インターネットにアクセスした時に、Webページが呪文のような文字列を表示した経験はないでしょうか。

読めない意味不明な文字を表示している場合、文字化けしている可能性があります。Webページはもちろん、PCで扱う各種ファイル、メールでも生じる現象ですので、万一のトラブルに対処できるようにしておきたいものです。

そこで今回は、文字化けを変換してくれるサイトやツール、文字化けの基礎知識についてご紹介します。

見たいWebページが突然文字化けしてしまった時、重要なメールが文字化けで読めない時、ぜひ活用してみてください。
※ツールの使用手順などの情報は、バージョン・使用環境により異なる場合がございますのでご了承ください。
  

Webページが文字化けしている時は?

1. なぜ文字化けが起きてしまうのか

なぜ文字化けが起きてしまうのか.jpg
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061122/254616/
  
Webページで文字化けが起きてしまう原因は、簡単に言えばブラウザが表示すべき言葉を理解できていないためです。

コンピューターで文字を表示するためには「文字コード」という表現方法を使い、開くWebページが指定した文字コードをブラウザが読みとって文字を表示します。また、文字コード情報が無ければブラウザが自動的に文字コードを選択して表示します。

この時、開いたWebページが使用している文字コードを持っていなかったり、ブラウザが間違えた文字コードを使ってしまうと文字化けが起こってしまいます。

ほとんどの文字化けの場合、ブラウザが選択する文字コードを正しいものに変えることで文字化けを回避することが可能です。Webページのファイルそのものに問題がある場合、ユーザーが文字化けを解消することはできません。
  

2. ページすべてが文字化けしているときは?

ページすべてが文字化け.png

Webページを表示した時、ほとんどが文字化けしている現象が起こることがあります。このような現象が起こった時は、下記の方法で対処すれば基本的に文字を正しく表示することができます。

Altキーを押してツールバーを表示 > 「表示」メニュー内「エンコード」>「日本語(自動選択)または「Unicode(UTF-8)」を選ぶ。
※改善しない場合には、「日本語(EUC)」か「日本語(シフトJIS)」に切り替えてみてください。

  

3. ページが白紙の状態のときは?

ページが白紙.png

ブラウザが文字コードを正しく認識できない、といった理由から場合によってはWebページが白紙の状態になることがあります。

白紙状態になってしまったときは、まずはURLを入力するフォームの横にある「最新の情報に更新」ボタンまたはF5をクリックしてみます。
改善しない場合には、ブラウザの設定をリセットしてみてください。

  

文字化けを解決できるサイト紹介5選

1. 文字化け解読ツール「もじばけらった」

moji1.png
http://lab.kiki-verb.com/mojibakeratta/

可愛らしいキャラクターが目立つ、文字解読サービスです。文字化けした文章をフォーム内に貼り付けて「ばけらったー!」のボタンを押すだけで、文字の解読をしてくれます。

タブの切り替えで文字コードが変更可能で、様々な方法で変換を試すことができます。色々な文字コードを試してみて、文字化けを解読してみましょう。
  

2. Broken JIS mail recover Service

moji2.png
http://masaka.dw.land.to/mr/jmr.php

こちらは、メール本文の文字化けを解消することができるサービスです。

本文が「$B$3$l$O(JJIS$B$NJ8$G$9!#(J 」のように文字化けしている場合、JISコードの[ESC]が抜け落ちていたり、本文作成中に特殊キーを押してしまいコントロールコードが混じった、といったことが原因として考えられます。

このような文字化けをしてしまっているとき、本文をコピーしてフォームに貼付けるだけで、文字を解読してくれます。
  

3. Unicode Decoding

moji3.png
http://masaka.dw.land.to/mr/r2u.php

Broken JIS mail recover Service同様に、こちらもメール本文の文字化けを解消してくれるサービスになります。

ブラウザから送信できるメールシステムが最近増えたせいか出ているという、Unicodeが文字参照となって届くメールに対して使用できます。例えば「こんにちわ」のように、「」と「;」に5桁の数字が連続するようなメールの場合などに試すと、文字を読めるように解読してくれます。
  

4. MIME Header Decode Service

moji4.png
http://masaka.dw.land.to/mr/mime.php

SubjectやFromのフィールドが文字化けしている場合に解消してくれるサービスです。MIMEのヘッダフォーマットに対応していないメーラーで文字化けする可能性がありますので、MIME Header Decode Serviceで解読してみましょう。ほかのサービス同様、コピー・ペーストだけで解読してくれます。
  

