新規事業や新ブランドを立ち上げる際に、Webサイトをサブドメインで展開するかサブディレクトリで展開するか悩むことがあります。どちらのほうがSEO対策に有利なのでしょうか。サブドメインとサブディレクトリで役割が異なるので、目的に合わせて選ぶのが大切です。

本記事では、それぞれのSEO効果やメリット、SEO対策のポイントまで解説します。

Webマーケティングのeラーニングサービス「ferret Learning」でデジタルに強い組織に

【無料トライアルあり】動画でSEOの基礎から実践までを学ぶ!Webマーケター育成サービス「ferret Learning」

サブドメインとサブディレクトリの違い

そもそもサブドメインとサブディレクトリは何なのか、それぞれの意味や役割、違いについて解説します。

ドメインとは

一般的に、ドメインとはURLの末尾にある「.com」「.net」「.jp」といったジェネリックトップレベルドメインのことで、本ドメインとも呼ばれます。それぞれに意味があり「.com」は商業・商用、「.jp」は日本国内に住所があることを指しますが、必ず意味通りのサイトにする必要はなく、どのドメインを選んでもSEO効果の差はありません。

サブドメインとは

サブドメインとは本ドメインの前に加わるドメインのことです。たとえば

「https://www.ferret-plus.com」

が本ドメインだとしたら

「https://〇〇. ferret-plus.com」

のように「ferret-plus.com」の前にある「〇〇」がサブドメインとなります。好きな文字を入れることができるので、コンテンツの内容に合わせてわかりやすい単語を選ぶといいでしょう。

サブドメインは、別サービスの展開など同じブランドでテーマが異なる場合に活用されます。新規事業の立ち上げ時に、サブドメインWebサイトを制作することが多いです。

サブディレクトリとは

サブディレクトリとは本ドメインの前ではなく、後に付く文字を指します。たとえば

「https://www. ferret-plus.com」

が本ドメインだとしたら

「https://www.ferret-plus.com/××」

のように

「ferret-plus.com」

の後にある「××」がサブディレクトリとなります。
サブディレクトリはカテゴリごとにページを分けるフォルダの役割を担うケースが多く、同じサイトでページのジャンル分けをすることが大半です。サイト管理者が管理しやすい言葉にするのがいいでしょう。