インスタグラムのストーリー機能がリリースされて1年、現在では全世界で毎日2億5,000万人以上ものユーザーがストーリーを利用しています。

ユーザーとのコミュニケーションも取りやすく、タイムセールの告知にも向いているストーリーは企業にとっても活用していきたい機能の1つでしょう。
ですが、24時間で消えてしまうという特徴をどのように活かせばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、インスタグラムストーリーの企業活用事例を6つご紹介します。
スターバックスコーヒーやH&Mなど、海外では数多くの企業がストーリーを活用しています。
これからストーリーを使っていきたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

インスタグラム「ストーリー」とは

インスタグラムの「ストーリー」とは、作成から24時間経過すると自動で削除される投稿形式です。

独自のタイムラインを持ち、フォローしているユーザーが投稿したストーリーを連続で再生できるのが特徴です。
ストーリーでは閲覧したユーザーごとに視聴した回数を把握することもできます。コメントを受け付けることもできるため、他のユーザーとのコミュニケーション手段としても利用できます。

参考:
[Instagramストーリーで写真や動画をシェアするには?|Instagramヘルプセンター] (https://www.facebook.com/help/instagram/1257341144298972?helpref=hc_fnav)
[インスタグラムの新機能「ストーリーズ」の使用方法を徹底解説|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/4871)

「ストーリー」の企業活用事例

企業においてもストーリーの活用は広がっており、2017年7月にはインスタグラムを利用する企業のうち50%以上がストーリーを投稿しています。
では、具体的にどういった企業が活用しているのでしょうか。国内外の6つの企業を紹介します。

参考:
インスタグラム ストーリーズの展開から1周年を記念し、関連データを発表 | Facebookニュースルーム
ビジネスのInstagram Stories活用事例 | Instagram for Business
[Instagram Storiesで集客せよ!人気企業アカウントの活用事例|インスタアンテナ] (http://insta-antenna.com/instagramstories.businessuser)

1.Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)

Mercedes_Benzさん__mercedesbenz__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/mercedesbenz/

自動車メーカーの「メルセデス・ベンツ」では、Mercedes-AMGモデルでドイツの風景を撮影する様子を動画と写真を組み合わせて、ストーリーに投稿しました。
ドイツの情景が楽しめるだけでなく、ストーリーではMercedes-AMGモデルの新機能も紹介されています。

2.Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)

Starbucks_Coffee_☕さん__starbucks__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/starbucks/

コーヒーショップの「スターバックスコーヒー」では、新商品の紹介としてストーリーを活用しています。
例えば、アイスドリップコーヒーとクリーム入りのアイスカフェアメリカ―ノの紹介では、写真と動画を組み合わせた内容に対して、手書きのイラストを加えたものを投稿しています。

ストーリーには、文字やスタンプだけでなく、イラストを描き加えることができます。色や太さ、線の効果も自由に選べるので、特別な編集ソフトがなくても手軽に魅力的な投稿が作成できるのもポイントでしょう。

参考:
【2016年アップデート最新情報】インスタグラム「ストーリー」の撮影・描写・シェアまでの手順を解説|ferret [フェレット]

3.タコベル

Taco_Bellさん__tacobell__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/tacobell/

メキシコ料理のファストフードチェーン店である「タコベル」では、最初に投稿したストーリーとして、タコベルのスタッフがストーリーの世界に入りこむという内容を投稿しています。

ストーリーの中では、食べ物の紹介やゲーム、店舗の舞台裏など、今後どのようなストーリーを見たいかフィード上に投稿するよう呼びかけました。

タコベルではストーリーがリリースされる以前から、ストーリーに似た機能を持つ「Snapchat」を活用しており、ストーリーの投稿にも積極的に取り組んでいます。
国内での店舗は少ないチェーン店ですが、インスタグラムを積極的に運営している企業として参考にしてみるのもいいでしょう。

参考:
[ソーシャルメディア活用 ベストプラクティス|経済産業省]
(http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/consumer/pdf/sns_best_practice.pdf)

4.H&M

H_Mさん__hm__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/hm/

アパレルショップの「H&M」では、モデルやインテリアデザイナーとして知られているCamilla Deterreの画像を紹介するストーリーを投稿しました。
公式ホームページ上では、彼女のインタビューとモデルとして撮影した洋服のピンナップを掲載しており、ストーリーからホームページへの閲覧を呼びかける内容となっています。

5.ViVi

ViViさん__vivi_mag_official__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/vivi_mag_official/

ファッション雑誌の「ViVi」では、ファッション関連のイベント告知としてストーリーを活用しています。
例えば、ファッションブランドのサマンサタバサが新しいショップをオープンした際には、ショップのオープンイベントの様子をストーリーとして発信しました。

6.HONDA

Hondaさん__honda__•_Instagram写真と動画.png
https://www.instagram.com/honda/

自動車メーカーの「HONDA」では、新しく発売されるモデルの紹介にストーリーを利用しています。
新商品の発表会に合わせてモストーリー上でも紹介することで、発表会には来ていない一般ユーザーに対してもアプローチできるでしょう。

まとめ

ここまで紹介してた企業をはじめ、企業では以下のようなコンテンツをストーリーで投稿しています。

1. 時間を利用した投稿|タイムセールなどの実施
 2.コミュニケーションをとるための投稿|プロモーションやコンテストの実施
3.ハウツー系のコンテンツ投稿|生活のアイディアや商品の活用方法を紹介
4.ブランドへの注目を集める投稿|ティザー広告などの発信
 5.他では見られない特別な投稿|店舗や商品ができる過程など舞台裏を紹介

また、現在インスタグラムでは、ストーリー内にリンクを設置する機能をテストしています。リンク機能が搭載されれば、自社のホームページへの誘導が行えることとなり、より一層の活用が見込めるでしょう。

ストーリーでは広告を出稿することもできます。自社のフォロワーだけでなく、より広いユーザーに対して配信したい場合は、広告を活用するのもいいでしょう。

参考:
Instagram Stories広告が全世界で利用可能に | Instagram for Business