突然ですが、Twitterを乗っ取られた経験がある方はいらっしゃいますか?
数年前にTwitterの乗っ取り被害が流行し、いまだに乗っ取り被害を受けるTwitterユーザーがいます。

参照:
Twitter乗っ取り大流行、多様な手口と防御法とは?被害に遭ったらどうする? | ビジネスジャーナル

アカウントが乗っ取られると、最悪の場合アカウントが利用できなくなることもあります。また、覚えのないツイートを投稿する、勝手に他のユーザーにメッセージを送信するなど、自分だけではなく他のユーザーにも迷惑をかけてしまいます。

今回はTwitterのログイン認証の設定方法や、万が一乗っ取り被害にあったときの対処方法についてご紹介します。

Twitterのログイン認証とは

Twitterにログインするときに必要なのは、ユーザー名とパスワードです。そこに、ショートメールで届くコードを入力する工程を加えたのがログイン認証です。2段階認証ということもあります。
あらかじめ登録しておいたスマートフォンの電話番号を通して、ショートメールが届きます。送られたショートメールに記載されたログインコードを入力して、Twitterにログインする仕組みです。スマートフォンを利用している本人しか確認できないので、セキュリティ対策として有効な方法です。一つの電話番号で複数のアカウントのログイン認証を設定することもできます。

二段階認証の設定方法

ログイン認証を行う前に、Twitterアプリをダウンロードし「メールアドレスを確認」しましょう。

メールアドレスを確認する

IMG_4326__1_.png
Twitterアプリからプロフィールページをひらき、右上の方にある歯車マークをタップします。

IMG_4327.png
設定とプライバシーをタップします。

IMG_4328.png
設定をプライバシーのページの中から、アカウントをタップします。

IMG_4329_(1).png
メールアドレスをタップします。

IMG_4331.png
メールアドレスを追加するページが表示されるので、設定したいメールアドレスを登録します。

IMG_4333.png
登録したアドレスに、確認メールが届きます。「確認する」ボタンをタップすればメールアドレスの登録は完了です。

ログイン認証を設定する

IMG_4334_(1).png
もう一度プロフィールページから、歯車ボタン→設定とプライバシー→アカウントページにすすみます。メールアドレスの下のセキュリティをタップします。

IMG_4335.png
セキュリティ画面から、ボタンをタップしログイン認証を有効にします。

IMG_4337.png
ログイン認証の仕組みが書いているページが表示されます。一番下の「始める」をタップします。

IMG_4338.png
設定しているパスワードを入力します。

IMG_4339_(2).png
電話番号を確認してくださいというページが表示されるので、電話番号を確認してからコードを送信をタップしてください。

IMG_4341.png
スマートフォンのショートメッセージ(SMS)に認証コードが届きます。

IMG_4342.png
認証コードを入力してタップすれば、ログイン認証は完了です。
スマートフォンを紛失したときのためのバックアップコードも作成できます。

参照:
ログイン認証の利用 | Twitterヘルプセンター