TwitterやFacebookなどのSNSでは「@ユーザー名」をつけることによって、投稿内で他のユーザーに言及できる「メンション」という機能があります。

メンションされた投稿は相手に通知がいくだけでなく、タイムラインにも表示される場合があります。そのため正しい認識がなければ、意図しない影響をもたらしてしまうかもしれません。今回は、Twitter・Instagram(インスタグラム)・Facebookのメンション機能を解説します。

メンション(mention)とは

メンション(mention)とは「〜について言及する」という意味の英単語です。

TwitterやインスタグラムなどのSNSでは投稿内に「@ユーザー」を表記することで、そのユーザーについて話していることを明示する手法として利用されています。また、Facebookでは、ユーザー名のほかにグループ名を含むこともできます。投稿に対する返信として用いる「@ユーザー名」とは異なる機能なので注意してください。

Twitter(ツイッター)のメンション機能とは

メンションの設定方法

ツイート時に「@ユーザー名」を入力すると設定できます。ユーザー名はプロフィールにて確認できます。

01.png

上記のように@以下に表示されている英数字がユーザー名です。太字で表記されているニックネームではないので注意してください。

通知についての注意点

メンション機能を利用したツイートは、言及したユーザー宛てに通知が届きます。

Twitter___通知.png

「@ツイート」という通知欄に表示されます。ツイートに対する返信も同じ欄に通知がくるので、混同しないようにしましょう。なお、以下の場合は相手に通知は届きません。

・言及したユーザーにブロックされている
・言及したユーザーに自分のアカウントがミュートされている
・言及したユーザーがミュート設定した特定の単語・フレーズ・ユーザー名・絵文字・ハッシュタグなどがツイートに含まれている
・重複するツイートや自動投稿として判断され、クオリティフィルターにかかっている

このように@ユーザー名を表記したからといって、必ずしも相手に通知が届くわけではないので注意しましょう。

特に何度も同じ内容のツイートを投稿していた場合、低い品質の投稿を通知しなくなるクオリティフィルターに抵触してしまう可能性があります。クオリティフィルターに触れてしまうと、ツイート内で言及している相手には通知が届きません。この時、自分も相手も自覚がないまま、通知されていない場合があるので気をつけて下さい。

参考:Twitterの新機能「クオリティフィルター」とは
参考:[通知] タイムラインについて|Twitterヘルプセンター

タイムライン表示についての注意点

@ツイートは自分のタイムラインに表示されるだけでなく、言及した相手に自身がフォローされている場合、言及した相手のタイムラインにも表示されます。

例えば「A子(@Ako3)さんと遊びに行きました」というツイートをした時、A子さんが自分をフォローしていると、A子さんのタイムラインにツイートが表示されます。なお、この時、A子さんのプロフィール画面には表示されません。

こちらも通知同様、A子さんからミュートされていたり、ミュート設定した特定の単語・フレーズ・ユーザー名・絵文字・ハッシュタグなどがツイートに含まれている場合は、A子さんのタイムライン上も表示されないので注意してください。

参考:ツイートの種類と表示される場所|Twitterヘルプセンター

メンションとリプライの違い

04.jpg

メンションと同じく「@ユーザー名」を使うものとして、リプライという機能があります。リプライはツイートの返信アイコンをクリックすると、そのツイートに対して行える「返信」の機能です。

リプライをした場合、返信相手には通知が届きます。また、自身のプロフィールページのタイムラインにそのツイートが表示されます。リプライを繰り返して会話した場合、会話に参加しているアカウントや返信しゃと繋がりがあるアカウントのタイムラインにのみ、返信が表示されるようになります。

参考:返信と@ツイートについて|Twitterヘルプセンター