キャッシュとは?Cookie(クッキー)とキャッシュの違い

キャッシュとは、閲覧したWebページの情報を一時的に保存する機能です。キャッシュデータを保存しておくと、2回目に同じWebページに訪問したときに表示するスピードが上がりより閲覧しやすくなります。

参考:キャッシュとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

Cookieとキャッシュには一時的に保存する情報が異なっています。CookieはID、パスワードなどユーザー自身がWebブラウザに入力した情報、キャッシュはユーザーが見たホームページの情報を保存します。

Cookie(クッキー)やキャッシュが利用されるとき

ユーザー自身が入力した個人情報やユーザーが閲覧したホームページの情報を保存します。そのため、より訴求できる広告ユーザーの属性や志向性別にターゲティングする行動ターゲティング広告に利用されます。

また、一度情報を保存しておくと何度もホームページを訪問したときでも同じユーザーであることが判別できます。アクセス解析でユニークユーザーを計測するときに利用されます。

Cookie(クッキー)の有効/無効は自分で設定できる

Cookieを保存したり削除したりするのはユーザー自身が管理することができます。

以下はすべてブラウザGoogle Chromeを使用するときの方法です。

Cookie(クッキー)を有効、またはブロックする方法

スクリーンショット_2017-04-05_16.42.14.png
ブラウザのバーにある赤枠のアイコンをクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.17.51.png
設定をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.18.10.png
設定を管理するページの下部にある、「詳細設定を表示...」をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.18.37.png
プライバシーを管理するページの、「コンテンツの設定...」をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-07_10.19.30.png
Cookieを設定するボックスが表示されます。このページでCookieを保存する、またはブロックする設定ができます。

Cookie(クッキー)を削除する

スクリーンショット_2017-04-05_16.42.14.png
ブラウザのバーにある赤枠のアイコンをクリックします。

スクリーンショット_2017-04-05_16.46.29.png
その他のツールから、閲覧履歴を消去をクリックします。

スクリーンショット_2017-04-05_16.46.43.png
閲覧履歴を消去するボックスにある、Cookieなどのサイトデータやプラグインデータ、キャッシュされた画像とファイルの二つのチェックボックスにチェックを入れます。
右下の閲覧履歴データを消去するをクリックすれば削除できます。