編集者所感

広告代理店の運用する多くのリスティング広告アカウントに改善の道を示し続けてきたGoogle米満さんの講演でした。

マッチタイプの重複を自らに例えて、「今ここに米満が4人いたら気持ち悪いでしょう?」と笑うお茶目な一面に会場がなごむ一幕もありつつ、同一キーワードで複数の広告グループを作らない、改善の優先度は量→質→鮮度、など、普段はあまり聞けないお話も多かったのではないかと思います。

ユーザーがこのキーワードで検索した時にどんな広告が出ていれば役立つだろう?」という視点を忘れずに、意図した検索クエリに対し、意図したキーワードのマッチタイプ・広告文で確実に表示させること、そこをまずしっかり構築していくことが肝要だと考えさせれる内容でした。

【第三部】ディスカッション&懇親会

今回のイベント名に銘打たれている「Meetup」は、共通の趣味を持つ人の集い、会合という意味を持ちますが、主旨に違わず、セミナーの後のディスカッションや懇親会では、侃々諤々と積極的な意見交換がなされていました。

いつも同じチームのメンバーで運用をしていると、ふと自分が立っている場所や、進んでいる方向性に不安を覚えたり、知識量や運用スキル、視野の広さが気になったりすることもあるのではないでしょうか。

そんなとき、その道で長い間活躍している方や、他社で同じように現場の最前線で働くリスティング広告プレイヤー同士で語り合うことで得られる、新たな発見や気付きはたくさんあります。

ただ講義を聞くだけでなく、その場ですぐに意見交換や議論をしてアウトプットすることで、より洗練された実用的な知識に昇華できるという意味でも、非常に有意義なイベントであったように思います。

これからもこうした運用者のための場を継続的に設けていくということですので、今後ますますUnyoo.jpの動向は要チェックです。

※本記事は、2015年2月6日に行われたUnyoo.jp Meetup Vol.1 「テクノロジーに寄り添う」での講演の一部内容をまとめたものです。
banar

このニュースを読んだあなたにおすすめ

リスティング広告の効果を知るための考え方
リスティング広告のキーワードマッチの種類を覚えよう
Yahoo!プロモーション広告のかんたん広告作成の設定方法

このニュースに関連するカリキュラム

リスティングに関するカリキュラム

リスティングに関するカリキュラム

リスティングに関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。