2017年10月時点で、日本国内におけるインスタグラムのユーザー数は2,000万人を越え、2016年12月発表の1,600万人から10カ月の間で400万人も増加しています。

きっとインスタグラムを活用して、顧客にアプローチしているという企業も少なくないはずです。

ですが、実際に運用してみると、ユーザーや投稿をどうやって探せばいいのか迷ってしまう……という方も多いのではないでしょうか。ただ、フォローするユーザーや自社に関連した投稿を検索できなければ、新しいユーザーとつながることができません。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

今回は、インスタグラムでユーザーや投稿を検索する6つの方法を紹介します。

・フォローしたい知り合いがいるのに探せない
・自分の好みに合う投稿を探したい
・ハッシュタグ検索って何?
・検索結果に探したいユーザーが表示されないのはなぜ?

上記のような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:
フェイスブック、日本の利用者2700万人に|日本経済新聞
インスタグラムで振り返る、2016年のハイライト|Facebook
Instagram、国内月間ユーザー2000万人突破 ビジネス利用も活発|ITmedia ビジネスオンライン
  

インスタグラムで検索が必要となる理由

インスタグラムは投稿に必ず画像または動画が必要となり、テキストのみでの投稿はできません。また、TwitterのリツイートやFacebookのシェアのように、ほかのユーザーに投稿を共有する手段がデフォルトで用意されていないのも特徴でしょう。

その分、ユーザーにとっては自分の興味のある人の投稿だけをチェックすることができます。一方で、ユーザーや投稿の検索を行わなければ、ほかの人とつながりづらいというデメリットがあるでしょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

そのため、ほかの人をフォローするには検索を用います。自社のアカウントでより多くの人とつながるためにも、投稿やユーザーを検索できる方法を掴んでおきましょう。

参考:
【2017年版】Instagram完全攻略マニュアル!Facebookとの違いから活用方法・事例まで|ガイアックス ソーシャルメディア ラボ