Twitterは日本国内の月間アクティブユーザー数が4,000万人にのぼり、国内で2番目に多く利用されているSNSです。
20代を中心に利用されており、世界的に見ても日本での利用率が高いのが特徴的です。

国内向けにSNSを活用したブランディングや集客を行う場合、Twitterは不可欠なツールの一つと言えるでしょう。

参照: 【2017年予測】国内四大SNS利用率&トピックスまとめ。そこから見えてきたトレンドとは? | マーケティングリサーチキャンプ|市場の旬を調査で切る!
Twitter、Facebook、LINE、Instagram。2017年はこう使う!4大SNSプラットフォーム 総まとめ【2016年版】 | BACKYARD
Facebook(フェイスブック)・Twitter(ツイッター)・Instagram(インスタグラム)の使いこなし方!特徴やユーザー動向、運用方法を徹底解説

4月6日、Twitterはより多くの人がアクセスしやすいようにと、データ通信が70%削減できるTwitter Lite」を発表しました。
Twitterの基本的な機能が使え、かつ低速なインターネット環境でも使えるのがTwitter Liteです。

今回はTwitter Liteの使い方についてご紹介します。

Twitter Liteとは?

Twitterは4月6日にTwitter Liteの提供を開始しました。
Twitter Liteとは本来のTwitterよりもデータ利用量を削減できる機能で、すでに持っているTwitterアカウントを使って利用できます。
タイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、通知といった基本的な機能は本来のTwitterと変わりません。Twitter Liteはモバイルのウェブブラウザの軽量化版と考えていいでしょう。

Twitter Liteはデータ通信が不便な状況でも快適に使用できるよう、データ通信量を削減できます。デバイス上のデータ利用量は1MB以下、起動するときや利用しているときの読み込み時間は30%縮小されます。データ・セーバー・モードを利用すれば、画像や動画をプレビュー表示させ、選択したものだけを読み込めます。

Twitter Liteはプログレッシブウェブアプリケーション(PWA)を採用しています。
PWAとはアプリWebサイト両方のメリットをあわせ持ったWebサービス、または仕組みのことです。
GoogleはPWAを構築することで、ユーザーの利便性やエンゲージを高め、コンバーションを増やすことが可能であるとしています。

参照: 【一問一答】「プログレッシブウェブアプリ」とは何か?:ネイティブアプリとウェブのハイブリッド | DIGIDAY[日本版]
Googleが取り組むWebのアプリ化プロジェクト「PWA」とは?- WPJ
Web  |  Google Developers