ユーザーページから離脱してしまう理由は様々ありますが、大きな要因の1つとして「ページの読み込み時間」が挙げられます。
ページの読み込み時間が遅い場合、ページ内で発信されている情報が役に立つかどうか判断する前に離脱してしまう可能性が高くなります。

どれだけ良いコンテンツであっても、読まれなければ意味がありません。
ページ読み込み速度の改善はユーザー体験に直結するので、優先して取り組むべきです。

今回は、Google公式の無料ツール「Test My Site」をご紹介します。
「Test My Site」はページの読み込み時間を診断し、改善案の検討の参考になる情報を提示してくれるものです。

あわせて、Googleが公式配信しているページ読み込み時間診断ツール「PageSpeed Insights」との違いもご紹介しますので、ぜひ自社サイトに適したツール選択の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Test My Siteとは

1.png
Test My Site
「Test My Site」とは、Googleが公式で配信している、モバイルサイトのテストツールです。
ページ内で非常に有益な情報を紹介したいたとしても、そもそもページが表示されるのが遅い場合、すぐに情報を得たいユーザーは内容を把握する前に離脱してしまう可能性が高まります。

Googleでは、モバイル上でページを閲覧するユーザーの約半数が3秒以上読み込みに時間がかかる場合は離脱してしまう、という発表もあります。

参考:
Mobile speed impacts publisher revenue|DoubleClick

そこで「Test My Site」を使用すれば、モバイル上でのページの読み込み速度を診断して改善のための施策を検討することができます。

使用方法は非常に簡単で、Test My Siteにアクセスしたら表示されているボックス内に診断したいページURLをコピー&ペーストするだけです。
入力後に矢印アイコンをクリックすると、3G回線下での表示について自動診断が行われます。

Test My Siteで診断できる内容

Test My Siteで診断できる内容は、主に以下の3つです。

各項目に「無料レポートを取得」というボタンが表示されていますので、診断結果をチームで共有したい、保存しておきたいなどの場合はボタンをクリックして表示されたポップアップ画面上にメールアドレスを入力してください。

入力後、1時間前後でレポートが送信されます。

1.モバイル上でのページの読み込み時間

2.png
モバイル上でのページ(ホームページ含む)の読み込み時間と改善度が計測されます。
あわせて、診断を行った現状でページを訪問したユーザーの、読み込み時間が影響する推定離脱率もパーセンテージ表示されます。

改善が必要な場合は「要改善」というメッセージが表示されますので、読み込み時間の改善施策を検討しましょう。
なお、モバイルフレンドリーに対応していないページを診断した場合は、ここの項目で「お客様のサイトはユーザビリティのガイドラインを満たしていないようです」と表示されます。

2.同じ業界内でのページの読み込み時間の比較

3.png

次の項目では、同じ業種内でのページの読み込み時間の比較について表示されます。
業種は、アート・エンターテインメントや美容・パーソナル、書籍・文学、ビジネス・産業、パソコン・家電用電化製品、インターネット・通信など、26業種から自動的に選択されます。

選択された業種が異なる場合や、ほかの業種内で比較を行いたい場合は、上画像赤枠部分の「業種」部分をクリックして選択してください。

3.ページの読み込み時間を向上するための修正点の提示

4.png
最後の項目では、ページの読み込み時間を向上するための施策を検討する際に参考にしたい、修正によって短縮できる時間や修正点の提示などが表示されます。

上画像赤枠部分の「優先度の高い修正点を確認」をクリックすると、特に修正した方がよいと判断された項目が提示されますので、ここで提示された内容を参考に改善案を検討してください。

PageSpeed Insightsとの違い

Googleは、ページの読み込み時間の計測ができる公式ツール「PageSpeed Insights」も配信しています。
同じ読み込み時間の計測ツールでも「Test My Site」と「PageSpeed Insights」では診断内容が少し異なります。

両ツールの違いを把握して、自社ホームページを診断する際はどちらが適しているのか、何を診断したいのか、などによって最適なツールを選択してください。

1.診断できるデバイスの違い

Test My Siteではモバイルを対象として読み込み時間を診断しますが、PageSpeed Insightsではパソコン・モバイル共に診断することができます。

ターゲットとしているユーザー層がモバイルよりもパソコンでページを閲覧する機会が多い場合は、PageSpeed Insightsでの診断がオススメです。

2.診断結果の表示方法

Test My Siteではモバイル上でのページの読み込み時間や離脱率を具合的な数値で把握することが可能です。
一方PageSpeed Insightsでは、スコアで読み込み時間の診断が行われますので、具体的な時間や離脱率の数値は表示されません。

ターゲットとしているユーザー層がモバイル上でページを閲覧する機会が多いなら、Test My Siteを使用して具体的な読み込み時間・離脱率を把握することをオススメします。
ただしTest My Siteは、3G回線下での読み込み時間について計測するものです。
PageSpeed Insightsでスコアを確認することも忘れないようにしましょう。

3.提示される改善案の細かさ

Test My Siteでは、特に優先度の高い修正点が表示されます。
一方PageSpeed Insightsでは、読み込み時間を改善するために必要な改善点が細かく表示されます。

Test My Siteでも「無料レポートを取得」をクリックしてメールにてレポートを受信すれば細かい改善点を確認することができますが、レポートを受信するには1時間前後必要となりますので(10分程度で送信されてくる場合もあります)、すぐにでも細かい改善点を把握したい方にはPageSpeed Insightsがオススメです。

反対に、まず優先度の高い改善点は何か、について把握しておきたい、という方はTest My Siteの方が見やすいでしょう。

まとめ

ページの読み込み時間は、少しでも多くのユーザーに自社の発信している情報を届けるために重視したい項目のひとつです。
自分自身が検索を行う際に置き換えて考えてみると、すぐにページが表示されないと離脱してしまうのではないでしょうか。

以前と比べて情報を発信することのハードルが下がり、誰でも簡単にWeb上で発信ができる現在、多くの情報がユーザーの届かないまま埋もれてしまっています。
このような中でターゲットとするユーザーに情報を確実に届けるために行わなければならない施策は多々あります。
ページの読み込み時間の改善もそのひとつ。おろそかにせずに、着実に改善していきましょう。