に任せるべき理由とは?

目次

  1. リスティング広告とは
  2. リスティング広告でできる3つのこと
  3. リスティング広告の2つの運用方法
  4. リスティング広告を代理店に外注するメリット
  5. リスティング広告を代理店に外注する際の注意点
  6. リスティング広告の成果を上げよう

リスティング広告とは

リスティング広告とは、Googleなど検索エンジン検索結果に表示される広告のことです。ユーザーが入力したキーワードに連動して、関連性のある広告が表示されます。

広告主が広告を配信すると、Googleなどの検索サイトが特定のキーワードに対して、どのような順位で表示するかオークションを行い、評価の高い順で広告が上位に表示される仕組みです。

リスティング広告の費用が発生するのは、キーワードを検索したユーザー広告をクリックしたタイミングになります(クリック課金制)。そのため、表示されただけでは掲載料金は発生しません。クリック単価は変動的で、広告の質や競合の出稿状況などによって変わってきます。

それでは、リスティング広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

リスティング広告でできる3つのこと

ここでは、リスティング広告でできる3つのことを紹介します。

1. 高いコンバージョンを期待できる

リスティング広告を打ち出すメリットとして、高いコンバージョンを期待できる点が挙げられるでしょう。

コンバージョン(CV)とは、Webマーケティングにおける最終的な成果のことです。例えば、問い合わせや商品・サービス購入、イベント申し込みなどがCVとして設定されます。
リスティング広告は、ユーザーが能動的に検索したキーワードに対して表示されるので、興味・関心の高いユーザーにアプローチできるのが特徴的です。

ユーザーのニーズにあった広告であれば、クリックされる確率が高まるだけでなく、コンバージョン率の向上につなげられます。

2. ターゲットを限定できる

リスティング広告は、広告を配信するターゲットを限定できるメリットがあります。ターゲットを絞ることで、効果的に広告を配信することが可能です。

例えば、「〇〇県に住む30代男性」など細かくターゲットを設定することで、ユーザーのニーズにあった広告を打ち出しやすくなります。ターゲット設定がしっかりと行えていれば、費用対効果を高められるのです。

ターゲットが細かく定まっておらず、幅広いユーザーを対象にしている広告であれば、リスティング広告向きではないかもしれません。

3. スモールスタートできる

まずはスモールスタートからインターネット広告を始めたい方に、リスティング広告がおすすめです。リスティング広告は最低出稿金額が定められていません。

そのため、まずは少額の投資を行って、様子を見ながら投資を増やしていくことができます。
例えば、まずは10万円リスティング広告に投資して、効果があると判断した後に30万円追加することが可能です。

このように、運用型広告であるリスティング広告は、市場の様子を見ながらアクションを起こすことができます。

リスティング広告の2つの運用方法

リスティング広告にはどのような運用方法があるのでしょうか?ここでは、リスティング広告の2つの運用方法を紹介します。

代理店に外注する

リスティング広告を代理店に依頼している企業も多く見受けられます。専門的な知識やノウハウを兼ね備えた代理店であれば、効果的な戦略を打つことが可能です。

もちろん、代理店に外注するには一定のコストがかかりますが、知識やノウハウが不足している企業は、プロに任せることで高い効果を期待できます。

また、市場が変動しやすいリスティング広告で成果を出すためには、常に最新情報やトレンドを把握しなくてはいけません。このような作業に時間を割けない企業や、手間をかけたくない企業にとって、代理店に外注する方法は有益なのです。

自社で運営する

自社でリスティング広告を運用している企業も多いです。人件費は発生するものの、代理店に依頼するコストを削減したい企業はインハウスを選択する傾向にあります。

また、社内にリスティング広告に関する知識やノウハウがある、リスティング広告に知見のある社員がいるなどの場合は、社内でリスティング広告を行いやすいでしょう。

さらに、リスティング広告に注力している企業であれば、市場の変化を見ながらリアルタイムで運用したいというケースもあります。このような場合は、代理店を介してしまうと連絡する手間や時間がかかるため、自社で運用した方が効率的なのです。

以下のPDF資料では、サイト制作会社や広告代理店に向けて、リスティング広告運用を代理店に外注するメリットを紹介していますので、ぜひダウンロードしてみてください

リスティング広告運用の外注について詳しく知りたい方はこちら

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

サイト制作会社・広告代理店様がリスティング広告運用業務を代理店に任せるべき理由とは?

