「緊急でWebサイトを公開したい…!」

そのような場合、通常であればレンタルサーバーを借りるのが一般的です。しかし、画像やHTMLファイルを中心とした数ページWebサイトであれば、数GBも用意されているレンタルサーバーはかえって割高に感じるかもしれません。

シンプルなWebサイトを公開するだけであれば、容量ごとに従量課金で料金を支払うAmazon Web Service(AWS)を利用するのが便利です。コンテンツの公開も一般的なレンタルサーバーと同じように10分程度で完了します。また、契約期間の縛りもないため、必要がなくなった時点で契約を終了することも可能です。

そこで本稿では、AWSを使って簡単にシンプルなキャンペーンサイトを作る手順をご紹介していきます。

レンタルサーバーを借りるよりも割安な場合が多い上、新規ユーザーであれば、申し込みから1年間の無料利用枠も活用できます。サインアップからWebサイトの公開までの手順を、早速確認していきましょう。

参考:
「AWS」ってどういう仕組み?「Amazon Web Services」の全体像と主要サービスを解説|ferret
  

「Amazon Web Service(AWS)」とは?

tablet.png

Amazon Web Service(以下、AWS)は、Amazon社内でのビジネス課題を解決するために生まれたITインフラのノウハウをもとに、2006年3月にWebサービスという形態で開発されたサービスです。

提供するサービスはクラウドストレージからモバイルサービス、IoTやバックアップサービスなど幅広く、ユーザーは利用したいサービスを利用した分だけ支払う従量課金制のシステムとなっています。

固定費から変動費で支払うという料金面の効率性だけではなく、セキュリティや拡張性に関してもオンプレミス型(自社運用型)に比べて柔軟で、利用にかかる時間も圧倒的に短縮できるというのがAWSのメリットだと言えます。
  

今回使うのは「Amazon S3」

s3.png

今回簡単なキャンペーンサイトを作成するのに利用するのは、Amazon Simple Strage Service(以下、Amazon S3)です。

もともと、Amazon S3はWebサイト閲覧用のクラウドサーバーではなく、クラウドストレージ(つまりクラウド上のファイル保管庫)として指向されたサービスですが、メディアの保存や配信の手段として広く活用されています。
  

「Amazon S3」3つのポイント

1. 高いセキュリティとパフォーマンス

Amazon S3は世界中に広がるアベイラビリティゾーンによって、ファイルの設置場所を選ぶことができます。また、S3に書き込まれるデータは複数のアベイラビリティゾーンに保存され、99.999999999%もの耐久性が達成されています。

さらに、S3のパフォーマンスは自動的に最適化されるので、ファイル容量やデータ量が増えてもパフォーマンス速度は低下しません。どのようなコンテンツの大きさでも保存できるので、より多くのユーザーに快適に情報を届けることができます
  

2. 簡単で柔軟なデータ転送方法

Amazon S3とのデータ転送は、APIを通してインターネット経由でデータ転送をすることも簡単です。Amazon S3 Transfer AccelationやAWS Direct Connect、AWS Strage Gatewayといった、用途に応じた複数のデータ転送方法も用意されています。
  

3. バックアップや復旧も簡単

レンタルサーバーによってはバックアップオプションを有料で用意しているところもありますが、Amazon S3ではバックアップや復旧を標準で利用できます。S3のバージョニング機能を利用することで、保存されたデータを復旧したり、それほど頻繁に使用しないデータをアーカイブ化して保存したりすることもできます。