まとめ

押韻には「頭韻」と「脚韻」という2つの方法があります。
それぞれかかる音の位置が異なり、独特のリズムを生んでいます。

CMや店内放送などで音をつけて呼びかけるだけでなく、ホームページやパンフレットのような文字だけの情報でも韻を踏むことでユーザーにとって読みやすくなるでしょう。
韻を踏むには、同じ音を持った言葉を探していく必要があります。

辞書やインターネットで探すだけでなく、Webでは類似の音を検索するツールも公開されています。
ツールを活用しながら、適したフレーズを考えていきましょう。

参考:
作詞支援ツール,単語データベース(韻検索/母音検索/連想表示)
韻を踏む