英語、中国語、韓国語……など、日本語以外のニュース記事や文章を解読しようとした際に誰もが一度は使ったことがあるのが、Web上で手軽に使えるのが 「翻訳サイト」 です。

ただし、いざ翻訳してみると「表現がわからない」「ちゃんと訳せているのか?」といったように不安を覚えたことはないでしょうか。また、あまりメジャーではない言語の翻訳が必要になった時に、対応しているサイトを探すのに苦労したという方も少なくないはずです。

そこで、本記事ではオススメの翻訳サイト20個&裏技をあわせてご紹介します。
翻訳サイトといっても様々なものがあり、対応言語や翻訳方法も全て同じではありません。本記事が翻訳サイト選びの参考になれば幸いです。

※対応言語数などの情報は、2017年6月25日時点のものです。今後変更となる可能性がございますのでご了承ください
  

1. Google翻訳(翻訳:英語、韓国語、など)

Google翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

Google翻訳ではマイナーな言語も含め、全部で103言語に対応しています。幅広い言語に対応していますので、様々な地域の言語を翻訳する方にぴったりなのではないでしょうか。

Google翻訳2.png

対応言語数:103言語
翻訳方法:テキスト入力/Webページ読み込み/ファイルのアップロード

  

有料プランについて

「Translate API」というより堅牢なサービスも提供しています。
料金は使用量に基づき、月ごとに計算します。
Translate APIはこちら:https://cloud.google.com/translate/?hl=ja

1ヵ月あたりの料金(0~10億文字)
翻訳 20$/100万文字
言語の検出 20$/100万文字

実際の翻訳

Google翻訳3.png

試しにGoogle翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。単に翻訳してくれるだけではなく、各単語の翻訳や発音も教えてくれます。
  

2.WorldLingo

WorldLingo
http://www.worldlingo.com/ja/products_services/computer_translation.html

WorldLingoは、有料プランだと制限なしで翻訳できるのがポイントです。また、電子メールの翻訳機能も備えています。

WorldLingo2.png

対応言語数:15言語
翻訳方法:テキスト入力/Webページ読み込み/ファイルのアップロード/電子メール

  

有料プランについて

WorldLingoは無料プランの場合語数制限があり、500語までしか翻訳できません。
有料プランの「myWorldLingo」ですと、制限なしで翻訳ができます。
myWorldLingoはこちら:http://www.worldlingo.com/mywl/ja/overview.html

4.95 $/月
無制限で翻訳可能

  

実際の翻訳

WorldLingo3.png

試しにWorldLingoで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
翻訳結果を上に、翻訳前の文章は下に表示します。
  

3.bing翻訳

bing翻訳
http://www.bing.com/translator

bing翻訳は、対応言語数が比較的多い翻訳サイトです。マイクロソフトが提供するサービスであることも、安心して使えるポイントではないでしょうか。

bing翻訳2.png

対応言語数:61言語
翻訳方法:テキスト入力//Webページ読み込み

  

実際の翻訳

bing翻訳3.png

試しにbing翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
音声で発音を聞くことができるようになっており、「男性・女性」「国籍」を切り替えることが可能です。
性別、国籍による発音の違いなども分かるのではないでしょうか。
  

4.So-net翻訳

So-net翻訳
http://www.so-net.ne.jp/translation/

So-net翻訳は、英語・韓国語・中国語に対応した翻訳サイトです。これらの言語しか翻訳しない、という方には使いやすくぴったりなのではないでしょうか。

So-net翻訳2.png

対応言語数:3言語
翻訳方法:テキスト入力//Webページ読み込み

  

有料プランについて

プロの翻訳者による翻訳(英語)サービス「スピード翻訳」を有料にて提供しています。
翻訳料・納期は、自動見積もりフォームで確認できます。
スピード翻訳はこちら:https://www.quicktranslate.com/?fr=SON

要見積もり

  

実際の翻訳

So-net翻訳3.png

試しにSo-net翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
  

5.エキサイト翻訳

エキサイト翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

エキサイト翻訳では、無料サービスながら2,000文字程度までの文章を翻訳することができます。長文の翻訳をしたいという方にはオススメのサービスです。翻訳は、tab+Enterでもサクッとできます。

エキサイト2.png

対応言語数:32言語
翻訳方法:テキスト入力//Webページ読み込み

  

実際の翻訳

エキサイト3.png

試しにエキサイト翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
特徴的な機能として、テキストの翻訳結果を保存することができる「マイ翻訳」機能があります。
その他、コピー、印刷も可能です。
  