5. エンコードマニアックス

moji5.png
https://encodemaniax.com/

各種エンコード、デコード、ハッシュ値をサクッと作成してくれるサービスで、文字化け解読以外にも様々なシーンで活用できます。
  

文字化けを解決できるツール紹介5選

1. KanjiTranslator

moji6.png
http://www.kashim.com/kanjitranslator/index.html

KanjiTranslatorは、大量のファイルの文字コード・改行コードを一括変換してくれるツールです。文字コードエンジンには「テキストエディタ Crescent Eve」を採用しており、高精度で文字を自動認識します。シンプルな設計でファイル、フォルダをドロップするだけで変換できるので、複数ファイルを変換しなければならないという時に便利です。

2. FileCode Checker

moji7.png
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se478635.html

FileCode Checkerは、ファイルの文字コード・改行コードを一括判定し、そのまま指定の形式に変換することができるツールです。ドラッグ&ドロップで確認したいものを追加していくだけで、一覧で確認・変換ができるので便利です。
  

3. Internet Explorer

ie.gif
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0402/28/news004.html

Internet Explorerを使って文字コードを変換することができるので、手軽に変換したい方はぜひ試してみてください。

変換方法は以下のとおりです。

Internet Explorerを使って文字コードを変換する手順

① ファイル名を「~.txt」の形式に変更する
② ファイルをInternet Explorerのウィンドウにドラッグ&ドロップする
③ この段階で、通常はInternet Explorerの画面にファイル内の文字が正しく表示されます。もし文字コードの判別ができていない場合には、次のステップに進みます。
④ 文字化けが直っていなければ、ウィンドウ上で右クリック>ポップアップメニュー >[エンコード]または[Alt]キーを押して表示されるメニューバーの[表示] >[エンコード]を選択。
⑤ 文字化けが直ったら別のファイルへ保存する

  

4. nkfツール

nkf.png
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se295331.html

文字コード変換の定番ツールである「nkf Network Kanji Filter」を使うと、コマンドプロンプトからコマンドを打ち込むことで文字コードを変換できます。文字コード変換が必要なファイルが大量にある、ファイルを開くのが面倒、という時に使うと便利です。nkfツールで変換を行う場合には、あらかじめツールのダウンロードが必要です。

下記のURLで手に入りますので、ダウンロードしておきましょう。

参考:
nkfツールのダウンロードはこちら
  

5. メモ帳、テキストエディタ

メモ.png
https://pc-karuma.net/windows7-notepad/

Windowsに標準で搭載しているメモ帳、その他テキストエディタを使って文字コードを変換することができます。

メモ帳で変換する場合には、以下の方法を試してみてください。

メモ帳で文字コードを変換する手順

1.
「スタートメニュー」 >「すべてのプログラム」> 「アクセサリ」 >「メモ帳」を開く。
2.
「ファイル」 > 「名前を付けて保存」をクリック、文字コードを設定し、ファイル名を入れて保存する。

  

まとめ

以上、文字化けを変換してくれるサイトやツール、文字化けの基礎知識をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

どうしても見たいWebページが文字化けしていたり、ビジネスのやり取りでメール・ファイルが文字化けしている場合、すぐに解消したいものです。

突然、文字化けしてしまうと対処に困ってしまいがちですが、今回ご紹介したツールを使ったり、Webページであればエンコードの設定を変更することで、自分でも解消することができます。

Webページ、ファイル、メール……と様々なところで文字化けに遭遇する可能性がありますので、いざという時に使えるよう覚えておきましょう。
  

この記事を読んだ方におすすめ

【全て無料】記事作成からチェックまでが驚くほど捗るツール6選

【全て無料】記事作成からチェックまでが驚くほど捗るツール6選

記事を執筆する際に、どうしても工数がかかってしまう部分がテーマだし、タイトル案、記事チェックです。例えば、制作部分であれば、ツールを使ってエラーが発生している箇所を発見することができますが、記事に関しては、難しい部分もあります。

文字コードUTF-8とは〜世界で最もポピュラーな文字コードとその仕組みを学ぼう

文字コードUTF-8とは〜世界で最もポピュラーな文字コードとその仕組みを学ぼう

今回は「UTF-8」を中心に、文字コードの基礎と各ブラウザでの確認方法をご紹介します。 文字コードの存在は知っているけれど詳しくは知らないという方は、この機会に基礎知識を身に付けてみてください。