ホームページへの流入キーワードを知るのに便利なGoogle Search Consoleですが、データ保存期間が90日と短く、不便に感じている方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介する「Search Analytics for Sheets」なら、検索に関するデータをGoogle Search ConsoleからGoogleスプレッドシートに直接取得できます。また、自動バックアップもできるので、データの管理やレポート作成にかかる時間が大幅に削減されます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

目次

  1. Search Analytics for Sheetsとは
  2. Search Analytics for Sheetsの特徴
  3. Search Analytics for Sheetsの使い方
    1. インストール
    2. データを取得
    3. 自動でデータを取得
  4. まとめ

Search Analytics for Sheetsとは

01_top.png
https://chrome.google.com/webstore/detail/search-analytics-for-shee/ieciiohbljgdndgfhgmdjhjgganlbncj

Search Analytics for Sheetsとは、指定したホームページのクエリ、ページ、クリックなどのデータをGoogle Search ConsoleからGoogleスプレッドシートに直接取得できるGoogle Chromeのアドオン機能です。自動バックアップも可能です。

Search Analytics for Sheetsの特徴

  • Google Search ConsoleからGoogleスプレッドシートにデータを直接取得できる
  • 取得データの項目やフィルターを設定できる
  • 自動バックアップ機能で毎月(毎日)データを取得できる

Search Analytics for Sheetsの使い方

1.インストール

02_install.png
https://chrome.google.com/webstore/detail/search-analytics-for-shee/ieciiohbljgdndgfhgmdjhjgganlbncj

Search Analytics for Sheetsにアクセスし、「追加」をクリックします。

03_install.png
アプリの使用開始を許可します。

04_install.png
Googleアカウントを選択します。

05_install.png
「許可」をクリックし、設定完了です。

2.データを取得

06_install.png
Googleスプレッドシートを開き、「アドオン」メニューから「Search Analytics for Sheets」、「Open Sidebar」をクリックします。

07_data.png
右側にサイドバーが表示されます。

08_start.png
まずはデータ取得をするホームページ(Verified Site)、データ取得期間(Data Range)、検索タイプを設定します。

09_group.png
データグループ(Data/Query/Page/Country/Device)、フィルターを設定します。

10_other.png
集約タイプ(プロパティ・ページ)、行数(1000・5000・全て)、シート(新しく作る・現在のシート)を設定し、「Request Data」をクリックします。するとシートのセルにデータが挿入されます。

3.自動でデータを取得

11_backup.png
「Backups」タブにて、先ほどと同様に取得データの項目を設定します。そのほかに、下記項目を設定します。

Period:デイリーかマンスリーを選択できます。
Email me Backup status:データが取得されたらメールでお知らせが届きます。
Run a backup cycle right away:次の取得タイミングを待たずに今すぐデータが取得できます。

設定が完了したら「ENABLE BACKUP」をクリックし、自動取得設定の完了です。

まとめ

データを指定した形式でGoogleスプレッドシートに自動で取得してくれるため、データが消えてしまうGoogle Search Consoleでは必須のアドオンといえます。
ぜひ、使ってみては如何でしょうか。