リスティング広告を代理店に外注するメリット

ここでは、リスティング広告を代理店に外注するメリットを紹介します。

知識がなくても施策をスタートできる

リスティング広告を請け負う代理店は、専門的な知識やノウハウを持っています。自社内でリスティング広告に関する知識が不足していたとしても、代理店を活用することで運用をスタートできるのです。

例えば、リスティング広告を運用するには、クリック単価の相場感や、市場の動向、クオリティを向上させる方法などを理解しておかなくてはいけません。

このような知識を一から勉強するとなると、多大な時間が必要になるだけでなく、実際に検証しながら運用する必要があるため、成果を上げるまでに時間がかかります。

そのため、スピード感をもってリスティング広告を運用したい企業は、代理店に依頼するとよいでしょう。

成果を出しやすい

代理店を利用することで得られるメリットはスピードだけではありません。専門的な知識やノウハウに基づいて戦略的に広告を打ち出せるので、成果を出しやすくなります。

初心者がリスティング広告を運用する場合、なかなか成果を上げられずに費用が無駄になってしまうというケースが多いです。

例えば、どの項目を調整すればいいのか、どれくらいの費用を費やせばいいのかなど、経験がないと判断するのが難しいことが数多く存在します。

確実に費用対効果を得たいという企業は、代理店を利用することで成果を実感できるのです。

自社の運用リソースが必要ない

リスティング広告の運用を任せれば、自社の運用リソースが必要ありません。運用経験や知識がない状態でリスティング広告を始める場合、情報収集や市場調査などに多くの時間を費やす必要があります。

また、リスティング広告の調整は手動で行わなくてはいけないので、担当者が必要です。リスティング広告を継続的に管理できる人員を配置できないと、効果を得るのは厳しいといえます。
このように、リスティング広告運用にかける時間や人員が不足している場合、運用を代行してくれる代理店は有効なのです。

ここまで、リスティング広告のメリットについて解説しました。残りのメリットについては以下のPDF資料で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▼もっと広告運用外注のメリット・デメリットを知りたい方はこちら

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

サイト制作会社・広告代理店様がリスティング広告運用業務を代理店に任せるべき理由とは?

リスティング広告を代理店に外注する際の注意点

ここでは、リスティング広告を代理店に外注する際の注意点を紹介します。

コストが予算内か確認する

代理店にリスティング広告運用を依頼する場合、コストが予算内かしっかりと確認することが大切です。当たり前のことですが、代理店に外注するには一定のコストがかかります。

代理店へ支払う手数料は「運用した広告費用の20%」が相場です。手数料分を考慮して予算内に収まるように業者やプラン選びを行う必要があります。

社内でリスティング広告を運用する場合であっても、時間をかけた分だけ人件費がかかるので、結果的に代理店を利用した方が安くなることがあります。

そのため、あらゆる方法を想定した上で予算を見積もり、最適な手段でリスティング広告を運用するようにしましょう。

サポート内容を見極める

代理店が全ての業務をサポートしてくれる訳ではありません。細かい作業は自社で行う必要があるなど、対応範囲が限られていることがあるので、事前にサポート内容を確認しておくことをおすすめします。

例えば、「入札単価を毎日1円単位で調整したい」、「広告に掲載するテキストを毎日変更したい」などの細かい作業は受け付けてもらえないことがほとんどです。また、すぐに依頼内容に対応してもらえる訳ではないので、リアルタイムでの運用は難しくなります。

代理店は成果を重視しているため、効果がないと判断した作業は受け付けていません。このような細かい作業を実践したいという方は、まず自分で運営を行ってみるとよいでしょう。

リスティング広告の成果を上げよう

今回の記事では、リスティング広告運用を代理店に依頼すべきか悩んでいる方に向けて、リスティング広告運用を外注するメリットを紹介しました。

リスティング広告は運用型の広告であるため、広告にかける費用やターゲット設定など、戦略的に取り組む必要があります。専門的な知識やノウハウがない状態で運用しても、納得のいく効果を得られません。

そこで、リスティング広告に関する情報収集に時間をあてられない企業や、対応できる人材がいない企業には代理店がおすすめです。

実績のあるプロに運用を任せることで、スピーディー、かつ効率的に成果を上げることができます。

以下のPDF資料では、全国の中小企業を対象にリスティング広告運用サービスを展開している代理店を紹介しています。サービスの特徴や強みなどを確認できますので、ぜひ確認してみてください。

リスティング広告運用の外注について詳しく知りたい方はこちら

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

【サイト制作会社・広告代理店様必見】リスティング広告運用を代理店に任せるメリット

サイト制作会社・広告代理店様がリスティング広告運用業務を代理店に任せるべき理由とは?