6.Infoseek マルチ翻訳

Infoseek マルチ翻訳
http://translation.infoseek.ne.jp/

Infoseek マルチ翻訳は、Google翻訳などのサービスと比べると対応言語が少ないものの、メジャーな言語は押さえています。画面設計はかなりシンプルで、無駄がなく使いやすい印象です。

Infoseek_マルチ翻訳2.png

対応言語数:10言語
翻訳方法:テキスト入力/Webページ読み込み

  

有料プランについて

翻訳関連の企業を行う株式会社クロスランゲージにて、「翻訳者に依頼する」「プレミアム機会翻訳」の2種類の有料サービスを提供しています。

・翻訳者に依頼
24時間365日いつでも翻訳が依頼できる、翻訳者と顧客を繋ぐマッチングサービスです。求めるレベルに合わせて予算が選べます。

最低価格1文字5円〜15円

・プレミアム機会翻訳
無料の翻訳サービスにはない専門語辞書、様々な便利機能が使えるのがポイントです。
プレミアム翻訳(日・英)、プレミアム翻訳(日・英・中・韓)の2コースがあります。

プレミアム翻訳(日・英)500円+消費税/月
プレミアム翻訳(日・英・中・韓)800円+消費税 /月

  

実際の翻訳

Infoseek_マルチ翻訳3.png

試しにInfoseek マルチ翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
左下の「すべてクリア」で、文章が一括削除できるようになっています。
  

7.Baiduオンライン翻訳

Baiduオンライン翻訳
http://translate.baidu.co.jp/

Baiduオンライン翻訳は、日本でもメジャーなよく使う言語を中心に、28言語に対応しています。かなりシンプルな設計ですので、とりあえず翻訳だけできればいいという方には使いやすいのではないでしょうか。

Baiduオンライン翻訳2.png

対応言語数:28言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Baiduオンライン翻訳3.png

試しにBaiduオンライン翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
言語自動判定付きで、翻訳ボタンなしでも自動翻訳してくれました。
  

8.Linguee

Linguee
http://www.linguee.jp/

Lingueeは25言語に対応した翻訳サイトです。スマホアプリを提供しているため、PCはもちろん、移動中にも翻訳ができます。

iOSアプリはこちら
Androidアプリはこちら

Linguee2.png

対応言語数:25言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Linguee3.png

試しにLingueeで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
ページ上部に辞書、下部には外部ソースを表示します。
辞書で単語チェックができるので便利です。
  

9.weblio翻訳

weblio翻訳
http://translate.weblio.jp/

weblio翻訳は、英語・中国語・韓国語・日本語に対応しています。これらは日本の方が翻訳で多く利用する言語だと思いますので、使いやすいのではないでしょうか。

weblio翻訳2.png

対応言語数:4言語
翻訳方法:テキスト入力//Webページ読み込み

  

有料プランについて

有料プランとして「スマート翻訳」を提供しています。
英語翻訳、日本語の英訳、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に対応可能です。
無料ページで翻訳した文章をそのまま見積もりしてくれますので、どのくらいのコストがかかるかすぐにわかります。
ちなみに「今日は日曜日です。」の場合、文字数9文字で見積り概算は約90円でした。
スマート翻訳はこちら:https://www.smart-translation.com/

料金:要見積もり

  

実際の翻訳

weblio翻訳3.png

試しにweblio翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
特徴的なのが、機械翻訳の結果が1つ以上出てくる点、音声速度を変更できる点、類似した例文の表示をしてくれる点です。
さらに、ページ右側に英和和英辞典があり、移動することなく言葉の意味を調べることができます。
  

10.SYSTRANet

SYSTRANet
http://www.systranet.com/dictionary/

SYSTRANetは15言語対応の翻訳サイトですが、日本語から翻訳できるのは英語のみとなっています。対応言語は少ないものの、たくさんの機能はいらないという方には便利なサービスです。

SYSTRANet2.png

対応言語数:15ヵ国
翻訳方法:テキスト入力//Webページ読み込み

  

実際の翻訳

SYSTRANet3.png

試しにSYSTRANet翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
左側に翻訳前の文章、右側に翻訳結果を表示します。
アイコンを押すことで、横並びから縦並びに変更することも可能です。
  

11.SDL Free Translation

SDL Free Translation
https://www.freetranslation.com/ja/

SDL Free Translationは、今回ご紹介している中でも対応言語数が特に多いサービスです。洗練されたページデザインも印象的です。また、ファイルのアップロードでも翻訳してくれるのが魅力的です。

