Facebookの最近の傾向として、動画を重視している一面があります。
タイムライン上の表示アルゴリズムについても、動画の視聴維持率を評価対象とする、という方針が2017年1月には発表されました。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

参考:Facebook、動画の視聴維持率を評価対象とするアルゴリズムに変更へ。中でも「長尺動画」ほど上位に表示 | movieTIMES ムービータイムス

動画推奨の傾向はタイムライン上だけではなく、プロフィールにも適用されています。
2015年にはプロフィール画像において7秒の動画を設定することが可能になったことは記憶に新しいのでは。
これまでカバー画像については動画を設定することができませんでしたが、2017年6月中旬より順次カバー動画の設定が可能になっています。

今回は、Facebookページ・個人アカウントにおけるカバー動画の設定方法と、国内外の導入事例3選をご紹介します。
特に企業等がFacebookページを運用している場合、カバー動画を導入することでこれまで以上に表現の幅が広がりますので、実装済みであれば試してみることをオススメします。
なお、この機能は順次提供が開始されるため、未実装の場合もありますので注意してください。
また、開発段階であるため記事執筆時点(2017年6月22日)以降、機能が拡大する・動画要件の変更などの可能性もあります。

Facebookページのカバー画像を動画に変更する方法

使用できる動画の要件

Facebookページ・個人アカウントのカバーを動画に変更する場合は、以下の要件を満たしている必要があります。
また注意点としてスマートフォンでは、最新バージョンの公式Facebookアプリではカバー動画が再生されますが、ブラウザ(Safariでのみ確認済み)上では再生されない場合もあります。

・推奨サイズ:820ピクセル×462ピクセル(312ピクセル未満は不可)
・再生時間:20秒〜90秒(20秒未満は不可)
・テキストの入力は記事執筆時点では可能
ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

step1.

1.png
カバー画像を作成する際と同じように、要件を満たした動画を作成します。
作成したら「カバー写真を変更」をクリックしてください。
するとプルダウンメニューが表示されますので「Choose From Videos」または「写真/動画をアップロード」を選択してください。
「Choose From Videos」では過去にFacebook上に投稿した動画をカバー動画として使用することを、「写真/動画をアップロード」ではパソコンやスマートフォン内に保存されている動画を選択してアップロード・使用することを意味します。

step2.

2.png
動画をアップロードすると、エンコードされますのでしばらくそのまま待機します。

step3.

3.png
エンコードが終了したら、ドラッグ&ドロップで動画を左右・上下に動かして位置の調整を行います。
調整が終了したら「次へ」をクリックしてください。

step4.

4.png
最後に、動画が再生されていない時に表示されるサムネイル画像を選択します。
動画が自動で切り取られて画像として表示されますので、矢印アイコン(画像赤枠部分)を左右にクリックして使用するサムネイル画像を選択してください。
サムネイルの選択が終了したら「投稿する」をクリックします。
これでカバー動画の設定完了です。
なお「投稿する」をクリックしないうちはカバー動画が反映されませんので注意してください。
また「戻る」をクリックすると、ひとつ前の作業(サムネイルの選択)に戻ります。