この記事は、2017年3月6日の記事を再編集しています。

「自社商品に関するツイートをチェックしてユーザーと交流したい」
「取引先企業などの関連アカウントのツイートは逃したくない」

Twitterを運用していて、このように思ったことがある方は少なくないでしょう。Twitterは運用が上手くいけばいくほどフォロワーも増えていくため、情報を追うのが難しくなってきます。

そんなときに活用したいのが、Twitter社が公式提供しているクライアント・アプリケーション「TweetDeck」です。TweetDeckは、自分で設定した複数のリストや検索キーワードごとのタイムラインを一度に閲覧できたり、複数のアカウントから同時にツイートできたりする便利なクライアント・アプリケーションです。

今回は、TweetDeckの機能と使い方を解説します。

目次

  1. TweetDeckとは
  2. TweetDeckの便利なところ
  3. TweetDeckの使い方
    1. 新規登録
    2. 複数アカウントの登録
    3. リストごとのタイムライン
  4. 検索キーワードのタイムライン
    1. 同時投稿
    2. 予約投稿
  5. まとめ

TweetDeckとは

TweetDeckとは
TweetDeck

TweetDeckとは、複数のアカウントやタイムラインを管理できる、無料のクライアント・アプリケーションです。Twitter社が提供しています。

TweetDeckの便利なところ

公式のTwitterでは、タイムラインは1画面しかありません。しかしTweetDeckではリストや検索キーワードごとにタイムラインを作れます。自分で分類したテーマごとに効率よくツイート情報を得られるようになるでしょう。

TweetDeckの使い方

今回は、TweetDeckの新規登録の方法と5つの機能の使い方を解説します。

  • 新規登録
  • 複数アカウントの登録
  • リストごとのタイムライン
  • 検索キーワードのタイムライン
  • 同時投稿
  • 予約投稿

新規登録

TweetDeckを利用するにはTwitterアカウントが必要なので、取得していない方はまずTwitterの登録から始めてください。

参考:
Twitter

2.jpg
TweetDeck

TweetDeckにアクセスし、「Log in」ボタンからTwitterアカウントでログインするとすぐに利用できます。

複数アカウントの登録

3.jpg
画面左下の「Accounts」から、「Link another account you own」をクリックします。

4.jpg
アカウント追加についての注意事項が表示されます。問題がなければ「Continue」で進みます。

TweetDeckでは、「チーム機能」として複数のアカウントを管理できます。つまり、1つの企業アカウントを、複数の担当者がそれぞれのアカウントと紐付けて利用できるようになります。

今ログインしているアカウントが追加先のアカウントの管理者となるため、まず個人アカウントでログインした状態で、企業アカウントを追加するようにしましょう。

参考:
TweetDeckのチーム機能を使用する方法|Twitterヘルプセンター

5.jpg
追加したいアカウントの情報を入力し、「認証する」をクリックすると完了です。

リストごとのタイムライン

Twitterは、指定したユーザーのツイートだけをタイムラインに表示できる「リスト機能」があります。TweetDeckでは、Twitterで作成したリストごとにタイムラインを表示できます。

参考:
情報収集に便利!Twitterのリスト機能について解説|ferret

6.jpg
上のアカウントで表示しているリストが左に並んでいます。追加するには、「+ Add column」をクリックします。

7.jpg
List」をクリックします。因みに、このメニューではTwitterのリスト以外にも、「通知」や「DM」など様々なカテゴリでタイムラインを作成できます。

8.jpg
Twitterのリストが表示されます。タイムラインに載せたいリストを選択しましょう。

検索キーワードのタイムライン

9.jpg
タイムラインの画面で「+ Add column」をクリックします。

10.jpg
Search」をクリックします。

11.jpg
画面左上の検索欄に、検索したいキーワードを入力します。

12.jpg
入力した検索キーワードが含まれているツイートがタイムラインで表示されます。自社商品やサービスに関するユーザーのツイートを常にチェックしておきたい場合などに便利です。

同時投稿

複数アカウントを登録することで、同じツイートをそれぞれのアカウントで同時に投稿できます。

13.jpg
画面左上の「New Tweet」をクリックします。

14.jpg
From」で同時投稿したいアカウントに全てチェックをつけ、ツイート内容を入力して投稿します。

予約投稿

15.jpg
画面左上の「New Tweet」をクリックします。

16.jpg
ツイート内容を入力したら、「Schedule Tweet」をクリックします。

17.jpg
予約投稿したい日時を設定し、「Tweet at 〇〇(設定した投稿時間)」のボタンをクリックすると、投稿の予約ができます。

まとめ

TweetDeckは、複数の担当者で共同してアカウント運用ができる他、タイムラインを自動更新で表示させられるためフォロワーのツイート情報を効率的に収集できます。自社商品に関心を持ってくれたユーザーに対するいいねやリツイートなどを漏らさず積極的に行うことで、エンゲージメント向上に役立つはずです。

より効果的なTwitter運用を進めていくために、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

▼こちらもおすすめ▼
Twitterを効果的に運用しよう!プロモーション・マーケティングに役立つ無料ツール10選