SDL_Free_Translation2.png

対応言語数:46言語
翻訳方法:テキスト入力//ファイルのアップロード

  

有料プランについて

有料でプロフェッショナルな翻訳サービスも用意しています。
文書翻訳、Webサイト翻訳に加えてビデオ翻訳もできます。

料金:要見積もり

  

実際の翻訳

SDL_Free_Translation3.png

試しにSDL Free Translationで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
SNSでのシェア、音声、印刷などができます。
また、入力用のキーボードを表示してくれますので、タイピングせずとも翻訳が可能です。

  

12.babylon

babylon
http://translation.babylon-software.com/

辞典サービスと翻訳ソフトウェアサービスのbabylonによる翻訳サイトでは、30言語もの言語に対応していること、海外サービスながら日本語に変換して閲覧できるのが特徴です。Babylonのデータベースには1,600冊以上の辞典、用語集を収録しているとのことで、様々な翻訳が期待できます。

babylon2.png

対応言語数:30言語
翻訳方法:テキスト入力

  

有料プランについて

翻訳の専門家を起用した「Babylonプロフェッショナル翻訳」を提供しています。
ビジネス翻訳、法務翻訳、技術翻訳、医学翻訳と、専門的な分野の翻訳も可能です。

料金:要見積もり
最低料金:$8

Babylonプロフェッショナル翻訳はこちら

  

実際の翻訳

babylon3.png

試しにbabylonで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
対応言語が多いものの、主要な言語はリスト内上部に配置していること、シンプルで見やすい画面設計が魅力的です。
  

13.ALCOM WORLD

ALCOM WORLD
http://alcom.alc.co.jp/translate

ALCOM WORLDは、英語と日本語のみに対応している翻訳サイトです。
無料サービスでデフォルトでは半角100文字/全角50文字までしか翻訳できませんが、会員登録しログインすれば全角2,000文字程度まで翻訳できます。

ALCOM WORLDは、翻訳ができるだけではなく、語学の疑問をQ&Aで解決できるのが魅力的です。
「〜〜はどういう意味?」「本文に対しての回答文を教えて!」など様々な質問が寄せられていますので、翻訳や語学学習の参考になるのではないでしょうか。

ALCOM_WORLD2.png

対応言語数:2言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

ALCOM_WORLD3.png

試しにALCOM WORLDで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
入力ボックスの下に使い方の記載もしてありますので、初心者にもわかりやすいのではないでしょうか。
  

14.Fresh eye

Fresh eye
http://www.fresheye.com/translate/

Fresh eyeは、日英翻訳、日中翻訳に対応している翻訳サイトです。業界に詳しいエディターによる専門用語辞書を使用、1文ずつの対訳表示機能付なのが特徴です。

Fresh_eye2.png

Fresh_eye3.png

対応言語数:日英翻訳、日中翻訳
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Fresh_eye4.png

試しにFresh eyeで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
原文と1文ごとに対比してくれますので、どこの文章なのかわからない、ということもありません。
  

15.Dictionary.com

Dictionary.com
http://translate.reference.com/

Dictionary.comは、43もの言語に対応しています。とにかく対応言語数が多いので、グローバルに活動している方にぴったりです。翻訳してくれるだけでなく、その国の様々なフレーズを紹介してくれるのも特徴的です。ちなみに、英語に設定した場合「Hello!」「What is your name?」「Excuse me, where is ___?」といったフレーズを紹介してくれました。

Dictionary.com2.png

対応言語数:43言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Dictionary.com3.png

試しにDictionary.comで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
入力箇所の「symbols&accents」を押すとアクセント記号やシンボル記号を打つことができます。

  

16.Online-Translator.Com

Online-Translator.Com
http://www.online-translator.com/

Online-Translator.Comは、比較的多い16言語に対応しており、メジャーな言語はほとんどカバーしています。表示モードの切り替え、辞書など様々なサービスがついているのも便利な点です。

Online-Translator.Com2.png

対応言語数:16言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Online-Translator.Com3.png

試しにOnline-Translator.Comで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
英語のサービスではありますが、シンプルな設計ですので、英語が苦手な方でも問題なく使えるのではないでしょうか。
  

17.Cute007

Cute007
http://trans.cute007.com/CuteTrans.html

Cute007は、英語、韓国語、中国語を含む全8言語に対応しています。多くの翻訳サイトでは言語を選択する際にリストから選びますが、Cute007は一覧で表示しているため、選択・切り替えしやすいのがポイントです。

Cute007_2.png

対応言語数:8言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Cute007_3.png

試しにCute007で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
Cute007では、横断翻訳ができるようになっているため、一度に複数の翻訳結果を表示してくれます。
  

