マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、ハッシュタグ収集・管理ツール「Tagtoru(タグトル)」です。

【ここがポイント】
ポイント1:SNSキャンペーンの定量的なデータ取得とそのデータを用いた分析が可能になる
ポイント2:企画はもちろん、制作・プロモーション施策・事務局対応までワンストップで対応
ポイント3:Webだけじゃない!デジタルサイネージや販促物への展開で店舗やイベントへの集客施策に

Tagtoru(タグトル)とは?

1.png

Tagtoruは、指定のハッシュタグがつけれらた投稿をインスタグラムやツイッターなどのSNSから収集し、一つのページに全て一度に表示できるツールです。

キャンペーン中、ハッシュタグ付きの投稿がいつ、どれだけ発生したかを可視化し、曖昧になりがちなSNSキャンペーンの効果を明確にします。ファンの投稿が集まるページコンテンツとしての価値も高く、さらにそれらを利用したキャンペーンが定量的に計測・管理できるツールとして、メーカーや飲食店など幅広い業種で活用されています。

紹介動画

「Tagtoru」担当者のメッセージ

altテキスト

広告事業部 後藤 一海 氏

Tagtoruは「プロモーション分析力の強化」「コンバージョン率のアップ」「実店舗・リアルイベントの満足度向上」の3つをミッションとして掲げています。

キャンペーン用のハッシュタグをつけて投稿したユーザーの属性や影響力を分析することで、自社が狙うべきユーザー像が明確になります。次回のプロモーションや、他の集客施策にも活かせますよね。

SNSはユーザー属性が見えやすいというメリットがあるので、そのメリットを最大限享受できるような環境を構築したいんです。

Tagtoruを通じて、クライアントにはSNSプロモーションの定量分析を自然に行えるようになっていただきたいですね。

マケスト編集部より一言コメント

SNSを使ったプロモーションというと、BtoCの大手企業が認知拡大のために大規模に実施するというイメージが強いかもしれません。

SNSは、リスティング広告のように健在ユーザーにピンポイントにアプローチするのではなく、潜在ユーザーに広くアプローチする方が適しています。

「潜在ユーザーに広くアプローチする場合は厳密な効果測定が難しいから、予算に余裕がある大手企業だけができること」と思われている方は多いかもしれませんが、潜在ユーザー向けのアプローチだからといって効果測定できないことはありません。

Web上で施策を行なっている以上、全ての動向がデータとして取得できます。潜在層向けの施策でもKPIを設定し、効果検証を行えば成果に繋がるはずです。

一見、成果と結びつきが弱く、定性的な要素が多いSNSプロモーションを、定量的に分析できる状態にする「Tagtoru」は、SNS活用になかなか踏み出せない企業の手助けになるツールでしょう。

続きは、