組織・属性別のドメイン名一覧

では、特定の組織が利用できるドメインには、具体的にどういったドメインがあるのでしょうか。日本国内における代表的なドメインを紹介します。

1.AC.JP

スクリーンショット_2017-05-15_13.41.20.png
http://www.u-tokyo.ac.jp/index_j.html

「ac.jp」は大学を中心とした教育機関が利用できるドメインです。

【対象となる組織】
・学校
・大学共同利用機関
・大学校、短期大学校
・ 障害者職業能力開発校
・職業能力開発促進センター
・学校法人
・職業訓練法人
・国立大学法人
・大学共同利用機関法人 ほか

大学がネット上で公開している論文の情報ページや研究室のホームページで利用されているため、学術論文などを検索する際に利用できるでしょう。

2.ED.JP

スクリーンショット_2017-05-15_14.37.42.png
http://www.seijogakuen.ed.jp/

「ed.jp」は幼稚園や小学校、中学校などの18歳未満の児童・生徒を対象とした教育機関が取得できるドメインです。
また小学校や中学校を複数設置している学校法人や大学も対象となります。

3.GO.JP

スクリーンショット_2017-05-15_14.27.36.png
http://www.cao.go.jp/

「go.jp」は政府機関、各省庁所轄の研究所、独立行政法人、特殊法人が利用できるドメインです。内閣府や各省庁なども「go.jp」を利用しています。

4.OR.JP

スクリーンショット_2017-05-15_14.29.36.png
http://www.jinjahoncho.or.jp/

「or.jp」は財団法人や社団法人、NPOといった法人が取得できるドメインです。

【対象となる組織】
(a)財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、宗教法人、 特定非営利活動法人、独立行政法人、特殊法人(特殊会社を除く)、 農業協同組合、生活協同組合、企業組合、その他 AC.JP、 CO.JP、ED.JP、GO.JP、 地方公共団体ドメイン名のいずれにも該当しない日本国法に基づいて設立された法人
(b)国連等の公的な国際機関、外国政府の在日公館、 外国政府機関の在日代表部その他の組織、 各国地方政府(州政府)等の駐日代表部その他の組織、 外国の会社以外の法人の在日支所その他の組織、 外国の在日友好・通商・文化交流組織、 国連NGOまたはその日本支部

引用:https://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html

5.LG.JP

スクリーンショット_2017-05-15_14.41.49.png
https://www.city.chiyoda.lg.jp/index.html

「lg.jp」は地方自治体などの行政機関及び、地方公共団体情報システム機構が認定した行政サービスが利用できるドメインです。

参考:
[ドメイン名の種類|日本ネットワークインフォーメーションセンター]
(https://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html)

6.CO.JP

スクリーンショット_2017-05-15_14.24.58.png
https://about.yahoo.co.jp/

「co.jp」は企業が用いることができるドメインです。
株式会社、合同会社、合名会社、合資会社ほか、信用金庫、信用組合なども利用できます。