18.Free Translation Online

Free Translation Online
http://translation2.paralink.com/

Free Translation Onlineは、55言語に対応しています。Google翻訳には及ばないものの、多くの言語に対応していますので、様々なシーンで使えるのではないでしょうか。先にご紹介したCute007と同様、横断翻訳が可能です。

Free_Translation_Online_2.png

対応言語数:55言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Free_Translation_Online_3.png

試しにFree Translation Onlineで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
フォーム横には、印刷・キーボード・Eメールなどのアイコンがあります。
  

19.Im Translator

Im Translator
http://freetranslation.imtranslator.net/

Im Translatorは、今回ご紹介したサービスの中でも特に多い55言語に対応しています。翻訳したい言語が対応しているサービスが無かった、という時には一度試してみたいものです。

Im_Translator_2.png

対応言語数:55言語
翻訳方法:テキスト入力

  

実際の翻訳

Im_Translator_3.png

試しにIm Translatorで「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
日本語ではないため、画面がやや分かりづらい印象を受けます。
  

20.医療翻訳

医療翻訳
http://translate.qlifepro.com/

医療か翻訳は、医療から薬学まで医療専門辞書を備えた医療者専用の翻訳サイトです。日本語から英語、英語から日本語のみ翻訳ができます。翻訳以外に、最新医療ニュースや様々な情報をチェックすることも可能です。

医療翻訳2.png

対応言語数:2言語
翻訳方法:テキスト入力

実際の翻訳

医療翻訳3.png

試しに医療翻訳で「日本語→英語」に翻訳してみたところ、画像のような結果になりました。
医療に関する翻訳が必要なときに使ってみてはいかがでしょうか。
なお、QLM ID非会員は100文字、会員は4000文字程度まで翻訳可能です。
  

【裏技その1】翻訳を効率良くブラッシュアップする(日本語⇔英語)

Google翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

ここまでご覧いただき「結局どうやって翻訳するのが効率いいの?」と思ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。そこで、効率良く(日本語⇔英語)翻訳する裏技的方法をご紹介します。
  

STEP.1 「Google翻訳」を使って翻訳する

まずは、Google翻訳を使って日本語⇔英語の翻訳を行っておきます。これで大体の翻訳は完成します。

Google翻訳:https://translate.google.co.jp/?hl=ja
  

STEP.2 細かい部分を検索して確認

Google翻訳で翻訳した結果をもとに、細かいキーワードを「アルクの英辞郎」で検索しニュアンスに問題ないかチェックしましょう。

アルクの英辞郎:http://www.alc.co.jp/
  

STEP.3:文法や文脈の確認

作成した英文を英文チェッカーを使って文法、文脈を確認しましょう。オススメは「Ginger Page」です。

Ginger Page:http://www.getginger.jp/

以上の方法を行えば、翻訳サイトの英文をさらに磨くことができるでしょう。
  

【裏技その2】自社Webサイトの翻訳をよりスピーディに

wovn.io
https://wovn.io/ja/

翻訳サイトを使えば簡単に翻訳ができるものの、Webサイトのように分量が多い場合にはいちいち翻訳するのは面倒なものです。そこで、自社ホームページの翻訳にオススメしたいのが「wovn.io」です。

「wovn.io」は、30言語に対応したサイト多言語化・WEBページ翻訳サービスです。導入方法は、URLを登録・翻訳方法を選択し、翻訳完了後公開・WOVN.ioを導入のたった3STEPです。導入すれば最短5分で簡単にホームページの翻訳ができます。
wovn.io:https://wovn.io/ja/

動的コンテンツページも多言語化できますし、海外SEOにも対応してます。無料お試しできるプランがありますので、一度試してみるといいでしょう。

料金 フリー 無料、スタートアップ 5,000円/ 月、ビジネスプラン 25,000円/月、エンタープライズ  100,000円/月

  

まとめ

翻訳サイトを選ぶ際にポイントとなるのが「翻訳方法が対応しているか」「言語が対応しているか」という点です。例えば、ファイルをアップロードして翻訳してもらいたいという時に、翻訳方法が対応していなければ、その翻訳サイトを使うことはできません。当然、翻訳したい言語にも対応している必要があります。

英語、中国語といったメジャーな言語であれば大半のサービスが対応していますが、そうではない言語ですと非対応のサービスもありますので、いざという時に備えて知っておきたいものです。気に入った翻訳サイトがあれば、ぜひブックマークしておいてはいかがでしょうか。