TwitterやFacebookなどのSNSでは「@ユーザー名」をつけることによって、投稿内で他のユーザーに言及できる「メンション」という機能があります。
メンションされた投稿は相手に通知がいくだけでなく、タイムラインにも表示される場合があります。そのため正しい認識がなければ、意図しない影響をもたらしてしまうかもしれません。
今回は、Twitter・Facebook・インスタグラムのメンション機能を解説します。
この機会に正しく理解し、どのような影響をもたらすことがあるのが知っておきましょう。

メンションとは

メンション(mention)とは「〜について言及する」という意味の英単語です。
TwitterやインスタグラムなどのSNSでは投稿内に「@ユーザー」を表記することで、そのユーザーについて話していることを明示する手法として利用されています。
また、Facebookでは、ユーザー名のほかにグループ名を含むこともできます。

投稿に対する返信として用いる「@ユーザー名」とは異なる機能なので注意してください。

Twitter(ツイッター)のメンション機能とは

Twitterでは上記のようにメンションを利用して、投稿内にユーザーへのリンクを貼ることができます。
メンション機能を利用したツイートを「@ツイート」といい、イベントの参加者について表記したい場合など他のユーザーについて言及したい時に役に立つでしょう。

参考:
返信と@ツイート|Twitterヘルプセンター

メンションの設定方法

ツイート時に「@ユーザー名」を入力すると設定できます。
ユーザー名はプロフィールにて確認できます。

フェレットくん_ferret__ferretplus_さん___Twitter.png

上記のように@以下に表示されている英数字がユーザー名です。
太字で表記されているニックネームではないので注意してください。

通知についての注意点

メンション機能を利用したツイートは、言及したユーザー宛てに通知が届きます。

Twitter___通知.png

「@ツイート」という通知欄に表示されます。ツイートに対する返信も同じ欄に通知がくるので、混同しないようにしましょう。

なお、以下の場合は相手に通知は届きません。

・言及したユーザーにブロックされている
・言及したユーザーに自分のアカウントがミュートされている
・言及したユーザーがミュート設定した特定の単語・フレーズ・ユーザー名・絵文字・ハッシュタグなどがツイートに含まれている
・重複するツイートや自動投稿として判断され、クオリティフィルターにかかっている

このように@ユーザー名を表記したからといって、必ずしも相手に通知が届くわけではないので注意しましょう。
特に何度も同じ内容のツイートを投稿していた場合、低い品質の投稿を通知しなくなるクオリティフィルターに抵触してしまう可能性があります。
クオリティフィルターに触れてしまうと、ツイート内で言及している相手には通知が届きません。
この時、自分も相手も自覚がないまま、通知されていない場合があるので気をつけて下さい。

クオリティフィルターについて、こちらの記事で詳しく紹介しています。合わせてご参照ください。
参照記事:Twitterの新機能「クオリティフィルター」とは

参考:
[通知] タイムラインについて|Twitterヘルプセンター

タイムライン表示についての注意点

@ツイートは自分のタイムラインに表示されるだけでなく、言及した相手に自身がフォローされている場合、言及した相手のタイムラインにも表示されます。

例えば「A子(@Ako3)さんと遊びに行きました」というツイートをした時、A子さんが自分をフォローしていると、A子さんのタイムラインにツイートが表示されます。
なお、この時、A子さんのプロフィール画面には表示されません。

こちらも通知同様、A子さんからミュートされていたり、ミュート設定した特定の単語・フレーズ・ユーザー名・絵文字・ハッシュタグなどがツイートに含まれている場合は、A子さんのタイムライン上も表示されないので注意してください。

参考:
[ツイートの種類と表示される場所|Twitterヘルプセンター]
(https://support.twitter.com/articles/232427)

Facebook(フェイスブック)のメンション機能

Facebookではユーザーだけでなく、グループについてもメンション機能を用いて言及できます。

スクリーンショット_2017-03-29_14.36.22.png

上記のように言及したユーザー名やグループ名にはそれぞれプロフィールページ(グループの場合は概要ページ)へのリンクが貼られます。

メンションの設定方法

Facebookではメンション機能を利用する際、ユーザーに対して言及するか、グループに対して言及するかで投稿形式が変わります。

【ユーザーに対する言及】
1.最初の文字を大文字にしてユーザー名を入力します。
2.表示されたリストから名前を選択します。
【ユーザーまたはグループ対する言及】
1.「@」に続けてグループの名前を入力します。
2.表示されたリストから名前を選択します。

この時、前者の方法では漢字のユーザー名は表示されない場合があります。英語表記のユーザー名以外は後者の方法で設定して下さい。

通知についての注意点

メンションで言及した相手やグループに通知が届きます。
その時、相手先の通知設定によって通知されるかどうかは異なるので注意しましょう。

タイムライン表示についての注意点

元となった投稿が「公開」設定になっていた場合、言及したユーザーやグループのタイムラインに表示されます。

参考:
投稿やコメントで、利用者、ページ、グループに言及するにはどうすればよいですか。

Instagram(インスタグラム)のメンション機能

インスタグラムでもメンション機能を利用してて、投稿内で他のユーザーについて言及できます。
例えば他のユーザーからもらったプレゼントの写真を投稿したい時に役に立つでしょう。

下書き__1____kuriki_basicinc.jp___Basic.inc_メール.png

上記のように、投稿内には言及したユーザーのプロフィールページへのリンクが貼られます。

参考:
メンション|Instagramヘルプセンター

メンションの設定方法

新しく投稿する際にキャプション内で「@ユーザーネーム」を表記します。
なお、ユーザーネームは英数字で表記される呼び名で名前とは異なります。
@名前で表記した場合、該当するユーザーがリストとして表示されるので、リスト内から選択して下さい。

通知についての注意点

メンション機能を利用すると、言及した相手のアクティビティに通知されます。
なお、相手が自分をブロックしている場合でもメンション機能を利用できますが、相手のアクティビティには通知されないので注意しましょう。

まとめ

メンション機能とは「@」をつけることで他のユーザーに対して言及できる機能です。
Facebookではユーザーだけでなくグループに対しても言及することができるので、より投稿の内容の幅が広がるでしょう。

メンションをつけた投稿は相手に通知されます。その時、相手のプライバシー設定によって通知されないだけでなく、Twitterではクオリティフィルターにかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

メンション機能を利用することでユーザーが「投稿で取り上げている人について詳しい知りたい」と思った時、すぐにプロフィールページを見ることができます。
ただ相手に通知されるだけでなく、投稿を見ているユーザーにとっても便利な機能といえるでしょう。

おすすめのSNSマーケティングサービスもチェックしよう[マケスト提供]

SNS運用のために必要な知識を得る

タニタ、ドン・キホーテのTwitterに学ぶ、SNSコミュニケーション術

タニタ、ドン・キホーテのTwitterに学ぶ、SNSコミュニケーション術

Twitterで積極的にユーザーとコミュニケーションをとっている企業アカウントを参考に、SNSコミュニケーションのコツを探っていきます。

ソーシャルメディアポリシー4事例を比較!書き方のポイントが見えてくる

ソーシャルメディアポリシー4事例を比較!書き方のポイントが見えてくる

今回は、ソーシャルメディアポリシー作成に役立つ4つの事例を紹介します。 ユーザーとトラブル経験がある企業や、運営ルールの徹底に悩まられている方はぜひ紹介する事例を参考に自社でもソーシャルメディアポリシーを作成してみてください。