突然ですが、Twitterを乗っ取られた経験がある方はいらっしゃいますか?
数年前にTwitterの乗っ取り被害が流行し、いまだに乗っ取り被害を受けるTwitterユーザーがいます。

参照:
Twitter乗っ取り大流行、多様な手口と防御法とは?被害に遭ったらどうする? | ビジネスジャーナル

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

アカウントが乗っ取られると、最悪の場合アカウントが利用できなくなることもあります。また、覚えのないツイートを投稿する、勝手に他のユーザーにメッセージを送信するなど、自分だけではなく他のユーザーにも迷惑をかけてしまいます。

今回はTwitterのログイン認証の設定方法や、万が一乗っ取り被害にあったときの対処方法についてご紹介します。

Twitterのログイン認証とは

Twitterにログインするときに必要なのは、ユーザー名とパスワードです。そこに、ショートメールで届くコードを入力する工程を加えたのがログイン認証です。2段階認証ということもあります。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

あらかじめ登録しておいたスマートフォンの電話番号を通して、ショートメールが届きます。送られたショートメールに記載されたログインコードを入力して、Twitterにログインする仕組みです。スマートフォンを利用している本人しか確認できないので、セキュリティ対策として有効な方法です。一つの電話番号で複数のアカウントのログイン認証を設定することもできます。