Webマーケティングの施策をやりたいと思っても、担当者は自分だけでそんなにたくさん予算はかけられないと悩んだことはありませんか?
株式会社イノーバがおこなった、BtoB企業マーケティング活動実態調査によると、60%以上の中小企業は、マーケティング専任の担当者はいないとして、体制が整備されていないことや予算が制限されていることを課題としてあげました。

参照:
「マーケティング専任者いない」66%|中小企業のマーケティング組織体制の実態 :: 株式会社イノーバ

そういうときに利用したいのが、IT導入補助金です。中小企業がITツールを導入するときに必要な経費の一部を補助してくれる制度です。

今回はIT導入補助金についての基礎知識や申請方法についてご紹介します。
補助金の概要や対象者について基本的な知識を身につけ、導入するか検討していきましょう。

IT導入補助金とは

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業や小規模事業主がソフトウェアやサービスといったITツールを導入するときに必要な経費の一部を補助する制度をさします。

導入すれば業務が効率よくおこなえると期待できても、予算が限られているためにITツールを利用できないといったことがあるかもしれません。
IT導入補助金を使えばITツールを導入するための経費を一部補助してくれます。この補助金を受け取れれば、予算内で利用できるツールがあるでしょう。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

IT導入補助金ができた目的

サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ホームページによると、IT導入補助金の目的は下記のように記載されています。

本事業は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、こうしたITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の経営力向上を図ることを目的とする。

引用:
サービス等生産性向上IT導入支援事業

ITツールを導入することで中小企業や小規模事業者の生産性を向上させることが、IT導入補助金の主な目的として設定されています。

補助金を受け取れる対象者

IT導入補助金を受け取れる対象者は、日本国内にある中小企業者等が対象となっています。対象になる中小企業者の定義は以下のように定義されています。

・資本金の額または出資の総額が3億円以下の会社
・常時使用する従業員の数が300人以下の会社および個人
・企業組合、協業組合等の組合関連 
・医療法人、社会福祉法人及び特定非営利活動法人

参照:
中小企業等経営強化法
IT導入補助金とは

また、補助対象にとなる業種は製造業、建設業、運送業をはじめ、小売業やサービス業など幅広い業種が対象となっています。

スクリーンショット_2017-05-29_18.23.21.png

詳細は、サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局が発表している、公募要領をご参照ください。

参照:
平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業 公募要領

補助金額

補助金の上限額・下限額・補助率は以下のように設定されています。

・補助金の上限額 100万円
・補助金の下限額 20万円
・補助率 3分の2以下

参照:
IT導入補助金リーフレット

補助金を受け取れる対象者や補助金額はあらかじめ決められており、すべての企業が利用できるものではありません。自社がIT導入補助金を受け取れる会社に該当するのか、確認してみましょう。

補助金対象になっているサービス

補助金が給付されるサービスは、あらかじめ承認されており、かつホームページに公開されているソフトウェア・サービスに限られます。
対象のソフトウェアやサービスは、大きく3つに分けられます。
一つ目は、新たな顧客を生み出す、売り上げに貢献するといったフロント業務です。
二つ目は、フロント業務をサポートして納期のスケジュールや人員配置を管理するミドル業務です。
三つ目は、会計といった数字を把握し縁の下の力持ちとなるバックオフィス業務です。
フロント業務に課題がある、ミドル業務とバックオフィス業務がうまくいかないなど、3つの業務でどの部分が解決したい課題なのかを洗い出しておくと、ツールを選びやすくなるでしょう。

また、対象になっているサービスは下記のホームページで検索して探すことが可能です。また、サービスを提供している事業者の一覧をダウンロードできます。どんなサービスが利用できるのか探してみましょう。
参照:
IT導入支援事業者・コンソーシアム検索画面
IT導入補助金とは

補助金を申請するときのステップ

補助金が交付されるまでには、いくつかステップがあります。

申請準備

ITツールを導入することでどのように業務を効率化できるのかといった事業計画を作成しなければいけません。事業計画を作成するのが難しい場合は、IT導入支援事業者や専門家に相談することもできます。

交付申請

サービス等生産性向上IT導入支援事業ホームページに記載されている必要書類に情報を記入し、申請手続きをおこないます。

交付決定

提出した書類に不備があった場合や確認事項があった場合は、連絡がくるので正しい情報を記載した書類を提出します。その後交付が決定すると連絡が届きます。
交付が決定する前にITツールの契約や発注をすると、補助金の対象にはならないので注意してください。

参照:
補助事業者について | サービス等生産性向上IT導入支援事業

まとめ

デジタル化がすすむ中で、Webマーケティングは必要不可欠なものになりました。今回ご紹介したIT導入補助金も、お金をかけずにWebマーケティングで効果を出す一つの方法です。現在抱えている業務上の課題を洗い出し、どのようなITツールを使えば解決できるのか、模索していきましょう。