皆さんは、普段の業務や日常生活においてチャットツールをお使いでしょうか。

現在、チャットツールには、Facebookメッセンジャー、LINE、ChatWork、WeChat、Skype、TypeTalk……など、様々な種類があるのをご存知でしょうか。

ただ、非常に便利なチャットツールですが、気を付けなければならない点があります。それがツールそのものの、セキュリティーに関してです。

確かに便利で、ビジネスにも、生活にもな欠かすことができないチャットツールですが、一部のツールではやりとりする画像やテキストなどの添付ファイルが、それぞれのデータサーバー上に残ってしまい、機密情報を扱うにはセキュリティ上好ましくないものもあるのも事実です。

でも、全ての会話やデータが完全に暗号化されているとわかっていたらどうでしょうか。

会社の社員も、如何なる国家権力だったとしても解読不可能なように暗号化されているのであれば、安心してメッセージングを楽しむことができるはずです。まさに、それを可能にしたのが「Wire」と呼ばれるチャットツールです。

そこで今回は、メッセージを完全暗号化する、セキュリティ対策ばっちりのチャットツール「Wire」の基本的な使い方についてご紹介します。
  

メッセージを完全暗号化するWireの仕組み

Wireは2014年末にSkypeの多くの元社員を中心に設立され、のちにSkypeの共同設立者でもあったヤヌス・フリース氏も再び参画をしたことで知られる企業です。Windows・Mac ・Linux・iOSAndroidとクロスプラットフォームで利用でき、何よりシンプルなUIが人気です。

昨年4月にはFacebookが10億人以上もいるWhatsAppユーザーエンドツーエンドの暗号化技術を導入しましたが、これまではこうした技術を利用したチャットは、内密な取引を行うビジネスマンや政府関係者のみが使う技術で、一般的ではありませんでした。

エンドツーエンドの暗号化技術とは、送信者と受信者のみがお互いのメッセージを読めるようにする暗号化技術のことです。送受信中に暗号を解くことはできないので、アプリ作成者であってもやりとりをみることはできません。

実際、世界を震撼させた「スノーデン事件」の末路を描いた映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』でも、元CIAのエドワード・スノーデン氏が国家安全保障局(NSA)によるプライバシー侵害を告発し、スノーデン氏と告発先のジャーナリストとの間でエンドツーエンド技術を使った通信アプリを使用しているシーンがあります。安全なメッセージングは現在では主流にはなっていますが、いまだに全てのアプリが本当に安全にやりとりできるかというと、そうではありません。

もしかしたら、日頃の何気ない会話の中にも、「今どこにいるか」「どんな仕事をしているのか」「資産をどれくらい持っているのか」などの情報が筒抜けになり、プライバシー情報が抜き取られる可能性もあります。Wireは国際政治的にも中立な立場にあるスイスに本部を置き、そのプライバシーの安全性はEU法によって保障されています。

エンドツーエンドの暗号化技術を用いることで、提供者がチャットログを政府や諜報機関に引き渡すような可能性は完全に排除されるのです。

参考:
EU法|リサーチナビ 国立国会図書館