最近のFacebookのアップデートにより、特にネットショップなど商品を販売している方には便利な「製品のタグ付け」機能が利用可能になっています。
友達をタグ付けするように製品をタグ付けし、投稿を見たユーザータグをタップすると簡単に購入まで行うことができる機能です。

今回は、製品のタグ付け機能の利用方法と利用するにあたって最低限注意したいポイント3選をご紹介します。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

この機能を利用することで、すでに自社で持っている商品の購入ページまでスムーズな導線をつくることができます。
Facebookページをお持ちでネットショップなどを運営されている方は、ぜひ本記事を参考にご紹介する新機能を活用してみてはいかがでしょうか。
ただし、この機能は執筆時現在(2016年2月15日)テスト段階となっています。
未実装のFacebookページがある可能性や、機能の削除などの仕様変更が行われる場合がありますので注意してください。

製品情報を登録する

step1.

1.png
Facebookページへのテキストや写真、動画の投稿に製品をタグ付けする場合は、あらかじめ情報を登録しておく必要があります。
まず、Facebookページを開いて投稿画面を表示してください。
製品の情報を登録します。
投稿ボックス下に表示されているアイコンのうち、一番右に表示されているもの(画像赤枠部分)をクリックしてください。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

step2.

2.png
「新しい製品」というメッセージが表示されますので、クリックしてください。

step3.

3.png
Facebookページに未登録の製品情報を登録する画面が表示されます。
写真や名前、価格、簡単な説明、インターネット上で該当の製品を購入できるページURLがあればそのURLを記載してください。
価格の単位はデフォルトでは米ドルになっていますが、日本円を指定することも可能です。
情報を入力したら、保存をクリックします。
これで、製品情報の登録の完了です。
反映されるまで数分かかる場合があります。